人気ブログランキング |

流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 24日

プラチナ倶楽部 2月例会(柏 赤かぶや)


プラチナ倶楽部 2月例会実施報告

2019年、初めての例会。 天気にも恵まれ、会話も あれこれと進みました。
日 時: 2月21日() 11001330 

【出席者】(左より)石塚哲夫さん・青山清治さん・鈴木一嘉

・水上春男さん・飯田英則さん・近藤郁雄さん

a0017183_09401054.jpg

会食場所:赤かぶや(柏タワー1階:イトーヨーカ堂駐輪場前)

       < 柏駅 東口 徒歩3分 > 

       https://www.hotpepper.jp/strJ001168594/lunch/

a0017183_09431020.jpg













食 事: <お得な和牛ハンバーグコース> Bランチコース 2,808

    <前菜orスープ、フレッシュサラダ、お好きなハンバーグ、ライス、デザート盛合せ、
     コーヒーor紅茶 のお得なコース>

     ハンバーグは 当日 10品以上の中から各自選択。


◇今日の前菜

a0017183_09443373.jpg

◇今日のスープ

a0017183_09465842.jpg

a0017183_09475488.jpg

◇フレッシュサラダ

a0017183_09483759.jpg

◇お好きなハンバーグ選択
a0017183_09523561.jpg


特製デミグラスソースハンバーグ(\1,188)・和風おろしソースハンバーグ(\1,188)

牛スジ煮込み盛りハンバーグ(\1,512)・カキフライ盛りハンバーグ等 
\1,188\1,728の価格に関係なく10種類以上のハンバーグからお好みのものを選択する。

a0017183_09495084.jpg

◇ライスorパン

◇デザート盛合せ

a0017183_09533703.jpg

◇コーヒーor紅茶(セルフ方式)



★ 4
月の例会は次の通りです。
 日時:4/25() 1115 豊四季駅改札口集合
 場所:クアトロ・スタジオーネ(Quattoro Stagione)  豊四季駅より徒歩9
    柏市豊四季126-7   04-7142-7444  水曜日定休
     (ランチコース 料理¥3,500 + 飲物)

      https://loco.yahoo.co.jp/place/g-P-qfNR8PzHk/

                鈴木 一嘉 1965商卒 野々下



by tnagareyama | 2019-02-24 10:18 | プラチナ倶楽部 | Comments(0)
2019年 02月 20日

駅シネマ同好会で『ファースト・マン』を観ました

嶋沢伶衣子(1981年文学部卒)

a0017183_20000936.jpg

*2月10日に、駅シネマ同好会 第49回映画鑑賞会で『ファースト・マン』を観ました。

今回は、(敬称略)前列左より、牛島・上谷・遠山・嶋沢、

後列左より、鈴木・菅原・河合・川口・高橋・小沼・笠井・村岡・徳竹、の13名が参加しました。

映画を観た後、庄屋・流山おおたかの森店で「夕食会」を開きました。

皆さま、ありがとうございました(^^

a0017183_20001577.jpg

FILMMAKERS

監督/ 製作

デイミアン・チャゼル

製作

ウィク・ゴッドフリー、マーティ・ボーウェン、アイザック・クラウスナー

製作総指揮

スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ

CAST

ニール・アームストロング(アポロ11号船長、月面を歩いた最初の宇宙飛行士)

ライアン・ゴズリング

ジャネット・アームストロング(アームストロングの最初の妻)

クレア・フォイ

エドウィン・オルドリン(月面を2番目に歩いた アポロ11号の飛行士)

コリー・ストール

マイケル・コリンズ(アポロ11号の飛行士 撮影等のため月を踏まなかった)

ルーカス・ハー

エド・ホワイト(アメリカ人で初めて 宇宙遊泳に成功した飛行士)

ジェイソン・クラーク

ディーク・スレイトン(マーキュリー計画に選抜された飛行士兼エンジニア)

カイル・チャンドラー

ボブ・ギルルース(有人宇宙船計画の総責任者兼 宇宙飛行士たちの指揮官)

キアラン・ハインズ

エリオット・シー(ジェミニ5号バックアップパイロット ジェミニ9-A号船長)

パトリック・フュジット

『ファースト・マン』 感想 (ネタバレ含む!)

~ 前人未到の 月への有人飛行計画の全貌が、淡々と描かれていました。演出も控えめでしたが、全編に渡って緊張感があり、「実話」の重みが伝わってきました。無音シーンも効果的で、広大な宇宙に畏敬の念を覚えました。

~ この作品を観て、当時のテクノロジーで月を目指す事がどんなに大変だったかを 知る事ができました。命懸けで挑む宇宙飛行士たちに、心を打たれました。

この映画は”宇宙飛行士の目線”で撮られているので、私も狭いロケットに乗って宇宙へ飛び立ったような、そんな感覚も覚えました!

~『ファースト・マン』はリアリティーを追及したドキュメンタリータッチの作品ですが、終盤は、暗喩的で、余韻に溢れていました…

月面に降り立ったニール・アームストロングは、幼くして亡くなった娘カレンの形見のブレスレットを”静かの海”に置きました。国の威信を賭けたプロジェクトの最中に 娘の品を月に残していいのか?公私混同ではないか?と私は思いました。

けれども、『ファースト・マン』のパンフレットによると、この場面だけは 「想像」だそうです。想像の解釈は人によって違いますが、ニールにとって、カレンは「月」だったのではないでしょうか?彼は、蒼穹へ昇った娘へ辿り着こうとして、地球から「月」を目指したのかもしれません。月で娘と再会し自分なりの弔いをして、気持ちの整理ができた様に思います。ニールが娘の元へ帰還できて本当に良かったです。。。

『ファースト・マン』公式サイトはコチラ↓

https://firstman.jp/ 

💛これからも皆さまと一緒に映画を観て 理解を深めたり雑談を楽しみたいので、どうぞ宜しくお願いします。初参加の方も大歓迎ですので、お気軽にお問合せ下さい。<(__)>

駅シネマ同好会:嶋沢伶衣子(しまざわれいこ)

Tel: 080-1123-8222

E-mail:cosmo_reiko_0915@yahoo.co.jp

( 完 )




by tnagareyama | 2019-02-20 20:03 | 駅シネマ | Comments(0)