人気ブログランキング |

流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 31日

俳句の会「交譲葉」30年12月句会報告


  1. 開催日時  30.12.22(日)10:00~12:00

  2. 開催場所  生涯学習センター C―201会議室

  3. 参加者   宮内・小西・漆野・朝倉・青木・森川・菅原・安居・松井の9名

          (投句は10名)

  4. 兼 題   兼題「冬めく」

  5. 選 句   4点句(1)、3点句(5)、2点句(7)、1点句(7)を選句した。 

                                                                                                                                                                                   

    (4点句) 

    石蕗の花小暗き庭の片隅に・・・・・・・・・夢  心

    (選評) 

     石蕗(つわぶき)という花の名前を知ったのは五年ほど前のことです。花の名前にという漢字を当てていることに驚きました。つやのある深緑の葉と対照的に黄色い花を持ち、ご年配の方が住む家の門の脇あたりでよく見かけます。この句会でも何度も題材となりましたが小暗き“”片隅にというところがこの花の佇まいをよく表現していると思います。(鷹  嘴)

                  

    (3点句)

    山茶花や小道に赤斑描きけり・・・・・・・・悠閑亭徹心

    ゆりかもめ舞う不忍の池陽ざし・・・・・・・小西 小牧

    大晦日せめて溢れる湯につかり・・・・・・・漆野 達磨 

    冬めくや階下の動き音で知る・・・・・・・・武   美

    冬めくや剪定の音ここかしこ・・・・・・・・夢   心

    (2点句)

    冬めく日鬱と書いては破り捨て・・・・・・・悠閑亭徹心

    災いを漢字に封印年迎ふ・・・・・・・・・・悠閑亭徹心

    こうのとり冬めく里に背を伸ばし・・・・・・漆野 達磨

    看護師も医師も患者もみな師走・・・・・・・漆野 達磨                   

    冬めきて足早に過ぎし靴の音・・・・・・・・鴇  香子

    冬田行きなほ冬田来る握り飯・・・・・・・・武   美

    冬空に放物線の楕円球・・・・・・・・・・・松井 敏浩

    (1点句)

    冬めくや赤き実一つ前栽に・・・・・・・・・小西 小牧

    ときめきて冬の星座を仰ぎ見し・・・・・・・鴇  香子 

    冬めくも屋台おやじの遅き燗・・・・・・・・青木 艸寛






    古希過ぎし語り合わんか短日よ・・・・・・・青木 艸寛

    交差点迫るトラック冬日景・・・・・・・・・武   美  

    冬めきて過ぎし季節のエモーション・・・・・菅原 互酬

    師走の夜友と肩組み千鳥足・・・・・・・・・菅原 互酬

    (投 句)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

    多事多難ありて師走やラストイヤー・・・・・小西 小牧 

    薄氷その痛みや吹き飛ばし・・・・・・・・・鴇  香子               

    真白なり遠き富士の嶺冬めきて・・・・・・・青木 艸寛          

    公園の散歩落葉を蹴散らして・・・・・・・・夢   心

    雪うさぎ木樹の間に間で隠れん坊・・・・・・菅原 互酬

    冬めける富士の麓の瓦屋根・・・・・・・・・鷹   嘴

    皮弾くキャッチボールの息白し・・・・・・・鷹   嘴

    コロッケを買うて齧りて冬干潟・・・・・・・鷹   嘴

    天気図に寒さ冬めく等圧線・・・・・・・・ 松井 敏浩

    数枚の年賀欠礼師走かな・・・・・・・・・ 松井 敏浩

  6. 句会後記(松井 敏浩

    「句会初参加」

    今年8月に流山稲門会の俳句の会に入り、十二月でやっと参加した。

    今年の後半は公私ともに様々なことがあった。そうした日常の一端を何らかの形にするのもよい。高校生の時、『第二芸術論』を聞いた。論争の詳細は知らない。生活も俳句の誕生の頃とは勿論、明治以降の近代俳句の時代とも大きく変化している。生活や運動を俳句にするのは難しいのかもしれない。

    新聞での俳句欄や雑誌をみても俳句を事さらに難しくしているのを感じる。

    生活レベルの句が私の今の第一目標である。

    楽しく参加しようと思う。

                               (以上) 

by tnagareyama | 2019-01-31 10:01 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2019年 01月 30日

早稲田大学総長室社会連携課(募金担当)メールマガジン配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界へ貢献する大学であり続けるために
- SUPPORT TO WASEDA -
早稲田大学寄付ウェブサイト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇INDEX◇◆

【1】<行事>
「WASEDA稲門経済人の集い2019」が盛大に開催

【2】<寄付案内>
「早稲田アリーナ募金」ご支援のお願い
―今なら3月のオープン時にご芳名の顕彰が間に合います!―
(2019年1月31日までにお申し込みいただいた方対象)

【3】<動画紹介>
遺贈・相続を活用した早稲田支援のご案内

【4】<行事>
2018年度の卒業式・修了式および学位授与式のご案内

【5】<行事>
2018年度総長招待「大隈記念奨学生の集い」を開催しました

【6】<早大生だより>大学で働く学生
「学生参画・スチューデント・ジョブ」スタッフの横顔
松島匠哉(まつしまたくや)さん(商学部3年)

【7】<ご寄付>
寄付金の寄付金の確定申告について

【8】<その他>
2019年度入試日程および構内立入禁止期間について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】<行事>
「WASEDA稲門経済人の集い2019」が盛大に開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年1月28日(月)に国内外の経済界で活躍される本学出身
の経済人の皆様(※上場企業の代表者・役員等対象)をお招きし、
「WASEDA稲門経済人の集い2019」を開催いたしました。本学の
今をお伝えし、経済人同士の親睦を深めることを目的としたこの
会は、年々参加者が増加し、9回目を迎えた今回は約600名の経
済人の方々にお集まりいただきました。

大隈講堂で開催された第1部は、田中愛治総長による「世界で輝
くWASEDA」と題した講演が行われました。

リーガロイヤルホテル東京で行われた第2部の交流会では、笠原
副総長による歓迎挨拶後、株式会社ロッテホールディングス代表
取締役社長・佃孝之様から開会と乾杯のご挨拶をいただきました。
また歓談後、海外からの参加者として台湾校友会理事・名誉会長
で亜細亜集団投資有限公司・董事長兼総裁の林滄智様からのご挨
拶、そして株式会社大和証券グループ本社取締役専務執行役の田
代桂子様から閉会のご挨拶をいただき、それぞれ今後の本学への
期待やご支援を含めた応援の呼びかけ等のお言葉をいただきまし
た。

業界の垣根を越えた交流も盛んに行われており、参加者同士の親
睦・交流を深めていただきました。

最後は全員で『早稲田大学校歌』を斉唱し、盛会のうちに幕を閉
じました。

なお、関西・中国・四国・九州地区の経済人の皆様を対象とする
「関西経済人の集い」は3月1日にシェラトン都ホテル大阪を会
場に開催の予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】<寄付案内>
「早稲田アリーナ募金」ご支援のお願い
―今なら3月のオープン時にご芳名の顕彰が間に合います!―
(2019年1月31日までにお申し込みいただいた方対象)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様に長年親しまれてきた記念会堂にかわる「早稲田アリーナ」
が、いよいよ本年3月にオープンします。早稲田アリーナは、正
課授業や体育各部のホームコートとして利用されるほか、入学式、
卒業式、ホームカミングデーなどの式典、早稲田祭の会場として
活用される予定です。
一定金額以上のご寄付お申込みを賜りました場合には、早稲田ア
リーナ内に設置される寄付者銘板にてご芳名を末永く顕彰します。
なお、本年1月31日までに入金基準に達した方につきましては、
3月のオープン時にご芳名の顕彰が間に合います。寄付WEBサ
イトでのクレジットカードによるお申込みも大歓迎です。
皆さまの温かいお申込みをお待ちしております。

▼次世代のシンボル早稲田アリーナ竣工多くの交流機会創出の新
拠点に

▼「早稲田アリーナ募金」のお申込み、寄付者銘板顕彰の基準等
についてはこちら

▼お問い合わせ先

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】<動画紹介>
遺贈・相続を活用した早稲田支援のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学では、教育・研究の充実と学生支援のために多様な寄付制度
をご用意しておりますが、近年、ご自身の財産を遺贈という形で
大学へ寄付することを検討される方や、相続財産を大学へ寄付す
ることを検討される方が増加しております。
そのような方のために、遺贈・相続を活用した母校支援の方法に
ついて、ミニ動画をご用意いたしました。
是非ご覧いただき、ご関心をお持ちになられましたら、総長室社
会連携課までお問い合わせください。

▼YouTubeで本学における遺贈・相続によるご支援方法について
説明中!

▼お問い合わせ先

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】<行事>
2018年度 総長招待「大隈記念奨学生の集い」を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019年1月16日、大隈ガーデンハウスにて「2018年度 総長招待
大隈記念奨学生の集い」を開催しました。

集いには本奨学基金へ多大なるご支援をいただきました寄付者を
お招きし、今年度の大隈記念奨学生、そして在学中にこの奨学金
を受給した校友を招待し、総勢約200名が親交を深めました。

詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】<行事>
2018年度の卒業式・修了式および学位授与式のご案内
―戸山キャンパス「早稲田アリーナ」で開催―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年度の卒業式・修了式および学位授与式の日程および会場が
決定いたしました。会場は昨年12月戸山キャンパスに竣工した複
合施設「早稲田アリーナ」となります。

◆2018年度卒業式・修了式および学位授与式のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】<早大生だより>
大学で働く学生・「多様性の良さを一人でも多くの学生へ」
松島匠哉(まつしまたくや)さん(商学部3年)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
等身大の早大生の今を伝える「早大生だより」。今回は松島匠哉
さん(まつしまたくや)さん(商学部3年 )の活動をご紹介し
ます。

大学で重要な役割を担っている、キャンパスで学び、働く学生た
ち。実際の「学生参画・スチューデント・ジョブ」にはどのよう
な学生が、どのようなスケジュールで携わっているのか、収入面
も含めてその横顔を紹介します。今回は商学部に所属し、GSセン
ター学生スタッフとして働く松島匠哉さんです。
学内外でダイバーシティを発信する松島さんの日常を紹介します。

◆早大生だより(早稲田ウィークリー1/22号・ぴーぷる)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】<ご寄付>
寄付金の確定申告について   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学への寄付金は税制上の優遇措置が適用され、確定申告をする
ことによりその一部が所得税・住民税より還付・控除されます。
平成30年分の確定申告の申告期限及び納期期限は、平成31年2
月18日(月)から3月15日(金)です。確定申告の詳細につい
ては以下をご確認ください。
確定申告の際には「領収書」と「寄付金控除に関する証明書(写)」
が必要になります。紛失などによる書類再発行のご請求はお早め
に早稲田大学総長室社会連携課(募金担当)までご連絡ください。

◆税制上の優遇措置について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】<その他>
2019年度入試日程および構内立入禁止期間について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月に入り、いよいよ入試シーズンが到来します。
本学の入試日程は以下のURLよりご確認ください。

◆学部入試情報
 
※入学試験を実施するにあたり、その準備および静穏な受験環境
の維持のため、下記の期間中は、当該試験日の受験生、試験監督
員および教職員以外の方は構内への立ち入りができませんのでご
了承ください。
 
<入学試験業務期間中の構内立入禁止期間>
早稲田キャンパス : 2月 5日(火)~23日(土)
戸山キャンパス  : 2月11日(月)~22日(金)
西早稲田キャンパス: 2月15日(金)~17日(日)
          19日(火)、21日(木)、22日(金)

------------------------------------
   
【早稲田大学寄付ウェブサイト】

【早稲田大学校友ウェブサイト】

【早稲田大学公式ツイッタ―】
  
【早稲田大学公式フェイスブック】
   
【早稲田ウィークリー(早大生応援誌)】

【競技スポーツセンター(早稲田スポーツ)】

■■■ 早 稲 田 大 学 ■■■
    総長室社会連携課
external@list.waseda.jp


by tnagareyama | 2019-01-30 19:50 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2019年 01月 30日

俳句の会「交譲葉」31年1月句会報告

 

  1. 開催日時  31.1.26(日)10:00~12:00

  2. 開催場所  生涯学習センター C―202会議室

  3. 参加者   宮内・小西・漆野・青木・小川・森川・菅原・安居・松井の9名

  4. 兼 題   兼題「雪」

  5. 選 句   5点句(1)4点句(2)、3点句(2)、2点句(4)

    1点句(9)を選句した。                                                                                                                                                                                

    (5点句) 

    買初めはいつもの店の焼きたてパン・・・・・・・・・・小西 小牧

    (選評) 

     三箇日は特に出なかったのか、出ても買い物をしなかったのであろうか。特別の日が終わり、いつもの店で焼きたてのパンを買うという、今まで通りの平凡な日々が戻ってきた。

     健康で幸せを思わせる秀句だと思う。

                   (待糸 史敞)

                  

    (4点句)

    リハビリの迎え待つ窓おお吹雪・・・・・・・・・・・・武   美

    (選評) 何らかの身体的不具合が治癒過程で、リハビリに懸命に通っている。しかし、本当に治って元の通りになるのか一抹の不安もある。頑張ろうと思い、迎えを待つ気持ちはいつも期待と不安のアンビバレンスだ。そろそろ迎えが来ると思い、窓から見ると外は大雪。

    期待と不安のアンビバレントな心理が簡潔に描けている。おおと感嘆詞を使い大雪と掛けたのが佳い。拙はリハビリも良いが、老人、障害者が生活の中で大きい楽しみにしているデイサービスをキイとしてはとも思うのだが、
    (悠閑亭徹心) 

    書初めの墨の匂いや部屋に満つ・・・・・・・・・・・・夢   心

    (選評)

    小学生の頃は書初めの宿題がありました。書くことより、その準備をする手順が子供ながら心を引き締めてくれたことを覚えています。独特の墨の香りも好きでした。この句はその時のことを彷彿とさせてくれました。素直に共感できた句です。(小西小牧


    (3点句)

    平成の逝を哀悼送り雪・・・・・・・・・・・・・・・・・悠閑亭徹心

    ガキ大将踏みて雪道開拓者・・・・・・・・・・・・・・・青木 艸寛

    (2点句)

    皚皚無人の野に風渡る・・・・・・・・・・・・・・・・悠閑亭徹心

    地吹雪や鳥も止まると地の媼 ・・・・・・・・・・・・・ 小西 小牧

    寂しけり今年限りと年賀状・・・・・・・・・・・・・・・漆野 達磨

    簫状(しょうじょう)の里に舞い降(お)る雪の精・・・・菅原 互酬 

    (1点句)

    寒晴や近くて遠き富士の景 ・・・・・・・・・・・・・・ 小西 小牧

    舞い降りし雪一つあり枕元・・・・・・・・・・・・・・・漆野 達磨 

    雪降る夜少年読み初め黙したり・・・・・・・・・・・・・青木 艸寛

    初場所や大和の横綱引退す・・・・・・・・・・・・・・・武   美

    教科書を閉じて紅白雪合戦・・・・・・・・・・    ・鷹   嘴

    磁器婚の祝いの卓や冬薔薇・・・・・・・・・・・・・・・鷹   嘴

    うたた寝も目蓋重たし寒の入・・・・・・・・・・・・・・鷹   嘴    

    雪を待つ遠き昔に戻りたし・・・・・・・・・・・・・・・待糸 史敞

    新春(はる)の陽(ひ)と絆(きずな)の襷(たすき)箱根路へ・・・・・待糸 史敞

    (投 句)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

    積雪や世界トップスリーが日本とは・・・・・・・・・・・悠閑亭徹心

    プリプリとさらにプリプリ数の子や・・・・・・・・・・・漆野 達磨                                

    雪の夜は冷えてしんしんしんしんと・・・・・・・・・・・青木 艸寛

    紅白の南天ゆれる応援団・・・・・・・・・・・・・・・・武   美

    雪予報外れて安堵はれの日や・・・・・・・・・・・・・・夢   心

    万物を埋め尽くさんと降る雪ぞ・・・・・・・・・・・・・夢   心 

    添え書きに「おげんきですか?」の賀状ふえ・・・・・・・菅原 互酬

    寄せ鍋や湯気暖かき円居かな・・・・・・・・・・・・・・菅原 互酬 

    時代劇師走はやはり赤穂義士・・・・・・・・・・・・・・待糸 史敞

  6. 句会後記(漆野 達磨

    「今年の目標」

    新入会員の松井氏の入会祝いと1.26が誕生日の青木氏のお祝いを兼ねた

    句会後の新年会では、俳句への関わりを中心に今年1年の目標を一人一人から

    ご披露していただいた。

      私の俳号「達磨」のねらいは達磨さんを目標として作句するというよりは「達」(自分)を
    「磨く」とい単純な心構えを示しているだけです。
    今年は少し時間が出来そうなので「俳句」と「囲碁」に時間を割きたいと思っています。

      そしてもう一つの自分への約束、来年も賀状を送れるように過ごします。

                                      (以上)

by tnagareyama | 2019-01-30 16:27 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2019年 01月 29日

第17回年次総会はおおたかの森駅前に開業したホテルで開催

第17回年次総会は1月27日に開業しました『ホテルルミエールグランデ流山おおたかの森』で3月17日(日)11:00から開催いたします。
a0017183_14463182.jpg















a0017183_16580613.jpg
































東武アーバンパークラインでは「流山おおたかの森」駅の改札をでて直進35メートル程でホテルが見えます。



a0017183_14533959.jpg























つくばエクスプレスでは「流山おおたかの森」駅の改札をでて左に15メートル程でホテルが見えます。

a0017183_14542469.jpg






















南柏方面からはグリーンバス「松ケ丘・野々下ルート」がおおたかの森駅西口に到着しますのでそのままエスカレーターで上っていただきますとホテルが見えます。
※南柏方面へお帰りのグリーンバスは毎時15分と45分にでております。

a0017183_15072736.jpg
























目印で分かりやすいのは「スターツおおたかの森ホール」です(写真右手にホテル)、皆様の参加を心よりお待ちしております。

a0017183_15080841.jpg
























1972年卒 流山稲門会副会長 笠井敏晴






by tnagareyama | 2019-01-29 15:14 | 総会・交流会 | Comments(0)
2019年 01月 28日

4区豊四季駅周辺地区新年会

a0017183_21131160.jpg

4区豊四季駅周辺地区新年会を、2019年1月27日(土)に華や与兵衛で開催しました。

参加者は15名男性だけです。昨年加入しました2名の会員も参加し楽しい新年会になりました。

20代半ば~80代半ばまでの年齢幅60歳の参加者、

ボッーと生きていないことを確認した楽しい会でした。

菊地隆夫(66年商学部)




by tnagareyama | 2019-01-28 21:14 | 地区分科会 | Comments(0)
2019年 01月 27日

7,8区合同新年会を開催

7、8区合同新年会を1月26日(土)に開催しました。大寒の真っ只中の開催であり参加者は9名でした。(何も新年会だからと1月に拘らずもっと温かいころに開催してもよかったではないかと個人的には反省をいたしております)
a0017183_09420939.jpg

料理は皆さんのご意見をもとにアッサリ系の和食(飲み放題付)です、皆さん食欲旺盛でもう一品くらい多くてもよかったかと思います。
a0017183_09474615.jpg
合同新年会なので自己紹介とか近況を語るうちにどんどん盛り上がっていき楽しい新年会になりました、やはり早稲田大学の仲間です。

a0017183_11133228.jpg
次回は8月に拘らず涼しくなる9月でもいいかと思いますし、又単なる飲み会形式ではなく食事中心の昼食懇親会もいいかなと思います。
                                          (72年 卒 笠井敏晴)







by tnagareyama | 2019-01-27 11:20 | 地区分科会 | Comments(0)
2019年 01月 13日

流山稲門会1区地区分科会新年会開催

a0017183_11381277.jpg

2019112日(土)に恒例の1区新年会が江戸川台庄やで開催されました。

昭和31年卒の大先輩から昭和60年卒の若手まで19人が参加しました。

新規に会員になられる方も参加し大いに盛り上がりました。

稲垣 滋(72年理工)




by tnagareyama | 2019-01-13 11:40 | 地区分科会 | Comments(0)