人気ブログランキング |

流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 28日

駅シネマ同好会で『しあわせの絵の具』を観ました

~嶋沢伶衣子(1981年文学部卒)

a0017183_12544799.jpg

*4月15日、駅シネマ同好会の第45回映画鑑賞会で『しあわせの絵の具 』を観ました。今回は、(順不同・敬称略)勝山夫妻、牛島、菅原美代子、中津、村岡、髙橋孝志、中川、鈴木一嘉、嶋沢の10名が参加しました。皆さま、ありがとうございました(^^


a0017183_12580451.jpg

『しあわせの絵の具』

製作国~カナダ、アイルランド(後援:カナダ大使館、 アイルランド大使館)

ジャンル~伝記ヒューマンドラマ/ アート/ ロマンス

監督:アシュリング・ウォルシュ

キャスト:

サリー・ホーキンス~モード・ルイス (主人公)

イーサン・ホーク~エベレット・ルイス (モードの夫)

カリ・マチェット~サンドラ ( アート・コレクター)

ガブリエル・ローズ~アイダ (モードの叔母)

ザカリー・ベネット~チャールズ (モードの兄)

ビリー・マクレラン~フランク(若い漁師)

『しあわせの絵の具』あらすじ(SpoilerAlert!!)

カナダの海辺の田舎町で暮らすモードは、幼少から重いリウマチを患い 厄介者扱いされてきた。束縛の厳しい叔母から逃げるため、モードは魚売りのエベレットの家で、住み込み家政婦として働き始める。孤児院で育ったエベレットは無骨で気難しかったが、孤独な二人の距離は次第に縮まっていった…

或る日、アート・コレクターのサンドラが モードの「鶏の絵」を見て才能を見抜き、制作を依頼する。モードの絵は大評判になり、4メートル四方の小さな家に観光客が押し寄せ、ニクソン大統領からも依頼が舞い込んできた…!(以下略)

a0017183_12554017.jpg

映画の感想

灰色の人生だった二人が出会いやがて「しあわせの絵の具」で鮮やかに彩られていく、その過程が丁寧に描かれていたと思います。寄り添って暮らすようになるモードとエベレット、その夫婦愛に感動させられ、何が幸せなのか何が大切なのか、二人の生き方から学ぶ事がたくさんありました。

…劇中やエンドロールで、モードの作品をたくさん鑑賞できたのも良かったです。彼女の絵は世界を肯定する輝きに満ちていて、自由な心で楽しめば どんな人生でも素晴らしい事が待っている、と語っている様でした。

勝山さんからの耳寄り情報♪

今回の駅シネマ鑑賞会に、勝山さんが奥様とご一緒に参加して下さいました。

勝山さんによりますと、モードの作品を最初に日本に紹介したのは「大橋巨泉」だそうです♪巨泉さんが カナダの美術館でモードの絵に一目ぼれして、2007年、テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」にモードの作品を持参したそうです♪

Anyway,これからも皆さんと一緒に映画を観て 情報や解釈などを共有したいので、どうぞよろしくお願いします。初参加の方も大歓迎ですので、お気軽にお問合せ下さい。

駅シネマ同好会:嶋沢伶衣子(しまざわ れいこ)

Tel: 080-1123-8222

E-mail: cosmo_reiko_0915@yahoo.co.jp

( 完 )



by tnagareyama | 2018-04-28 12:58 | 駅シネマ | Comments(0)
2018年 04月 28日

早稲田大学総長室社会連携課(募金担当)メールマガジン配信

早稲田大学にご支援いただいている皆様へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界へ貢献する大学であり続けるために

SUPPORT TO WASEDA

早稲田大学寄付ウェブサイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◇INDEX◇◆

【1】卒業式・学位授与式・入学式のご報告

【2】校友の集い「総長招待祝賀会」開催

【3】早稲田が持つ個性や魅力を世界に伝える

「早稲田大学歴史館」20183月開館しました

【4】「早稲田小劇場どらま館 ネクスト・ジェネレーション募金」

募集期間が終了しました

【5】WASEDAサポーターズ倶楽部新年度会員募集!

【6】「予想外が待っている」MuseumWeek 2018開催

【7】10年目を迎えた地域交流フォーラム

高校生を対象とした講演会や企画もスタート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【1】卒業式・学位授与式・入学式のご報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

2018324日、25日、26日に卒業式・大学院学位授与式が大

隈講堂にて執り行われました。2017年度は、学部卒業者8,858名、

芸術学校卒業者50名、大学院修士課程修了者1,970名、大学院専

門職学位課程修了者477名、博士学位受領者219名(課程による

博士191名、論文による博士28名)、合計11,574名が新たな門出

を迎えました。

また41日、2日、3日には、学部・大学院入学式が執り行われ、

20184月の学部入学者は8,706名、大学院入学者は2,979名で、

20179月の学部・大学院入学者959名と合わせると、41

現在の1年生の総数は、12,644名になります。このうち1,714

が海外からの留学生で、全体の約14%を占めています。

2017年度卒業式を挙行しました

2018年度入学式を挙行しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【2】校友の集い「総長招待祝賀会」開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

2018417日(火)、毎年恒例の総長招待祝賀会がリーガロイ

ヤルホテル東京にて開催されました。本会には前年度に叙勲・褒

章、各種受賞、企業・団体の代表就任や首長ご当選等の栄誉に輝

かれた校友(本学では卒業生を「校友」と呼んでおります)が招

待され、今回116名が出席されました。

早稲田が誇る校友の集い「総長招待祝賀会」開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】早稲田が持つ個性や魅力を世界に伝える

「早稲田大学歴史館」2018年開館しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本学では、キャンパスそのものをミュージアムにすることを目標

の一つにしており「坪内博士記念演劇博物館」「會津八一記念博物

館」などに加え、2018320日(火)「早稲田大学歴史館」を

開館しました。常設展示3エリア(「久遠の理想」「進取の精神」

「聳ゆる甍」エリア)と企画展示ルームのほか、映像プログラム

を視聴できるシアタールーム、早稲田の歴史などを調べることが

できるリサーチルームで構成されます。また、早稲田グッズショ

ップやカフェを併設します。新たなミュージアム「早稲田大学歴

史館」にぜひお立ち寄りいただき、お楽しみください。

ついに開館! 早稲田の個性と魅力を発信する「早稲田大学歴史館」

2018年3月開館 草創期から現在・未来をつなぐ 

体感型ミュージアム「早稲田大学歴史館」

キャンパスそのものが一つの大きなミュージアム

「ワセダ・ミュージアムへようこそ」

早稲田大学歴史館HP

早稲田文化事業へのご支援について

本学では、文化事業全体を支える寄付制度として「早稲田文化募

金」を募集しております。本学の過去・現在を、未来に向けて形

として残すため、この「早稲田大学歴史館」を含めた文化推進活

動の社会的意義にご理解とご賛同をいただき、「早稲田文化募金」

にどうか皆様のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げま

す。

≪ご参考≫「早稲田文化募金」趣意書

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

「早稲田文化募金」ご支援をいただける方はこちら

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【4】「早稲田小劇場どらま館 ネクスト・ジェネレーション募金」

募集期間が終了しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

本学は「早稲田小劇場どらま館」を早稲田演劇振興の中核的拠点

と位置付け、早稲田演劇の伝統を継承・発展させ、優れた演劇文

化を発信し、教育を通して時代を担う演劇人を多数育成すること

を目指しています。

これらの活動を支えるため、「早稲田小劇場どらま館 ネクスト・

ジェネレーション募金」を2015年から募集してまいりましたが、

2018331日をもって募集期間が終了しました。

皆様方からのご支援のおかげで、毎年、学外から著名な演劇団体

の招聘公演を実現させ、学生が良質の演劇に触れる機会を提供す

ることができました。

これらを継続すべく、20184月より、「早稲田小劇場どらま館」

へのご支援に関しましては、2017年度より開始されました「早稲

田文化募金」にて継続することとなりました。「早稲田文化募金」

は早稲田大学の文化事業全体を支える寄付制度です。本学の文化

推進活動の社会的意義にご賛同いただき、「早稲田小劇場どらま

館」が引き続き早稲田演劇振興を支えていくため、今後とも変わ

らぬご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げま

す。

≪ご参考≫「早稲田文化募金」趣意書

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

「早稲田文化募金」ご支援をいただける方はこちら

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【5】「WASEDAサポーターズ倶楽部」2018年度会員募集!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

WASEDAサポーターズ倶楽部」は、“早稲田ファンクラブ”的な

寄付会員制度として、教育環境整備、スポーツ支援、被災地復興

支援、奨学金等の学生支援をはじめとした本学の各種教育研究活

動への財政的支援のために、年度会員として毎年度一定額をご寄

付いただき、本学から各種サービスを提供する制度です。

本制度の趣旨にご賛同いただける皆様からのお申し込みを心より

お待ちしております。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

WASEDAサポーターズ倶楽部」ご支援をいただける方はこちら

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【6】「予想外が待っている」MuseumWeek 2018開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

本学には「演劇博物館」、「會津八一記念博物館」、「早稲田大学歴

史館」の3つのミュージアムがあります(全館入場無料)。ミュー

ジアムの魅力を多くの皆さまに体感していただくために「Museum

Week 2018」を開催いたします。博物館を舞台にしたワードパズル

・フォトスポットラリー・似顔絵体験など、どなたでも気軽に楽

しんでいただける企画を多数用意してお待ちしております。

日時:2018521日(月)~61日(金)10:0016:30

主催:早稲田大学文化推進部

協力:早稲田大学生活協同組合、早稲田大学周辺商店連合会、

ジモア編集部

後援:新宿区

「-予想外が待っているー Museum Week 2018

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【7】10年目を迎えた地域交流フォーラム

高校生を対象とした講演会や企画もスタート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

本学では、2008年度より地域交流フォーラムと称して、一都三県

(東京・埼玉・千葉・神奈川)以外の地域で、大学関係者による

近況報告や教員による講演会、父母懇談会、相談会等を実施して

います。この企画の狙いは、卒業生や在学生の親族をはじめ、本

学への進学希望者などへ大学の情報を発信することで、サービス

向上を図り、各地域の方々に本学をより深く知っていただくこと

です。

10年目を迎える2018年度は、中長期計画「Waseda Vision 150

に組み込まれている「グローバルリーダーの育成」をテーマに据

え「若手校友による講演」「学生地域活動発表」「体験授業・体験

講座」「学生企画」など新たな企画を開始しています。

2018年度新規プログラム概要

地域交流フォーラム開催予定(56月以降)

2018520() 高知県(高知市)

会場:ザクラウンパレス新阪急高知

201862() 長野県(長野市)

会場:ホテルメトロポリタン長野

201862() 広島県(福山市)

会場:福山ニューキャッスルホテル

201869() 島根県(松江市)

会場:皆美館

2018610() 静岡県(静岡市)

会場:ホテルアソシア静岡

※新規プログラム「若手校友による講演」あり

2018616() 岐阜県(岐阜市)

会場:岐阜グランドホテル

※新規プログラム「若手校友による講演」あり

2018617() 京都府(京都市)

会場:からすま京都ホテル

※新規プログラム「若手校友による講演」「学生企画」あり

2018624() 山梨県(甲府市)

会場:甲府富士屋ホテル

2018630() 滋賀県(大津市)

会場:ロイヤル・オークホテル

------------------------------------

  

早稲田大学寄付ウェブサイト

早稲田大学校友ウェブサイト

早稲田大学公式ツイッタ―

  

早稲田大学公式フェイスブック

   

早稲田ウィークリー(早大生応援誌)

競技スポーツセンター(早稲田スポーツ)

   

■■■ 早 稲 田 大 学 ■■■

    総長室社会連携課

external@list.waseda.jp

 早稲田大学寄付ウェブサイト



by tnagareyama | 2018-04-28 08:14 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2018年 04月 27日

プラチナ倶楽部 4月例会”北の旬”

プラチナ倶楽部 4月例会

日時:4月26日() 午前11時20分 柏駅集合

出席者:右手前より順に(敬称略) 西川 誠之・飯田 英則・石塚 哲夫・

    近藤 郁雄・鈴木 一嘉

a0017183_15502029.jpg

場所:北陸旬鮮 「北の旬」

   柏市柏5--25 メゾンドォオリエ1 050-5869-0566

   (柏駅東口から 447m 徒歩7分:深町病院先)

   ☆その日浜揚げされた天然地物魚介類を北陸漁師より直送入荷する旬鮮

居酒屋「北の旬」、北陸産地直送の「天然の味と鮮度」が自慢のお店
です。

コース:3,000円コースを選択

    ・先付
・小鉢
・お刺身盛り合せ
煮物(冬はお鍋)
・自家製玉子焼き
・揚物
・箸休め
・御飯物(魚の混ぜご飯)
・あら汁

a0017183_15525011.jpg








a0017183_15530616.jpg
a0017183_15532069.jpg







a0017183_15534259.jpg
a0017183_15535760.jpg












a0017183_16130789.jpg

                 鈴木 一嘉(1965年商 野々下)



by tnagareyama | 2018-04-27 16:24 | プラチナ倶楽部
2018年 04月 20日

常総市石下散策記(第82回散策会)

                         山本 正紀(3964年商卒)

実施日 2018414日(土)

天候  曇り

参加者 青山、秋田谷、石橋、牛島、小川、那須、西川、山本

                 以上8名(順不同、敬称略)

 TX守谷から1249分発の関東鉄道(下館行)のデーゼルに乗車。車両は1両、車内は参加者が23名が分散して座れる程度の乗客。

 守谷から水海道までは駅の間隔は短く住居も多く見かける。水海道を過ぎると車窓から関東平野の広がりを感じる畑地が続く。

 40分ほどで石下駅に到着。下車時運転席に料金箱があり「パスモカード」で乗車した乗客は、カードを運転手に見せて下車し、改札口でパスモ読み取り機械にカードをかざすことで下車の反映をする方法がとられている。

「石下橋」の画像検索結果石下駅から鬼怒川方面に行く。

鬼怒川に架かる全長約300mの石下橋は入口から約3分の1が急な登りになる太鼓橋のようになっており、近年開通された感がした。

橋から土手をみると20159月の鬼怒川大洪水の再発防止のための工事が続けられていた。

また、橋を渡ったそばの電信柱には、洪水の時には洪水が到達する可能性のあるとした赤いテープが巻かれていた。

(注)(新石下橋は201111月に開通。旧石下橋は新石下橋の上流にあり、20113月の震災で橋脚が損傷。歩行者と自転車以外通行止めとなっていたとのこと。)

 石下橋を渡り5分ほどで将門公苑・向石下城跡に到着。遺跡はなく、立派な説明石版があり右側には「平将門の38年の事蹟とその壮絶な最後について」左側「将門が滅亡後、将門の荘園が豊田氏の所領となり向石下城が築かれたこと、およびその後の状況」が説明されていた。

また境内には将門の彫像が置かれていた(俳優の加藤何某をモデルにしたとのこと)。

 鬼怒川の土手の下の細い道を15分ほど歩き石下橋に並行して掛けられている石下大橋に到着。石下大橋を渡り約10分で平将門を供養碑が置かれている西福寺に到着。境内には碑と由来を書いた説明書があった。碑に彫られた梵字は風化しており残念ながら判読できなかった。

ゆたかや - いしげだんご解説板には供養碑がこの寺に移設された理由と碑に刻まれている梵字が書かれていた。

 西福寺から豊田城(常総市地域交流センター)に向かう途中で「だんご」の幟がある店に立ち寄る。お茶と名物の石下だんごを食べ、しばし休憩。

 豊田城(常総市地域交流センター)に到着。

入り口にアラゝギ派の歌人であり、不朽の名作といわれる「土」の作家「長塚節(たかし)」の銅像があり、像の前で記念写真を撮る。

長塚節の像の後ろに歌碑があり「垂乳根の母が釣りたる・・・」と刻まれていた。

 センターは鬼怒川の大洪水の影響で34階の展示が中断されたこともあり、入場無料となっていた(41日より3階、4階の展示を再開するとの話であったが工事が遅れている様子)

 エレベーターで6階に上る。6階は長塚節ミュージアムとなっており、長塚節の文学についての資料が展示されていた。

7階の展望室に上ると、関東平野を一望出来、筑波山が目前に見え、この地が鬼怒川と小貝川に挟まれた地であることが認識された。。

豊田城から石下駅に戻り1542分発の列車で帰路につく。

以上



by tnagareyama | 2018-04-20 17:02 | 散策会 | Comments(0)
2018年 04月 04日

第16回流山稲門会年次総会開催さる

a0017183_19111556.jpg
16回流山稲門会年次総会を325()「柏日本閣」で開催、

好天に恵まれ、来賓15名、早稲田祭及び所沢キャンパス祭学生スタッフ3名を含む総勢101名が出席。

昨年総会で好評だったウエルカム・ミュージックから今年もスタート。「三好 英夫氏」奏でるクラリネットから流れるジャズ・ポップスの名曲の数々に総会参加者は聞き惚れ、会場は最初から大いに盛り上がり、“More fun More friendship”を合言葉に、「会員の共感を高め、地域社会にコミットする」ことをスローガンとする流山稲門会らしさ溢れる演出でした。

a0017183_19112374.jpg

1部の総会は宮内副会長の開会の辞、

a0017183_19113975.jpg

水上会長の挨拶、物故会員への黙祷からスタート。

a0017183_19142043.jpg

司会は今年から須賀副幹事長が担当、社会人生活で培った巧みな話術で議事を進行。

a0017183_19114342.jpg

牛島副会長が議長に選出され、

a0017183_19142465.jpg

高橋幹事長から第1号議案「平成29年度活動報告」、

a0017183_19142977.jpg

大汐会計幹事から第2号議案「平成29年度会計報告」、

a0017183_19143265.jpg

青山監査役より「監査報告」、

a0017183_19143754.jpg

3号議案「平成30年度活動計画及び予算」を高橋幹事長から提案、

4号議案「役員改選」の次期役員候補9名が水上会長から紹介され、

a0017183_19180201.jpg

挙手にて承認。

a0017183_19181046.jpg

来賓の「早稲田大学守田 芳秋常任理事」から大学の現況を交えたご挨拶、

a0017183_19181477.jpg

「田中 博昭千葉県副支部長」から県稲門祭の盛況振りの紹介を交えたご挨拶がありました。

a0017183_19181751.jpg

続いて「地域社会貢献功労者」として“上條幸雄会員”“小林 規一会員”“尾崎 えり子会員”の3氏を表彰。

a0017183_19182110.jpg

2部の講演会は流山市総合政策部マーケティング課「河尻 和佳子氏」。

a0017183_19211885.jpg

「住む・働く・遊ぶシビックパワーバトル」を政令都市の横浜市・川崎市・さいたま市・千葉市に仕掛けた張本人。「その愛は本物か」をテーマに住民が自らの住むまちの魅力をプレゼンでバトル、各自治体から大きな反響があり、全国に広がる様子。元気よく、アイデア溢れる河尻さんのプレゼンを聞いて、この街の住民であることを誇らしく思えました。講演に感激した会員、近隣稲門会の方々が河尻さんの周りを取り囲んでいました。

a0017183_19212792.jpg

3部懇親会は「早稲田大学 今村 昭一地域コーディネーター」のご挨拶、

a0017183_19213104.jpg

近隣稲門会からの来賓紹介と続き、「船橋稲門会 澤田 俊子会長」による乾杯の音頭でスタート。

a0017183_19213665.jpg

今年もビールは飲み放題、流山産の清酒・焼酎も用意、フレンチのフル・コースを満喫しました。歓談の中、須賀副幹事長が地区分科会、同好会、第4回稲門交流パーティin流山を紹介、

特に同好会紹介パネルが会場内後方に展示され、参加者の関心を集めました。

a0017183_19232716.jpg

次いで、初参加者(会員7名、学生3)が壇上に上がり、

a0017183_19214676.jpg

笠井副会長からのインタビューを交えた自己紹介がありました。

a0017183_19214161.jpg

後は3択クイズ、10問をテーブル毎に競い、全問正解が2チーム、9問正解が6チームと高レベルの争いになりました。

a0017183_19250925.jpg

a0017183_19251489.jpg

抽選で賞品(東北復興のための三陸産品)を決定。

a0017183_19251709.jpg

a0017183_19252276.jpg

小沼副会長が感謝の気持ちを述べ、来年317日の再会を約し、お開きとなりました。

a0017183_19270153.jpg

笹本 悦郎(1971年 政経卒)



by tnagareyama | 2018-04-04 19:30 | 総会・交流会 | Comments(0)