流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:総会・交流会( 18 )


2017年 10月 14日

「第4回稲門交流パーティin流山」開催される

a0017183_20595800.jpg
平成29107()、市野谷の「割烹せきや」にて“More fun, more friendship”をテーマに「第4回稲門交流パーティin流山」が開催された。パーティには初参加者15(校友7名+学生8)及び早稲田祭スタッフ3名を含む57名が集い、午後4時からの2時間半が瞬く間に過ぎる盛会ぶりだった。パーティは流山市在住の稲門校友という2縁(地縁と学縁)を持つ者同士の絆を強めるため、会員・未会員・学生が幅広く交流する機会を提供する目的で企画されたもの。
宮内副会長のオープニングの挨拶に続き、
a0017183_21010000.jpg
須賀幹事の司会のもと、
a0017183_21013642.jpg
水上会長のウェルカムスピーチと進み、
a0017183_21005857.jpg
乾杯の音頭は当日に誕生日が最も近い105日生まれの創造理工学部1年の宮澤啓吾君(十太夫)が指名された。
a0017183_21005869.jpg
宮澤君のフレッシュな発声でビュッフェスタイルの懇親会がスタート。
美味しい料理・豊富なドリンク類を楽しみながら、世代を超えた交流の輪が広がる中、
a0017183_21013686.jpg
高橋幹事長が流山稲門会は流山市在住の校友の会であることとその特徴を説明。
a0017183_21005872.jpg
流山市については白味醂発祥の地、近藤勇と土方歳三別離の地、利根運河の水運で栄えた地であったこと。近年は“都心から一番近い森のまち”そして“母になるなら、流山市”として認知される自然と調和した美しい街であること。会は主な最寄り駅ごとに7つの地区分科会があり、暑気払い、忘年会、情報交換会等を行い絆を深めていること。ゴルフ、俳句、登山、囲碁等13の同好会が和気藹々、積極的に活動していること。又、地域社会へのコミットメントを標榜する会は会員の地域における活動に地域社会貢献功労者賞を贈呈しており、具体例としてグリーフケアの実践に功績が高く、早稲田大学からも表彰された水野治太郎会員(64年法研修士修了)と流山稲門会有志が多数参加した“明日も平和であるためにを推進する会”の活動状況が報告された。東北復興支援の「復興雑巾」、「三陸産品」の購入等も継続中であることも紹介された。
そして、スペシャルゲストの流山市図書・博物館館長「小栗信一郎氏」の特別講演は「建造物から見た流山の歴史と文化」。

a0017183_21005870.jpg
市内を流れる江戸川の左岸(東岸)、平坦な土地に盛り上がった海抜約15メートル、周囲350メートル余りの小山の上に鎮座する赤城神社。この小山はかつての洪水の際、群馬県の赤城山の山体の一部が流れてきてここに流れ着いたものという伝承があり、群馬県赤城山にある赤城神社末社であること。流山という地名もこれに由来する旨の紹介からスタート。赤城神社の「本殿」「拝殿」「社務所」に現存する様々な文化財が写真入りで紹介され、その他いくつかの由緒ある建造物の詳細が説明された。流山市在住ながら、通常では接することができない貴重な話に会場は惹き込まれ、皆熱心に傾聴した。

続いて、笠井副会長の軽妙なインタビューによる初参加者及び早稲田祭スタッフの紹介。会場は暖かい歓迎の拍手に包まれた。

a0017183_21005984.jpg

a0017183_21005939.jpg
a0017183_21013639.jpg

今年は特に人間科学部及びスポーツ科学部の「所沢キャンパス祭2017」が北澤佳奈さん(人間科学部2年流山)から紹介された。

a0017183_21013617.jpg

そして交流タイム、今回は時間もたっぷり、当会の趣旨にふさわしく世代を超えた肩肘張らない交流の輪が会場の至る所に広がった。東北復興チャリティ「山田の醤油と和胡桃のストラップ」も完売。購入の皆様に深謝。

俳句同好会「ゆずりは」第5句集の無料頒布も好評。

a0017183_21004685.jpg
恒例の全員での記念撮影後、校歌斉唱は大学応援部の動画による「都の西北」。

a0017183_21013704.jpg
a0017183_21013725.jpg
参加者皆笑顔満載で名残惜しい雰囲気でしたが、小沼副会長による謝辞で楽しく充実した交流会も散会となった。

a0017183_21013514.jpg


笹本 悦郎(71年政経 南流山)


[PR]

by tnagareyama | 2017-10-14 21:20 | 総会・交流会 | Comments(0)
2017年 03月 29日

第15回流山稲門会総会開催される

今年の第15回流山稲門会総会及び懇親会は318日(土)午前11時より「柏日本閣」で行われ、

来賓17名、学生3名を含む総勢106名が出席されました。

a0017183_20554115.jpg

 今年の総会はウエルカム・ミュージックからスタート。

「サントワ・マミー」「慕情」「テネシー・ワルツ」の3曲がサックスで演奏され、

a0017183_20571102.jpg

ついで大正琴の演奏に移り、「都の西北」が8小節そして「エーゲ海の真珠」「さよならはダンスの後に」「日曜日はだめよ」と続き、

a0017183_20585167.jpg

大正琴の懐かしい音色に総会参加者は聞き惚れました。

演奏は好音会。予想外の演出に会場は最初から大盛り上がりでした。


People Meet People」を合言葉に掲げ、

「会員の共感を高め、地域社会にコミットする」ことをスローガンとする

流山稲門会らしい総会となりました。


  第1部 総会

a0017183_21004976.jpg

 宮内副会長の開会の言葉に続き

a0017183_21011978.jpg

水上会長の挨拶、物故会員の黙祷から始まりました。

a0017183_21014927.jpg

司会は例年通り嶋沢怜衣子幹事が務め、

その軽妙な司会ぶりは流山稲門会の宝ですねと来賓から評価されました。

a0017183_21022731.jpg

 牛島副会長が議長に選任され議事に入り、

a0017183_21025903.jpg

高橋幹事長が「平成28年事業報告」、

a0017183_21032728.jpg

大汐会計幹事より「会計報告」、

a0017183_21035807.jpg

山本監査役より「監査報告」があり、

次いで同幹事長より「平成29年度活動計画及び予算」が提案され、

万場異議なく承認されました。

a0017183_21050090.jpg

 議事終了後、来賓の「早稲田大学守田 芳秋常任理事」から

大学の現況を交えたご挨拶があり、

a0017183_21053293.jpg

次に千葉県支部からは「田中 博昭副支部長」の

千葉県支部だよりなどのご挨拶がありました。

a0017183_21063007.jpg

続いて流山市地域社会貢献功労者の表彰があり、

a0017183_21070507.jpg

今年は「新佐古 剛人会員(10 教 南流山)

a0017183_21074316.jpg

「明日も平和であるためにを推進する会」

a0017183_21082297.jpg

「水野 冶太郎会員(64 法研 向小金)」が表彰されました。


 第2部 講演会


 講演は流山市在住で、世界的に活躍している万華鏡作家「中里 保子」さん。

a0017183_21093314.jpg

創造とテクノロジーの融合“華麗で不思議な万華鏡ワールド”と題し、万華鏡の歴史、万華鏡の魅力、何故中里さんが万華鏡に魅せられたか、万華鏡のこれから、京都で開催される世界万華鏡大会について美しい画像を多数使用しての講演がありました。

a0017183_21120330.jpg
a0017183_21102113.jpg
a0017183_21105105.jpg
会場にはコンベンションでグランプリを獲得した作品が5点展示され、
中里さん自らの説明に、参加者一同は万華鏡の不思議な世界に引き込まれました。



第3部 懇親会

a0017183_21113489.jpg

「早稲田大学松尾 亜弓地域コーディネーター」の来賓ご挨拶、

a0017183_21132662.jpg

パワーポイントを利用した近隣稲門会からの来賓紹介と続き、

a0017183_21141535.jpg

「松戸稲門会丸山 佳延会長」による乾杯の音頭で懇親会がスタートしました。

今年もビールは飲み放題、流山の清酒、焼酎などが振る舞われ、

前菜、スープ、メイン(肉&魚)、パン、デザートという

フレンチのフル・コースを満喫しました。 

a0017183_21145406.jpg

懇談の途中で高橋幹事長から7つの地区分科会の紹介、

a0017183_21152495.jpg

小太刀副幹事長から同好会が紹介されました。

a0017183_21160174.jpg
次いで、今回の総会の初参加者8(会員5名、学生3)が壇上に上がり、

a0017183_21164432.jpg
a0017183_21172214.jpg
笠井副会長と嶋沢幹事からユーモアを交えた紹介がなされました。

a0017183_21184007.jpg

 初企画の若手アピールタイムでは、

今流山稲門会で最も有名な会員である「尾崎 えり子会(06 法 長崎)」が

展開する就労支援事業「トリスト」の説明、

a0017183_21191640.jpg

司法書士として活躍する「大澤拓郎会員(01 教 市野谷)」から仕事の説明がありました。

a0017183_21200748.jpg
又、若手現役世代の学縁、地縁を深めようと発足した「若手有志の会」の活動状況が
「池田 健二会員(96 政経 加)」から紹介されました。

a0017183_21210713.jpg

 最後の企画は「WASEJOくらぶ」による「世界遺産」からの三択クイズ。

a0017183_21222695.jpg

10問をテーブル毎に競い合い、

a0017183_21230698.jpg

1位が全問正解の若手会員・学生チーム、

a0017183_21234484.jpg
a0017183_21240800.jpg

2位が4チームもあり、抽選で賞品を決めました。

a0017183_21245678.jpg
a0017183_21254016.jpg
 恒例の校歌斉唱は大学の応援部の動画を活用し、

a0017183_21260875.jpg

小沼副会長が最後に感謝の気持ちを述べるとともに

来年の総会は325()であることをお伝えし、お開きとなりました。


 流山稲門会の総会、懇親会は手前味噌ながら内容が非常に充実しており

かつ参加会員の皆様がアットホームな雰囲気を醸しだしております。

未だ出席されていない会員の方も多数おられると思いますが、

来年は是非参加してみてください。役員一同お待ちしております。

                          (71年 政経 笹本悦郎 記)


[PR]

by tnagareyama | 2017-03-29 21:42 | 総会・交流会 | Comments(0)
2017年 01月 11日

「流山稲門会 第15回年次総会」のご案内

a0017183_21125767.jpg

[PR]

by tnagareyama | 2017-01-11 21:16 | 総会・交流会 | Comments(0)
2016年 10月 22日

「第三回稲門交流パーティin流山」

去る10月1日(土)市野谷の「割烹せきや」にて、”People Meet People”のテーマの元、
「第三回稲門交流パーティin流山」が開催された。
初参加者12名(2,000年以降の卒業生6名+学生1名)を含む56名が集い、
午後4時からの2時間半が瞬く間に過ぎる盛会ぶりだった。
a0017183_1003192.jpg

パーティは流山市在住の稲門校友という2縁(地縁と学縁)を持つ者同士の絆を強めるため、
幅広く交流の機会を提供する目的で企画されたもの。
宮内副会長のオープニングの挨拶に続き、
a0017183_1055520.jpg

嶋沢会員の軽妙な司会のもと、
a0017183_108429.jpg

水上会長のウェルカムスピーチ
a0017183_10124285.jpg

三役紹介
a0017183_10131244.jpg

乾杯の発声と進み、
a0017183_10133761.jpg

ビュッフェスタイルの懇親会がスタート。
a0017183_10211058.jpg

和食メインの美味しい料理・豊富なドリンク類を楽しみながら、世代を超えた交流の輪が広がる中、
高橋幹事長が地域社会貢献表彰制度を中心に流山稲門会の概略を説明。
a0017183_10214033.jpg

牛島副会長が7の地区分科会、13の同好会の活動、本年開催の稲門祭・千葉県稲門祭を紹介。
a0017183_1022759.jpg

続いてMC及び宮内副会長から流山稲門会会員の活躍振りが紹介された;
・真田幹事のアジア太平洋ハーモニカ大会シニア部門2位入賞
a0017183_10232811.jpg

・尾崎会員の働く女性のための新事業立ち上げ
a0017183_10235680.jpg

・佐野会員の「唐牛伝」上梓・会員有志による小中高校での平和のための特別授業実施
そして、齋藤健農林水産副大臣による「TPP本当の話」講演スタート。
a0017183_10244854.jpg

時宜に相応しいテーマで、実際のハードでタフな交渉過程等メデイアには載らない話に会場は惹き込まれ、
皆熱心に傾聴した。
続いて、初参加者及び早稲田祭スタッフの紹介。
笠井副会長とMCの軽妙なインタビューも加わり、会場は暖かい拍手で歓迎した。
a0017183_102603.jpg

そしてお待ちかね「フラッシュ暗算ショー」の時間。フラッシュ暗算世界記録保持者、
高倉祐一郎さん(南流山在住、社会科学部4年)の登場。
a0017183_10263628.jpg

前座は早稲田祭スタッフ3人に、2桁x3個の数字(5秒)、2桁x5個の数字(8秒)、
2桁x8個の数字(10秒)が出題され、現役学生も2桁x8個の数字(10秒)には大苦戦。
a0017183_10271270.jpg

いよいよ高倉さんの出番となり、3桁x15の数字を、3秒、2.5秒、2秒で暗算するパフォーマンスには
参加者全員が驚愕、正解の度にどよめき、歓声、拍手が巻き起こり、パーティは最高潮。
因みに世界記録は3桁x15の数字を1.6秒で計算。
a0017183_10275277.jpg

興奮冷めやらぬ中交流タイムに移行し、当会の趣旨にふさわしく世代を超えた
肩肘張らない交流の輪が会場の至る所に広がった。
a0017183_10404035.jpg

a0017183_1041925.jpg

岩手岩泉支援「三陸産品」50セット、
a0017183_10283859.jpg

佐野会員著「唐牛伝(著者サイン入り)」10冊も完売。
a0017183_10285874.jpg

購入の皆様に深謝。恒例の全員での記念撮影、古澤幹事の大学指定振付の指揮による
校歌「都の西北」の斉唱が済み、
a0017183_10292785.jpg

a0017183_10303510.jpg

笑顔満載で名残惜しい雰囲気でしたが、小沼副会長による謝辞で楽しく充実した交流会も散会となった。
a0017183_10295752.jpg

笹本 悦郎(‘71年政経 南流山)
[PR]

by tnagareyama | 2016-10-22 10:47 | 総会・交流会 | Comments(0)
2016年 04月 24日

山本和子さんシャンソンで総会参加者を魅了

 流山市教育委員会の図書及び博物館館長、小栗信一郎氏による「遺跡、出土品から見た流山市の歴史」講演の後のエンターテイメントタイムに、流山稲門会会員の山本和子さんのシャンソンショーを楽しみました。ピアノの生伴奏を付けずにCDを使ったので、山本さんは歌い難かったと思います。それでも、「リヨン駅~Gare de Lyon」「孤独~La solitude」「ラストダンスは私に~Garde la dernière danse pour moi」「風に立つライオン」の4曲を心を込めて歌い上げ、会場を沸かせて下さいました。曲間のトークも絶妙で、クラシックに夢中だった山本さんがシャンソンに出会ったエピソードが特に印象的でした。構成や演出の密度も濃くて、素晴らしいパフォーマンスでした。
嶋沢 伶衣子(1981年文学部卒)
a0017183_12163687.jpg


◎山本和子さんシャンソンショー「第5回歌う会」
・日時:11月16日(水) 14:00開演(一部二部合わせて2時間)
・会場:内幸町ホール (JR新橋駅から徒歩5分)
 URLはコチラhttp://www.uchisaiwai-hall.jp/
・ピアノ伴奏:上里知巳(あがりともみ)トリオ
・ゲスト歌手:松宮一葉
*山本和子さんのご主人の山本雄二さん(早大グリークラブ出身)も 出演します。
・入場料:2000円
◎チケット予約&お問合せはこちら↓
Tel/Fax : 04-7175-4027    e-mail : y974709y@yahoo.co.jp
〒277-0863 柏市豊四季678-356 山本和子  (山本さんは柏市在住ですが、流山稲門会会員です)
a0017183_12185326.gif

◎山本和子さんからの追加情報
a0017183_16432616.gif
偶数月の第三土曜日の午後、市川のライブハウスでシャンソン愛好家15人が集まって、夫(山本雄二)と共にライブを主宰しています。また、早大グリークラブ出身の夫と二人で、今までに ’Kaz & Yu  二人のライブ’を5回 開催しています。

・ライブハウスの名前:「ラ・メール」
・住所:市川市市川 1-27-1
・「ラ・メール」Tel : 047-702-5532
・アクセス:京成本線 市川真間 徒歩1分/JR総武線 市川 徒歩7分
・ライブを行っている会の名前は、「ル・ボヌールの会」と言います。
・ 偶数月の第三土曜日(6/18, 8/20, 10/15, 12/17)  14時開演
 







 
[PR]

by tnagareyama | 2016-04-24 09:16 | 総会・交流会 | Comments(1)
2016年 03月 31日

第14回流山稲門会総会開催

a0017183_21142220.jpg

今年の第14回流山稲門会総会及び懇親会は3月6日(日)午前11時より名称を昨年の「ナプシャルズ南柏」から旧名に戻した「柏日本閣」で行われました。来賓20名、学生3名を含む総勢111名という過去最大の人数が出席されました。
a0017183_21441328.jpg

 キャチフレーズ「People Meet People」を合言葉に掲げ、「会員の共感を高め、地域社会にコミットする」ことをスローガンとする流山稲門会らしい総会となりました。
a0017183_21344730.jpg

 昨年から引き続き使用したパワーポイントの内容が今年は笹本副幹事長により更に洗練され、特に来賓の近隣稲門会の紹介の時は大画面に近隣地区の名産(鎌ヶ谷の梨)、風景(松戸の佐渡ヶ嶽部屋)などが映しだされ大いに盛り上がりました。

 第1部総会
 宮内副会長の開会の言葉に続き
a0017183_21152515.jpg

今総会で勇退される鈴木会長の開会の挨拶、物故会員の黙祷から始まりました。
a0017183_21161018.jpg

司会は昨年に引き続き嶋沢伶衣子新役員が務めましたが、その司会ぶりはある来賓の方がプロと勘違いされるほどです。
a0017183_21164943.jpg

 小沼副会長が議長に選任され議事に入り、
a0017183_21172588.jpg

水上春男幹事長が「平成27年事業報告」、
a0017183_21185810.jpg

髙橋会計幹事より「会計報告」、
a0017183_21193464.jpg

山本監査役より「監査報告」があり、
a0017183_212067.jpg

次いで同幹事長より「平成28年度活動計画及び予算」の提案がなされ、万場異議なく承認されました。今年は更に「会則の改定」と「役員改選」が提案されました。
 役員改選では、会長が鈴木一嘉(相談役へ)から水上春男(前幹事長)に、幹事長が水上春男から髙橋孝志(前会計幹事)に、会計幹事には新役員大汐義光がそれぞれ就任しました。役員も一部入れ替わり、新たな役員が8名誕生しました。新たな役職として今までの顧問が相談役となり、地区世話人というポジションもはっきり打ち出されました。
a0017183_2121168.jpg

a0017183_21215017.jpg


 議事終了後、来賓の早稲田大学橋本周司副総長から大学の現況を交えたご挨拶があり、
a0017183_21222378.jpg

次に千葉県支部からは流山稲門会に馴染み深い角田哲郎総括副支部長の千葉県支部だよりなどのご挨拶がありました。
a0017183_2123136.jpg

続いて流山市地域社会貢献功労者の表彰があり、今年は該当者2名と1団体なりました。
a0017183_21233836.jpg

a0017183_21241330.jpg

a0017183_21243862.jpg


 第2部 講演会及びシャンソンショー
 講演は流山市教育委員会の図書及び博物館館長、小栗信一郎氏の「遺跡、出土品から見た流山市の歴史」でした。流山の足元に眠っている悠久の歴史に思いを馳せた一時でした。
a0017183_2125933.jpg

シャンソンショーは演者が会員でもある山本和子さん。普段はピアノ伴奏のところカラオケを利用したので少々やりにくかったようですが熱演され、軽妙なトークでも会場をわかせました。
a0017183_21253967.jpg


第3部 懇親会
 水上新会長のご挨拶から始まり、
 早稲田大学岡崎成光地域コーディネーターの来賓ご挨拶、
a0017183_21261839.jpg

パワーポイントを利用した来賓紹介と続き、乾杯の音頭は澤田俊子船橋稲門会会長にお願いし懇親会がスタートしました。
a0017183_21294240.jpg

 今年もビールは飲み放題、地元流山の清酒、焼酎などが振る舞われました。 
懇談の途中で牛島副会長から各同好会と7つの地区分科会の紹介が行われました。
a0017183_21265660.jpg

又、今回の総会への初参加者が壇上に呼ばれ
a0017183_21303162.jpg

笠井副会長からユーモアを交えた紹介がなされました。
a0017183_21312797.jpg

 更に懇談は続き、「WASEJOくらぶ」による「流山かるた」を使ったクイズ15問を各テーブル毎で競い合いました。結果は前会長と新会長が別々に同席した来賓テーブル2つで同点決勝となりました。
a0017183_21283152.jpg

a0017183_21291076.jpg


 最後に古澤幹事の指揮により全員で校歌を斉唱しました。
a0017183_2132123.jpg

a0017183_214514.jpg

そして、小沼副会長が最後に感謝の気持ちを述べるとともに来年の総会は3月18日であることをお伝えしお開きとなりました。
a0017183_21331020.jpg

 流山稲門会の総会、懇親会は手前味噌ながら内容が非常に充実しておりかつ参加会員の皆様がアットホームな雰囲気を醸しだしております。未だ出席されていない会員の方も多数おられると思いますが、来年は是非参加してみてください。役員一同お待ちしております。
                          (髙橋孝志 新幹事長記)
[PR]

by tnagareyama | 2016-03-31 21:46 | 総会・交流会 | Comments(1)
2015年 10月 15日

「第二回稲門交流パーティin流山」開催さる

去る10月10日(土)、市野谷の「割烹せきや」にて「第二回稲門交流パーティin流山」が開催された。パーティには未会員2名、初参加会員2名、現役学生4名を交えた50数名が集い、午後4時から6時半の2時間半があっという間に過ぎる盛会ぶりだった。パーティは流山市在住の稲門校友という2縁(地縁と学縁)を持つ者同士の絆を強めるために、交流の機会を提供する目的で企画されたもの。

宮内副会長のオープニングの挨拶に続き、
a0017183_21551582.jpg

嶋沢会員の軽妙な司会のもと、
a0017183_21555333.jpg

鈴木会長のウェルカムスピーチ
a0017183_21585781.jpg

・三役紹介
a0017183_21593531.jpg

・乾杯の発声と進み、
a0017183_2201850.jpg

ビュッフェスタイルの懇親会がスタート。
a0017183_2213033.jpg

和食をメインにした美味しい料理・豊富なドリンク類を楽しみながらあちこちで交流の輪が広がる中、
a0017183_22165120.jpg

水上幹事長が流山稲門会の活動状況を説明:地区分科会、13の同好会の活動と本年度設定された地域社会貢献表彰制度とその第一回表彰者の紹介。
a0017183_2234091.jpg

そして、この日のスペシャル・ゲスト井崎流山市長の講演が行われた。
a0017183_2244848.jpg

流山市の定住・交流人口の推移、流山市の子育て世帯向け施策、人口構成の変化、各イベント、本町地域来訪者推移等の内容で、参加者一同流山市民であることの喜びと誇りを憶えたのでした。井崎市長は4時のパーティ開始から参加し多くの参加者と交流され、東京居住の現役学生3人の”流山ってすごくいいですね。市長の話がこんな身近で聞けるなんて“とのコメントを誘った。

次いで、宮内副会長による8月に実施した「明日も平和であるためにを考える17日間」催事と刊行本についての報告と国会見学ツアーの案内が行われた後、
a0017183_2255048.jpg

司会の嶋沢会員が初参加会員2名、初参加校友2名、
a0017183_227872.jpg

a0017183_2273883.jpg

現役学生4名を紹介。
a0017183_228121.jpg

歓談の輪が広がる中、「ハロウイン」によるミュージカル・エンターテイメントがスタート。珍しい打鳴楽器―ミュージカル・ソー(ノコギリ)が演奏され、参加者一同ゲゲゲの鬼太郎のテーマ曲を皮切りにノコギリが奏でる不思議な音世界を堪能した。
a0017183_229122.jpg

全員での記念撮影、
a0017183_2293245.jpg

古澤幹事の大学指定振付の指揮による校歌「都の西北」斉唱が行われ、
a0017183_22105589.jpg

最後に小沼副会長の参加者への謝辞で充実した交流会もお開きとなった。
a0017183_22112388.jpg

最後に、来年も是非交流パーテイを開催して欲しいという声が多数あった事をお伝えする。
笹本 悦郎(72年 政経 南流山)
[PR]

by tnagareyama | 2015-10-15 22:18 | 総会・交流会 | Comments(0)
2015年 04月 06日

地域社会貢献功労者の表彰

 流山稲門会のスローガンである”会員の共感をより強化し、地域社会によりコミットする“の精神に則り、地域社会活動において顕著な貢献をなした会員の功労をたたえ、これを表彰する制度を昨年度制定し、第一回受賞者として個人5名、1グループを第13回年次総会(27.3.22)において表彰しました。
  受賞者のプロフィールは以下のとおりです。
                      流山稲門会 会長 鈴木 一嘉

a0017183_10444590.jpg岡村 克彦 氏(1968年 理工:江戸川台東)

「ながれやまガーデニングクラブ・花恋人(カレント)」を平成17年に設立し、会員は70~80名。千葉県初のオープンガーデンを開催し、TV・新聞などに大きく取り上げられ、県内外から千人を超える訪問客あり。「緑の街」流山市のイメージアップに大きく貢献。広報ながれやま2月11日号(特集:緑の取り組み)にも取り上げられた。本人は、平成20年には会長就任。現在も幹部として庭の手入れ・ガイドブック作成・案内板作成などで活躍中。

a0017183_104645.jpg上矢 洋久 氏(1968年 法:美田)

①NPO法人 C&Cクラブ代表・・・・Care &Cultureの略、介護福祉士
②設立  平成13年1月
③活動 ・訪問介護事業(流山市より受託した高齢者生活支援・高齢者外出支援)
 ・公民館を利用したカルチャー事業(健康体操・ダンス・お茶・パソコン等15)
 ・「友達ネット」(助け合い)の謝礼を「教育ボランティア基金」に寄付
  〇平成26年度 千葉県知事賞を受賞

a0017183_10462580.jpg高橋 則行 氏(1963年 教育:長崎1)

①「NPO法人流山史跡ガイドの会」理事、②平成19年「広報ながれやま」にて募集の史跡案内人養成講座を受講し最後まで残った5名で立ち上げ、現在に至る。③年間 50~60日位案内し、会としては立ち上げ時から昨年末迄に延べ2万人突破。④公の窓口は流山市役所産業振興部商工課 と 流山市中央公民館 ⑤現在も 史跡ガイドとして活躍中。

a0017183_10464835.jpg菅原 美代子 氏(1969年 文:長崎1)

1.運流山朗読グループ(ちば市民活動・市民事業サポートクラブ認証 任意団体)の会長として会の営を担当。(会の活動メンバーは 20名強)
2.会としては 視覚障害者の方々に、公的な情報を、健常者とほぼ同じタイミングで提供しています。
3.広報ながれやま、流山市議会だより、選挙公報(流山市選挙管理委員会)の録音は流山市広報課の協力(発行前に原稿を渡され、個人名の読み方などの情報を頂いている)で行われている。
4.『無言館』等での朗読面で実行委員会にも貢献している。


a0017183_10494280.jpg平和台ふれあいの家「花みずきの会」

高齢者を対象としたふれあいの家「花みずき」 平成24年に平和台に設立。現在までに延べ2万人が來所し、多彩な企画とふれあいを楽しんでいる。発案は上谷氏(会長職)であるが、設立以来、流稲会員の鳥塚、勝山、朝倉、江後田各氏が上谷氏と共に企画運営の中心となっている。「花みずき」はふれあいの家のショーケースとして市は高く評価。新設を企図する方は必ず運営の参考としてアドバイスを求める存在になった。流稲のネットワークによる成功である例として、グループ表彰として受賞した。

a0017183_10475820.jpg森川 弘志 氏(1961年 理工:松ケ丘2)

1. 松が丘自治会連合寿会(会員243名)の会長として会の運営を2年間(役員としては4年)担当。4つの単位寿会をまとめ、流老連の役員を3年務めている。
2. 野馬土手(高齢者ふれあいの家)の運営ボランティア活動に参加。
3. 介護施設で碁対局ボランティアとして毎週月曜日の午後対局を行っている。
4. 福祉作業所「かたぐるま」のトイレットペーパーの配達ボランティアを10年担当。
5.2009年から月2回松ヶ丘ふるさと公園の清掃ボランティアを実行。(現在は1人で実施)

                                   (以上)
[PR]

by tnagareyama | 2015-04-06 11:08 | 総会・交流会 | Comments(0)
2015年 04月 02日

第13回年次総会

3月22日(日)午前11時より「ナプシャルズ南柏」にて流山稲門会の第13回年次総会を開催。
a0017183_2053853.jpg

「会員の共感をより強化し、地域社会によりコミットする流山稲門会」のスローガンを掲げ、パワーポイントによるプレゼンテーション、地域社会功労者表彰、若手会員による講演、地元演芸グループ・特産品の採用、震災復興雑巾販売などで、参加者も105名と大好評の年次総会となった。
a0017183_20541151.jpg

 第1部総会は、嶋沢怜衣子会員による司会の下、
a0017183_21193618.jpg

宮内徹也副会長のオープニングスピーチで開会、
a0017183_20502958.jpg

鈴木一嘉会長による物故会員への黙祷と開会の挨拶に続いて、
a0017183_20545895.jpg

小沼俊人副会長が議長に選出され議事に入った。
a0017183_21203116.jpg

水上春男幹事長より「平成26年度事業報告」、
a0017183_21205522.jpg

高橋孝志会計幹事より「会計報告」、
a0017183_21212032.jpg

山本正紀監査役より「監査報告」があり、
a0017183_21214551.jpg

次いで同幹事長より「平成27年度事業計画及び予算」の提案がなされ、各々満場一致で承認された。

議事終了後、早稲田大学森田典正理事より最近の大学事情の紹介等ご挨拶、
a0017183_20553162.jpg

千葉県支部角田哲郎総括副支部長より千葉県支部だよりの説明等ご挨拶をいただき、
a0017183_2056360.jpg

次いで新設の流山稲門会地域社会功労者表彰状を5名と1団体に対して授与し総会を閉会した。
a0017183_2056351.jpg

a0017183_2056574.jpg

第2部講演会では、東洋学園大学講師で早稲田大学スポーツ科学研究科博士の光川眞壽会員による「貯筋のおすすめ」と題して健康ライフレクチャーがあり高齢化が進んでいる会員にとって興味深い話を聞くことができた。
a0017183_20572133.jpg

a0017183_20574448.jpg

第3部懇親会は、早稲田大学松尾克也地域コーディネータのご挨拶、
a0017183_205933.jpg

大学・県支部・近隣9稲門会のご来賓紹介に続いて、大塚紀年安孫子稲門会会長のご発声による乾杯でスタート。
a0017183_2059266.jpg

ハロウインによる珍しいのこぎりによる演奏(ミュージカルソー)もあり懇談を盛り上げた。
a0017183_20595952.jpg

総会初参加者会員10名と3名の学生の自己紹介があり、
a0017183_210215.jpg

恒例の「WASEJOくらぶ」によるクイズ(司会朝倉かほる会員)、
a0017183_2104057.jpg

a0017183_2113468.jpg

a0017183_2115590.jpg

a0017183_2121644.jpg

上谷章夫・佐々木辰男・古澤潤一郎幹事の指揮のもと校歌斉唱へと続き、
a0017183_2124024.jpg

a0017183_21272994.jpg

a0017183_2134084.jpg

最後に朝倉副会長が参加者への感謝を述べると共に来年3月6日の総会での再会を約束して散会となった。
a0017183_2132016.jpg



以下は総会のスナップ写真です
a0017183_2163873.jpg

a0017183_2165937.jpg

a0017183_2172168.jpg

a0017183_2174758.jpg

a0017183_2124062.jpg

a0017183_2110425.jpg

a0017183_21103898.jpg

a0017183_21105429.jpg

a0017183_21111936.jpg

a0017183_21113574.jpg

a0017183_2112379.jpg

a0017183_21122991.jpg

a0017183_21125996.jpg

a0017183_21132216.jpg

a0017183_21134192.jpg

(写真・レポート 稲垣滋 副幹事長)
[PR]

by tnagareyama | 2015-04-02 21:30 | 総会・交流会 | Comments(0)
2014年 11月 02日

「稲門交流パーティin流山」開催さる

昨10月26日(日)午後4時より流山市内料亭「せきや」にて、「稲門交流パーティin流山2014」が開催された。
a0017183_144134.jpg

70代以上が50%を占める流山稲門会に若い層の参加を促し、会員相互の一層の交流を促すため、総会以外で初めて流山居住の稲門同士が懇親する場が設けられた。当日は新規会員(候補含む)4名、現役学生4名を交え総勢50人が集い、大盛況のパーティとなった。
a0017183_1451074.jpg

宮内実行委員長のオープニング挨拶でパーティが開始。
a0017183_1453946.jpg

嶋沢会員の絶妙な司会の下、
a0017183_146854.jpg

鈴木会長のウェルカムスピーチ、
a0017183_1410061.jpg

最長老寺田英一会員による乾杯、
a0017183_14102436.jpg

鈴木会長による三役紹介の後
a0017183_14104842.jpg

水上幹事長から流稲組織・会員・活動紹介と会は進められた。
a0017183_141117100.jpg

その後立食による懇親会が始まり、和食を中心とした料理と豊富な種類のアルコールを楽しみながら、それぞれ多くの会員と交流を図る時間となった。
a0017183_14115061.jpg

a0017183_14124120.jpg

後半はパーティの山場として新会員(候補含む)と学生一人一人から自己紹介があり一段と盛り上がった。
a0017183_14131469.jpg

a0017183_14133941.jpg

又、流山史跡ガイドの会理事高橋則行会員の流山の誇れる歴史についての講演、
a0017183_14142765.jpg

西川顧問による流山市の問題点の説明、
a0017183_14145166.jpg

佐々木会員による戦争体験記の依頼があり、地元流山について認識と理解を深めた。
a0017183_14151271.jpg

締めは全員で記念撮影の後、
a0017183_14153990.jpg

朝倉副会長が参加者への感謝を述べ、
a0017183_1416367.jpg

佐々木会員指揮による校歌斉唱
a0017183_14162749.jpg

並びに古澤幹事によるエールでお開きとなった。
a0017183_14165161.jpg

今回は初めての試みであったが、総会とは違った雰囲気で新会員だけでなく既存会員相互の交流も図ることができ、来年度の開催を期待する声も多く聞かれた。
                                 以上

以下はパーティのスナップ写真です。
a0017183_14421560.jpg

a0017183_14425356.jpg

a0017183_14431680.jpg

a0017183_14433636.jpg

a0017183_1444282.jpg

a0017183_14442192.jpg

a0017183_14443980.jpg

a0017183_14445681.jpg

a0017183_14451634.jpg

a0017183_14453391.jpg

a0017183_14454957.jpg

a0017183_1446694.jpg

a0017183_14463458.jpg

a0017183_1446529.jpg

a0017183_14471181.jpg

★写真撮影・編集:稲垣 滋 (72年理工卒 広報担当 副幹事長) 
[PR]

by tnagareyama | 2014-11-02 14:22 | 総会・交流会 | Comments(0)