流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会員からのおしらせ( 11 )


2017年 11月 23日

流山稲門会会員 水野治太郎氏(1964年 法研)講演会


122日 特別講演会「死にどう向き合うか」


趣旨説明


―デス・カフェ(自由懇談)に参加し、自分の思いを他者に伝えよう―




               水野治太郎


NPO法人とうかつ・生と死を考える会理事長


麗澤大学名誉教授



 超高齢社会の到来に伴って、高齢者が人生の終末期に備えるために何を準備したらよいのであろうか。終末期に関する希望を伝えるエンディング・ノートが流行しているが、それですべてが尽きるように考える人々が大勢おられる。肝心の「自己の死」「大切な人の死」について向き合うことを避けているようにみえる。


 生と死の問題は、決して1冊のノートで終わってしまうものではない。またお墓や葬儀方法の希望を伝えて済む問題ではない。


 死は人生の単なる終わりではない。何かの始まりであるかも知れない。死は決して無になることではない。後に残る遺族にとっては、生きている時以上に、負担になる場合もあり、気遣いを求められることもある。


 死は人生の完成を意味する。完成とは、最後に越えるべき人生の頂きであるという意味である。その人生の頂を前にして、人は自分の生をどう意味づけ、価値を見出したらよいかを問われている。


 死は周囲の人々に悲嘆や失望感を与えたり、挫折感や空虚感をもたらすものである。いろいろな死に方が、いろいろ複雑な感情を導くものである。


 死をめぐる多次元の思いを、言葉にして他者に語ることを躊躇しないで、あえて言葉にして他者に伝えてもらいたいものである。生きるとは、他者に自分の思いを伝えること、他者の思いを誠実に傾聴することに尽きるのではないか。


 デス・カフェ(小グループでの自由懇談)は、欧米で始まった庶民感覚の生と死をめぐる運動である。哲学者や宗教家が生と死に関する正解を与える時代ではない。我々一人ひとりが、自分の長い人生をみつめ、生きること・死ぬことの意味を日々の暮らしの中から言葉として紡ぎ出す人間的活動である。どうぞ生と死をめぐるデス・カフェ


に関心を持っていただき、参加いただきたい。

a0017183_12184566.jpg





[PR]

by tnagareyama | 2017-11-23 12:36 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2017年 06月 26日

パステル画とスケッチ教室展

日頃お世話になっているパステル画とスケッチ教室の展覧会が始まりました。入場無料です。ご興味のある方、ぜひお越しください。            昭和44年卒 真田正二
a0017183_00553259.jpg
a0017183_00561868.jpg

[PR]

by tnagareyama | 2017-06-26 00:57 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2016年 08月 21日

流山稲門会会員 作家佐野眞一氏の最新上梓本「唐牛伝」の紹介

a0017183_21235910.jpg

宮内 徹也(1964年文学部)
[PR]

by tnagareyama | 2016-08-21 19:55 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2016年 08月 10日

第11回アジア太平洋ハーモニカ大会の1部門で2位入賞

2016年8月3日~8月7日に台湾新竹市にて第11回アジア太平洋ハーモニカ大会が開催されました。当会の真田正二がカテゴリ2F クロマチック・ハーモニカ ・ソロ シニア部門に曲目「All of Me」で応募し、見事第2位に入賞しました。謹んでお知らせします。

a0017183_21542042.jpg

賞状。


a0017183_2157449.jpg
クリスタル・ガラス製のトロフィー。

a0017183_215996.jpg
副賞の複音ハーモニカ2本セット。

                        昭和44年理工学部卒 真田
[PR]

by tnagareyama | 2016-08-10 09:45 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2016年 06月 20日

パステル画とスケッチ教室展

a0017183_0391178.jpg
小生が学んでいるNHK文化センター柏教室のパステル画とスケッチ教室の年に一度の展示会が開かれています。今年から会場は柏駅前再開発地域のパレット柏2階となりました。


a0017183_043018.jpg
前日までオープン記念の浮世絵展が開かれておりました。市民団体としてここを利用するのはこの教室が第一弾だそうです。真新しい会場、絵にご興味のある方、会期中に一度訪れてみませんか。入場無料です。


a0017183_046264.jpg
準備万端整い、開催されました。


唱和44年理工学部卒 真田正二
[PR]

by tnagareyama | 2016-06-20 00:47 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2016年 04月 27日

吉崎さとしコンサート2016~風のうたをあなたに~

2011年社学卒(流山稲門会会員)のシンガーソングライターとして活躍中の吉崎さとしさんのコンサートのお知らせです。
a0017183_21192145.jpg

日時:2016年5月15日(日) 15:00開場 15:30開演
チケット代:当日 2,900円/前売り 2,500円※高校生以下1,500円
(未就学児膝上無料)
場所/森のホール21(小ホール500席)
千葉県松戸市千駄堀646番地の4(松戸市文化会館)
主催/シングオンレコーズ
共催/(公財)松戸市文化振興財団
後援/松戸市、松戸市観光協会、松戸市教育委員会
協賛/太地建設株式会社、株式会社富井、松戸秋田県人会、麺道GENTEN、チームふなGO!、さとし応援隊、株式会社和楽
協力/(株)エフエム松戸(ラジオポワロ)、千葉テレビJソングアワー、まいぷれ松戸、希少難病ネットつながる、ベンデザインオフィス
チケット販売店/カフェ&バル類、松戸探検隊ひみつ堂
お問合せ先:シングオンレコーズ
TEL 080-3176-9314  MAIL sym713@gmail.com
ゲスト:上條操、泉珠里、松戸さん、熊谷恭子withキッズダンサー、千葉テレビJソングアワー風のうたの仲間たち他

※こちらでもチケットのご予約を承ります。
http://matsudo.mypl.net/mp/eventreport_matsudo/?sid=43132

(72年卒 稲垣 滋記)
[PR]

by tnagareyama | 2016-04-27 21:23 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2016年 04月 19日

尾崎えり子さんが進取の精神で新しい道を歩みはじめます

 早稲田大学法学部を2006年卒業、4区の尾崎えり子と申します。総会では子どもと一緒に参加し、娘と一緒に自己紹介をさせていただきました。 私は卒業後、経営コンサルティング会社に入社し、毎日終電まで働くというハードな毎日を過ごしておりました。結婚を機に、家族との時間もとれるような働き方がしたいと転職をしました。そこで子会社を立ち上げ、子供向けの事業の商品開発を行いました。第一子を出産後、復帰して、子会社の代表に就任いたしました。とてもやりがいがあり、楽しかったですが、子育てと仕事の両立が難しく、第二子の出産を機に会社を辞め、流山で起業をしました。
a0017183_8221826.jpg

a0017183_9514569.jpg

 自分自身が子育てと仕事の両立で非常に苦しんだため、「ママの就労支援」をベースに事業を展開しました。流山市の子ども子育て審議委員になり、待機児童問題の現状を知り、都内に働きに行くママのために民間学童を作ったり、私と同じように地元で創業したいママのために流山市主催のママ向け創業スクールの講師を務めたりと活動してきました。 また、都内で仕事をしているときは忙しくて、地域のことは何も知りませんでしたが、地元で働き始め、地域コミュニティとつながり、子育ても仕事もたくさんシニアの方々にご協力をいただき、非常に心を救われる経験をしました。 2年間、仕事の軸を流山にうつし、様々なママたちとプロジェクトを行って「ママは地元で働く(職住近接)がベストだ」「地域コミュニティをしっかり作れていれば、両立も楽になる」という2点を強く実感しました。 そこで今回、上記を実現するため南流山駅徒歩3分の場所にママのためのワークスペースを作ることにしました。
a0017183_8234355.jpg

a0017183_8251753.jpg

 都内企業を誘致し、流山のママを雇用してもらい、ワークスペース「Trist」で働いてもらいます。ここでは様々な都内企業に雇用されたママさんたちが集まります。「キャリアアップ」と「地域コミュニティ」の双方を実現できる場所です。 働くママさんだけでコミュニティを作っても意味がないので、地域のシニアの方や学生たちとも繋がれる仕組みを作っていきます。 流山市とも連携し、流山市の創業支援事業、流山市のシティセールスの一環として応援をしてもらっています。
a0017183_8391497.png

 立ち上げにかかる費用は私の会社の資金すべてと、不足分は銀行からの借り入れをしてかき集めるつもりではありますが、「女性活躍」「M字カーブ解消」は社会全体の問題でもあるので、関心のある方にご支援をいただきたく『クラウドファンディング』という仕組みを活用して、ネット上で寄付を集めております。
 ホームページ(https://camp-fire.jp/projects/view/5813)に事業の概要と寄付のお願いを載せております。是非関心を持っていただけますと幸いです。もし、ご支援をいただけるお気持ちがありながら、ネットの仕組みが煩雑とお感じの方がいらっしゃいましたら、流山稲門会事務局までご連絡をいただければと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]

by tnagareyama | 2016-04-19 08:28 | 会員からのおしらせ | Comments(2)
2014年 06月 30日

甦った被爆ピアノによる平和を願う音楽界

a0017183_12234378.jpg



a0017183_12242079.jpg



a0017183_12245385.jpg

[PR]

by tnagareyama | 2014-06-30 12:25 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2011年 01月 27日

みんなで唄おう大合唱

南流山センターで実施した「みんなで唄おう大合唱」の動画がYoutubeに投稿されました。雰囲気を味わってください。





昭和44年卒 真田
[PR]

by tnagareyama | 2011-01-27 18:31 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2010年 12月 08日

みんなで唄おう大合唱

a0017183_1824593.jpg
南流山センター主催の会が新年早々催されます。
この企画の伴奏担当の1グループとしてとして、ハーモニカ・デュオ サッシーがお手伝いすることになりました。
昭和40年代の歌声喫茶の雰囲気を醸し出します。
皆様、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。


       昭和44年卒 真田(デュオ サッシーのメンバー)
[PR]

by tnagareyama | 2010-12-08 18:08 | 会員からのおしらせ | Comments(0)