流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 02日

駅シネマ同好会で『光をくれた人』を観ました

 ~嶋沢伶衣子(1981年文学部卒)

a0017183_21514809.jpg

*9月24日に、駅シネマ同好会の第42回映画鑑賞会で『光をくれた人』を観ました。

今回は、鈴木・内木・菅原・嶋沢・小沼・牛島・河合・村岡・古澤(敬称略)が参加致しました。

皆さま、ありがとうございました (^^

a0017183_21520077.jpg

光をくれた人』原作・スタッフ・俳優

原作~ML・ステッドマン『 TheLight Between Oceans

監督・脚本~デレク・シアンフランス

音楽~アレクサンドル・デスプラ

俳優陣

マイケル・ファスベンダー~トム・シェアボーン

アリシア・ヴィキャンダー~イザベル

レイチェル・ワイズ~ハナ

ブライアン・ブラウン~セプティマス・ポッツ

ジャック・トンプソン~ラルフ・アディコット

光をくれた人』ストーリー(Spoiler Alert!!)

第一次世界大戦終戦直後の1918年。帰還兵トムは、オーストラリア西部の岬から160kmも離れた孤島「ヤヌス島」で、灯台守の臨時職に就く。仕事の更新をしに岬の町へ行ったトムは、イザベルと出会う。その後二人は結婚し、絶海の孤島で二人きりで暮らし始めた。新婚生活は順風満帆と思われたが、イザベルは二度も流産して 赤ちゃんを亡くしてしまった…そんな折、一隻のボートがヤヌス島に漂着した。中には、父親とおぼしき遺体と 泣き叫ぶ赤ちゃんが ……(以下 略)

a0017183_21520629.jpg

光をくれた人』感想

*本作の舞台は、ヤヌスという名の孤島です。映画の冒頭で、ヤヌスについてのナレーションが流れました:”Janus”は 物事の始まりや入口を司るローマ神で January Janusに由来する、Janusは表と裏を見る双頭神で「二面性」を象徴する…

* …確かに この作品は、光と闇/善と悪/真実と虚偽/幸福と不幸/生と死など、二面性を表すシーンを含んでいました。度重なる困難に登場人物たちが苦しみ続けて、観ている私も重苦しくなりました。最終的には皆がジレンマを乗り越えて進む事ができたので、安堵しました。

*『光をくれた人』というタイトルも 暗示的で、考えさせられました。子宝に恵まれないトム&イザベル夫婦や 我が子と夫を失ったハナは、絶望の淵に立たされました。それでも、彼らは「人に光を与える灯台になれた」と思いました。トムはイザベルに光を与え続けたし、イザベルはトムにとって希望の光でした。ハナにとっては、トムや支援者たちが光であり、ルーシーにとっては、産みの親も育ての親も 光でした。また、晩年のトムにとっては、ルーシーとルーシーの子どもが光だったのではないでしょうか。

* …彼らのように、私たちも ジレンマや葛藤に直面する事があると思います。そういう時は、互いに手を差し伸べて 支え合いたいと思いました。

ハナの夫が語った「赦しは一度で済む、恨み続けると切りがない」という言葉も、印象的でした。

You only have to forgive once. To resent, you have to do it all day, every day. You have to keep remembering all the bad things.

駅シネマ同好会の皆さま&ゲストの皆さま、これからも映画を観て語り合いたいので、よろしくお願い致します。ゲスト参加や新規入会も大歓迎ですので、お気軽にお問合せ下さい。m(_ _)m

Tel: 080-1123-8222 E-mail: cosmo_reiko_0915@yahoo.co.jp

駅シネマ同好会:嶋沢 伶衣子(しまざわ れいこ)


[PR]

by tnagareyama | 2017-10-02 21:55 | 駅シネマ | Comments(0)


<< 早稲田大学総長室社会連携課(募...      会員の子息によるヴァイオリンコ... >>