流山稲門会

tnagareyam.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 31日

流山稲門会のご紹介

a0017183_14592880.jpg 流山稲門会は平成14年7月14日に早稲田大学校友(流山稲門会会員)相互の親睦を図り、地域社会および早稲田大学の発展に寄与する事を目的として設立されました。設立から順調に発展し、現在会員数は200名になりました。同好会も増え現在なんと13もあり同好の校友が趣味を楽しんでおります。さらに流山市内を7地区に分け地区ごとに分科会活動(新年会、納涼会等)をおこなっております。本ブログの『役員会』カテゴリをご覧いただければ同好会活動分科会活動会則の事など全容がご理解いただけます。又総会、交流会、楽しい同好会活動の詳細などもブログにてお読みいただけます。流山市在住の校友や現役学生の皆様、流山稲門会にご入会されませんか。
流山稲門会 会長 水上春男
 流山稲門会へのお問い合わせ、ご入会のお申し込みは高橋幹事長までお願いします。高橋幹事長のメールアドレスはzy574742@ka3.so-net.ne.jpです。
携帯電話は080-5180-0982です。
  
[PR]

# by tnagareyama | 2018-12-31 14:58 | 役員会 | Comments(1)
2017年 07月 26日

俳句の会「交譲葉」29年7月句会報告

  1. 開催日時  29.7.22(土)10:00~12:00

  2. 開催場所  生涯学習センター C―201会議室

  3. 参加者   宮内・小西・漆野・青木・小川・森川・菅原・安居

          の8名

  4. 兼 題   兼題「鰻(うなぎ)」

  5. 選 句   5点句(1)、3点句(5)、2点句(3)、1点句(6)を選句した。

    (5点句)

    風鈴やとはずがたりの白昼夢・・・・・・・菅原 互酬

    (選評)

     句調が格調ある事を評価した。後深草院の二条が表した「とはずがたり」は、恋多き女の14才から31才までの愛欲生活を自ら語った日記である。
     句作者は涼やかな風鈴の音を聴きながら気持ちよく昼寝し、「とはずがたり」作者の世界の夢を見たのであろうか。
     あるいは、自らの若き日のアバンチュールの夢を見たのであろうか。はたまた、現実離れした白昼夢を語りたいという気持ちを詠んだのであろうか。
    (悠閑亭徹心)

    (3点句)

    鰻重を食むと源内顔を出し・・・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

    夏祭り神輿も消えゆく鄙のあり・・・・・・・・小西 小牧

    蚊帳の中母の温もり残りけり・・・・・・・・・漆野 達磨






    狭き桶くねり重なる鰻かな・・・・・・・・・・武   美(小川)

    打ち水に後翅の藍が光けり・・・・・・・・・・菅原 互酬                                

    (2点句)

    炎帝もものかわと咲く夾竹桃・・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

    石段でジャンケン遊び額紫陽花・・・・・・・・鷹   嘴(安居) 

    道尋ね送られたるや青田波・・・・・・・・・・鷹   嘴(安居)

    (1点句)

    豆腐あれば言いつつ一はうなぎめし・・・・・・小西 小牧

    サングラス悪の仕草をしてみたく・・・・・・・漆野 達磨

    夏の夜は語り尽きないクラス会・・・・・・・・青木 艸寛

    虫干しや一年ぶりのお披露目会・・・・・・・・武   美(小川) 

    蒲焼きの黒き瓦に輝けり・・・・・・・・・・・菅原 互酬

    鰻重を返す風呂敷一筆箋・・・・・・・・・・・鷹   嘴(安居)







    (投 句)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

    鰻食みその口にて詩語る君・・・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

    夕凪の記憶を越えし熱帯夜・・・・・・・・・・小西 小牧       

    土用の日たれか鰻を想いやる・・・・・・・・・漆野 達磨              

    腹減ったうな重二杯大満足・・・・・・・・・・青木 艸寛

    日は高し小さき影は今の吾・・・・・・・・・・青木 艸寛

    陽に透ける太き葉脈天道虫・・・・・・・ ・・武   美(小川)

    鰻屋のうの字に頭と尻尾あり・・・・・・・・・夢   心(森川)

    巣から落ち蟻にまみれた雀の子・・・・・・・・夢   心(森川)

    願い込め七夕色紙結びけり・・・・・・・・・・夢   心(森川)
       

  6. 句会後記(菅原 互酬)

     今月の兼題は「鰻」であった。夏バテ解消の代表格といえば「うなぎ」そのウナギを土用の丑の日に食べる事になった仕掛け人と言えば平賀源内であったとのことですが、その夏の土用には丑の日が年に1日、ちなみに日本で一番暑いこの時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べる習慣は「万葉集」にも詠まれているようです。

     そして、ゆずりはの会員の皆さんは、いつも顔艶が良くて健康人が多いように感じていますが、ウナギはお好きですか。人生は、時には背筋ピンも必要でしょうが、ウナギのように「のらり、くらり、ぬるり」と時を過ぎすことも、必要かもしれませんね。そして過去にあまりとらわれない生き方も健康を作る秘訣の様ですね。

     句集第5号の発行を待ち、今夜は、ビールと「うなぎ」で夏の夜長をゆっくり楽しみますか。
                                (以上)


[PR]

# by tnagareyama | 2017-07-26 10:59 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 07月 05日

流山稲門会若手有志の会~(≧∇≦)

a0017183_19554432.jpg

流山在住という地縁、そして早稲田卒という学縁。2つのご縁で成り立つ流山稲門会。
いつもは本当に幅広い年代の方々で集まるのですが、今回は若手で有志の会を6/17()に開催しました!初参加の方もたくさん来てくれまして、初めまして〜でも一瞬で溶け込み仲良くなれるところは、流山稲門会の本当に素敵なところ。メーヤウとかごんべえとか超ローカルネタで盛り上がれます(笑)

参加は、池田健二(1996年政経卒)、大澤拓郎(2001年教育卒)、森川竜太(1998年理工卒)、牛尾仁(1998年商卒)、千代田優基(2001年文卒)他の合計13名でした。

この会が初回から徹底しているのが家族同伴OKということ。そして場所だけ決めて段取りなし、来たい時来てね、というゆる〜い会になってます。
これからも定期的に開催して盛り上がっていきます。初参加&久しぶり参加いつでも大歓迎です(^o^)

池田健二(1996年政経卒)





[PR]

# by tnagareyama | 2017-07-05 19:56 | 若手の会 | Comments(0)
2017年 07月 04日

俳句の会「交譲葉」29年6月句会報告


1.開催日時  29.6.24(土)10:00~12:00
  1. 開催場所  生涯学習センター C―201会議室

  2. 参加者   宮内・小西・漆野・青木・森川・菅原・安居の7

          〇投句は9名

  3. 兼 題   兼題「黴(かび)」

  4. 選 句  10点句(1)、4点句(4)、3点句(1)、2点句(2)、

      1点句(7)を選句した。

    (10点句)

    さらさらと風と戯る青もみじ・・・・・・・・・鴇 香子(朝倉)

    (選評)

    もみじの葉の生えそろったこの時期ならではの美しい光景が目に浮かびます。

    『さらさら』から爽やかな風と薄い葉を通しての光が感じられ、緑のシャワーを浴びている気持ちになります。

    (武  美)
    (4点句)

    黴の香や落書きもあり古ノート ・・・・・・・・・小西 小牧

    (選評)

    他人にとっては古臭く無価値に見えるものでも、本人にとってはかけがえのない記憶、思い出につながっていて、大切にとまではいかないまでも捨てられずにいることがあります。落書きがあることでより一層その記憶は鮮明になるのでしょう。技術的には中七のもありの三文字がよく効いていて、相変わらず上手いなあと思いました。(鷹  嘴)

    夏蜜柑落つるがままや老いの家 ・・・・・・・・・・小西 小牧

    (選評) 

    散歩すれば、庭先に夏蜜柑が、沢山輝いて見える家があります。しばらくすると、その蜜柑は収穫されず、自然に落下している。高齢者の庭先は、自然に任せて、落ちていく…そんな光景を作者は見出したのでしょう。

    果樹も、甘いものに人気がありますが、夏蜜柑の良さはそのすっぱさにあります。それに手を付けない、自然に任せる一抹の哀れさが、十分に表現されています。余分な飾りのない、すっきりとした、いい句といえます。(青木 艸寛)

    濡れそぼる四葩の花の通うりゃんせ・・・・・・・・漆野 達磨

    (選評)

    梅雨のこの季節の花と言ったら紫陽花ですね。この季節には茎も葉大きく茂り、そして庭いっぱいに四葩(よひら)が一段と光出す。

    そんな雰囲気の中を「とうりゃんせ とうりゃんせ ここはどうこの細道じゃ 天神さまの細道じゃ・・・・・・」で始まる江戸時代のわらべうたの雰囲気を醸しだしている。水滴に光輝いき虹色に咲く花を「四葩(よひら)の花」という紫陽花の別名が、見事に浮かび上がらせいる。

    「どうぞ見て下さい」「どうぞ見てください」と訴えているように「通うりゃんせ」の5文字は続いているのである。

    情景をきれいに切っとった美しい俳句である。(菅原 互酬)

    鳥なれば舞ひて干さむや黴雨(つゆ)の空・・・・・・・鷹  嘴(安居)

(選評)

鳥なれば舞ひて干さむや黴雨の空 この時期、主婦にとって黴は大敵。雨でも降れば洗濯物は乾かないし、家中ジメジメ。家丸ごと干したい気分。鳥だったら空高く舞って黴雨を振り払えるかもしれないと。

視点のユニークさに惹かれました。兼題の句にも「黴光る」と言う表現があり感心しましたが、無難にではなく感性の響く句作りの大切さを教えてもらった気がします。
                             (小西小牧)

(3点句) 

旱畑(ひでりばた)決まり文句の面子かな・・・・ 鷹   嘴(安居)

(2点句)

黴払い純情詩集に涙落つ・・・・・・・・・・・・・漆野 達磨

黴光り色あざやかな明日香女(ひと)・・・・・・・菅原 互酬

(1点句)

作りし句忽ち黴が生えはじむ・・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

夏めく夜ラマンチャの男(ひと)とワイン酌む・悠閑亭徹心(宮内)

初夏の風吾が心にも潤いあり・・・・・・・・・青木 艸寛
取り置きの馳走見つけしものは黴・・・・・・・武  美(小川
梅雨晴れ間天より大丸もらえたり・・・・・・・武  美(小川)

難病に道生もなし五月闇・・・・・・・・・・・夢  心(森川)

砂浴びの雀見ている暑さかな・・・・・・・・・夢  心(森川)




(投 句)
 

晩年はデルフィニウムの如清明に・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内) 

梅雨寒や季節外した鶯の声・・・・・・・・・・小西 小牧   

立葵会えてうれしや散歩路・・・・・・・・・・漆野 達磨 

黴雨(ばいう)の夜(よ)夫(つま)の鼾にかき消され・・鴇香子(朝倉)

雨寒に老いし猫の寝息かな・・・・・・・・・・鴇  香子(朝倉)           

空実家古日記見つけ黴払う・・・・・・・・・・青木 艸寛

光散る駿河の蜜柑花満開・・・・・・・・・・・青木 艸寛           

生い茂る水辺さわやか旱梅雨・・・・・・・・・武  美(小川)    

黒靴に白く浮きたる黴模様・・・・・・・・・・夢  心(森川)

花菖蒲色とりどりの紙風船・・・・・・・・・・菅原 互酬

梅雨に入り雨音で見る烏草樹・・・・・・・・・菅原 互酬

山鳩や如何にか干さむ黴の露・・・・・・・・・鷹   嘴(安居) 
    
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

  1. 句会後記(夢  心)

    投句は9名、選句は8名、句会出席者は7名であった。

    平成246月に開始したこの句会も6年目に入った。冒頭、28年度の会計報告がなされ、新年度の会費を納め、句集「交譲葉」第5号の編集が話題になった。選句のやり方についても見直されて、秀句を3点としていたのを2点にして7月句会から実施することとなった。

     さて、兼題の「黴」である。梅雨時の湿気は特に黴を生じやすいとして、夏の季語ということになっている。正月の餅に生える黴はよく目にするところである。作りし句に生える黴とは比喩的な表現だと思うのだが、この黴は季語になりうるのか。悩ましいところである。

     烏草樹が読めなかった。読めないから意味が分からない。さしぶと読むと教えてもらって辞書が引けた。デルフォニウムもこの句会で初めて知った言葉である。新しい知識が得られるのも句会ならではの効用である。

     で、選句であるが、意味不明のものは選べない。一読してその情景がすっと解って共感できるものを選ぶ。今回秀句に選んだものが10点句になっていたは我が意を得たりの思いであった。

     以前、千葉氏が、一読して絵が思い浮かぶ句を選句すると言っておられたのを思い出す。その千葉氏は難病を得て、帰らぬ人となられたが、氏の存在感は消えることはない。

    ご冥福を祈ります。

                          (以上)

                           
[PR]

# by tnagareyama | 2017-07-04 14:46 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 07月 04日

俳句の会「交譲葉」29年6月句会報告


1.開催日時  29.6.24(土)10:00~12:00
  1. 開催場所  生涯学習センター C―201会議室

  2. 参加者   宮内・小西・漆野・青木・森川・菅原・安居の7

          〇投句は9名

  3. 兼 題   兼題「黴(かび)」

  4. 選 句  10点句(1)、4点句(4)、3点句(1)、2点句(2)、

      1点句(7)を選句した。

    (10点句)

    さらさらと風と戯る青もみじ・・・・・・・・・鴇 香子(朝倉)

    (選評)

    もみじの葉の生えそろったこの時期ならではの美しい光景が目に浮かびます。

    『さらさら』から爽やかな風と薄い葉を通しての光が感じられ、緑のシャワーを浴びている気持ちになります。

    (武  美)
    (4点句)

    黴の香や落書きもあり古ノート ・・・・・・・・・小西 小牧

    (選評)

    他人にとっては古臭く無価値に見えるものでも、本人にとってはかけがえのない記憶、思い出につながっていて、大切にとまではいかないまでも捨てられずにいることがあります。落書きがあることでより一層その記憶は鮮明になるのでしょう。技術的には中七のもありの三文字がよく効いていて、相変わらず上手いなあと思いました。(鷹  嘴)

    夏蜜柑落つるがままや老いの家 ・・・・・・・・・・小西 小牧

    (選評) 

    散歩すれば、庭先に夏蜜柑が、沢山輝いて見える家があります。しばらくすると、その蜜柑は収穫されず、自然に落下している。高齢者の庭先は、自然に任せて、落ちていく…そんな光景を作者は見出したのでしょう。

    果樹も、甘いものに人気がありますが、夏蜜柑の良さはそのすっぱさにあります。それに手を付けない、自然に任せる一抹の哀れさが、十分に表現されています。余分な飾りのない、すっきりとした、いい句といえます。(青木 艸寛)

    濡れそぼる四葩の花の通うりゃんせ・・・・・・・・漆野 達磨

    (選評)

    梅雨のこの季節の花と言ったら紫陽花ですね。この季節には茎も葉大きく茂り、そして庭いっぱいに四葩(よひら)が一段と光出す。

    そんな雰囲気の中を「とうりゃんせ とうりゃんせ ここはどうこの細道じゃ 天神さまの細道じゃ・・・・・・」で始まる江戸時代のわらべうたの雰囲気を醸しだしている。水滴に光輝いき虹色に咲く花を「四葩(よひら)の花」という紫陽花の別名が、見事に浮かび上がらせいる。

    「どうぞ見て下さい」「どうぞ見てください」と訴えているように「通うりゃんせ」の5文字は続いているのである。

    情景をきれいに切っとった美しい俳句である。(菅原 互酬)

    鳥なれば舞ひて干さむや黴雨(つゆ)の空・・・・・・・鷹  嘴(安居)

(選評)

鳥なれば舞ひて干さむや黴雨の空 この時期、主婦にとって黴は大敵。雨でも降れば洗濯物は乾かないし、家中ジメジメ。家丸ごと干したい気分。鳥だったら空高く舞って黴雨を振り払えるかもしれないと。

視点のユニークさに惹かれました。兼題の句にも「黴光る」と言う表現があり感心しましたが、無難にではなく感性の響く句作りの大切さを教えてもらった気がします。
                             (小西小牧)

(3点句) 

旱畑(ひでりばた)決まり文句の面子かな・・・・ 鷹   嘴(安居)

(2点句)

黴払い純情詩集に涙落つ・・・・・・・・・・・・・漆野 達磨

黴光り色あざやかな明日香女(ひと)・・・・・・・菅原 互酬

(1点句)

作りし句忽ち黴が生えはじむ・・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

夏めく夜ラマンチャの男(ひと)とワイン酌む・悠閑亭徹心(宮内)

初夏の風吾が心にも潤いあり・・・・・・・・・青木 艸寛
取り置きの馳走見つけしものは黴・・・・・・・武  美(小川
梅雨晴れ間天より大丸もらえたり・・・・・・・武  美(小川)

難病に道生もなし五月闇・・・・・・・・・・・夢  心(森川)

砂浴びの雀見ている暑さかな・・・・・・・・・夢  心(森川)




(投 句)
 

晩年はデルフィニウムの如清明に・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内) 

梅雨寒や季節外した鶯の声・・・・・・・・・・小西 小牧   

立葵会えてうれしや散歩路・・・・・・・・・・漆野 達磨 

黴雨(ばいう)の夜(よ)夫(つま)の鼾にかき消され・・鴇香子(朝倉)

雨寒に老いし猫の寝息かな・・・・・・・・・・鴇  香子(朝倉)           

空実家古日記見つけ黴払う・・・・・・・・・・青木 艸寛

光散る駿河の蜜柑花満開・・・・・・・・・・・青木 艸寛           

生い茂る水辺さわやか旱梅雨・・・・・・・・・武  美(小川)    

黒靴に白く浮きたる黴模様・・・・・・・・・・夢  心(森川)

花菖蒲色とりどりの紙風船・・・・・・・・・・菅原 互酬

梅雨に入り雨音で見る烏草樹・・・・・・・・・菅原 互酬

山鳩や如何にか干さむ黴の露・・・・・・・・・鷹   嘴(安居) 
    
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

  1. 句会後記(夢  心)

    投句は9名、選句は8名、句会出席者は7名であった。

    平成246月に開始したこの句会も6年目に入った。冒頭、28年度の会計報告がなされ、新年度の会費を納め、句集「交譲葉」第5号の編集が話題になった。選句のやり方についても見直されて、秀句を3点としていたのを2点にして7月句会から実施することとなった。

     さて、兼題の「黴」である。梅雨時の湿気は特に黴を生じやすいとして、夏の季語ということになっている。正月の餅に生える黴はよく目にするところである。作りし句に生える黴とは比喩的な表現だと思うのだが、この黴は季語になりうるのか。悩ましいところである。

     烏草樹が読めなかった。読めないから意味が分からない。さしぶと読むと教えてもらって辞書が引けた。デルフォニウムもこの句会で初めて知った言葉である。新しい知識が得られるのも句会ならではの効用である。

     で、選句であるが、意味不明のものは選べない。一読してその情景がすっと解って共感できるものを選ぶ。今回秀句に選んだものが10点句になっていたは我が意を得たりの思いであった。

     以前、千葉氏が、一読して絵が思い浮かぶ句を選句すると言っておられたのを思い出す。その千葉氏は難病を得て、帰らぬ人となられたが、氏の存在感は消えることはない。

    ご冥福を祈ります。

                          (以上)

                           
[PR]

# by tnagareyama | 2017-07-04 14:46 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 07月 02日

駅シネマ同好会で『ライオン~25年目のただいま』を観ました

~嶋沢伶衣子(1981年文学部卒)

a0017183_09562863.jpg

*6月18日に、駅シネマ同好会の第41回映画鑑賞会で『ライオン~25年目のただいま』を観ました。今回は、当同好会会員の鈴木・江後田・内木・徳竹・中川・嶋沢に加えて、小沼・河合・中津・村岡(敬称略)がゲスト参加して下さいました。帰りに 居酒屋「京まる」に寄って、映画の感想や雑談を語り 盛り上がりました。参加者の皆さま、ありがとうございました。(^^

a0017183_09573608.jpg

『ライオン~25年目のただいま』著者・スタッフ・俳優

著者 サルー・ブライアリー

   『25年目のただいま~5歳で迷子になった僕と家族の物語』

監督 ガース・デイヴィス

脚本 ルーク・デイヴィス

俳優

   デーヴ・パテール~サルー・ブライアリー(主人公)

   サニー・パワール~幼少期のサルー・ブライアリー(主人公)

   ニコール・キッドマン~スー・ブライアリー(サルーの養母)

   デビッド・ウェンハム~ジョン・ブライアリー(サルーの養父)

   ルーニー・マーラ~ルーシー(サルーのガールフレンド)

   プリヤンカ・ボセ~カムラ(サルーの実母)

   アビシェーク・バラトー~グドゥ(サルーの実兄)

『ライオン~25年目のただいま』ストーリー(Spoiler Alert!!)

 1986年、インド西部の貧しい家に生まれたサルー。兄のグドゥと一緒に炭鉱から石炭をくすね、食物と交換して生きていた。市場で売っている美味しそうな揚げ菓子を食べてみたかったが、買うお金がなかった。

a0017183_09593678.jpg

 自分も稼ごうと思い、サルーは夜間仕事に出かける兄についていったが、疲れて途中で寝てしまった。兄は サルーを駅のベンチに寝かせて「ここで待っていろ」と言い、仕事に向かった。夜中にサルーが目を覚ますと、駅のホームは無人で、兄の名を呼び叫んでも返事はなかった!

 …紆余曲折を経て、彼はオーストラリア人夫婦の養子になった。大学に進学したサルーは、カルカッタから来た留学生とホームパーティで知り合う。そこで見かけたインドの揚げ菓子「ジャレビ」が、彼の記憶を呼び起こした。

 …2012年、サルーが25年振りに故郷に辿り着き 肉親と再会できた、というニュースが、世界を駆け巡った。

『ライオン』を観た感想

 今作で主人公サルーを演じたデーヴ・パテールは、2008年に公開された『スラムドッグ$ミリオネア』で 一躍 世界的な注目を集めましたね。『スラムドッグ』は、笑い//冒険/サスペンス/ロマンス等、いろんなエンタメ要素が入ったエナジー溢れるボリウッド映画でしたが、スラム街の極貧生活/殺人/臓器売買/闇ビジネス等、インドの影の部分を描いていました。

 『ライオン』もまた、イリテラシー/ストリートチルドレン/児童売買/虐待等、インドが抱える問題を浮き彫りにしていると思いました。…読み書きができないサルーは、故郷から1600キロも離れた駅に運ばれてしまい、カルカッタを彷徨います。サルーを助けてくれたはずのカップルは、彼を売り飛ばす算段をしました。幼いサルーは、その後も酷い目に遭い続けました。

インドでは、毎年 8万人もの子どもが行方不明になっているそうです。悲惨な運命を辿って、亡くなってしまう子も多いのではないでしょうか?

実に幸運な事に、サルーは、良い里親に良い環境で育てられ、身内とも再会できて、ルーツやアイデンティティーも確認できました。インドとオーストラリア、二つの家族の深い絆や強い愛に感動させられました。心温まると同時に、考えさせられる作品でした。

駅シネマ同好会の皆さま&ゲストの皆さま、これからも映画を観て語り合いたいので、よろしくお願い致します。ゲスト参加や新規入会も大歓迎ですので、お気軽にお問合せ下さい。m(_ _)m

Tel: 080-1123-8222 E-mail: cosmo_reiko_0915@yahoo.co.jp

駅シネマ同好会:嶋沢 伶衣子(しまざわ れいこ)


[PR]

# by tnagareyama | 2017-07-02 10:01 | 駅シネマ | Comments(0)
2017年 06月 26日

パステル画とスケッチ教室展

日頃お世話になっているパステル画とスケッチ教室の展覧会が始まりました。入場無料です。ご興味のある方、ぜひお越しください。            昭和44年卒 真田正二
a0017183_00553259.jpg
a0017183_00561868.jpg

[PR]

# by tnagareyama | 2017-06-26 00:57 | 会員からのおしらせ | Comments(0)
2017年 06月 23日

早稲田大学総長室社会連携課(募金担当)メールマガジン配信


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     世界へ貢献する大学であり続けるために
         SUPPORT TOWASEDA
       http://kifu.waseda.jp
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

─────────────◆◇INDEX◇◆──────────────
【1】「早稲田アリーナ募金」お陰様で寄付総額が
         約115千万円に達しました!(進捗状況のご報告)

【2】募金ウェブサイトならびに「クラウドファンディング」のご紹介

【3】志を持った社会人の交流と創造の拠点「WASEDA NEO」
                ティザーサイトがオープンしました!

【4】メジャーリーガー青木宣親選手(2004年人間科学部卒)が
                日米通算2000安打を達成!

【5】大島祐哉選手(2016年スポーツ科学部卒)が
      世界卓球選手権にて48年ぶりに男子ダブルス銀メダル獲得!

【6】早稲田大学演劇博物館 2017年度春期企画展
        テレビの見る夢-大テレビドラマ博覧会<入館無料>

【7】早稲田大学演劇博物館 特別展
       あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ展<入場無料>

【8】2017年度後期の演劇博物館休館のお知らせ

【9】早稲田大学地域交流フォーラムのお知らせ

10】等身大の早大生を紹介「早大生だより」
―────────────────────────────────―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「早稲田アリーナ募金」お陰様で寄付総額が
         約115千万円に達しました!(進捗状況のご報告)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
早稲田アリーナ募金は20159月から募集を開始し、多くの皆さまからのご
支援により、20176月現在の累計寄付金額は約115千万円に達しました。
ご支援を賜りました皆さまには厚く御礼を申し上げます。
ただし、目標金額20億円の達成までは、引き続き皆さまからのご支援が必要
です。体育施設のみならず学習設備やスポーツミュージアムも兼ね備えた多
機能型施設として生まれかわる早稲田アリーナ建設のために、引き続き温か
いご支援を賜りますようお願い申し上げます。

「早稲田アリーナ募金」
http://kifu.waseda.jp/contribution/campus/memorialhall/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】募金ウェブサイトならびに「クラウドファンディング」のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学への寄付は、クレジットカード、インターネットバンキング(pay-easy
からの決済が可能です。本学の募金ウェブサイトでは、トップページの「寄
付をする」のバナーからすべての寄付申込をいただけるだけでなく、すべて
の寄付で「クレジットカード決済による毎月の寄付」もお申込みいただくこ
とが可能です。募金ウェブサイトからのご寄付は、その利便性から利用者が
年々増加しており、スマートフォンからも申込み可能となっております。

募金ウェブサイト
http://kifu.waseda.jp

また、本学では、これまでの寄付の仕組みに加えて、近年様々な分野で活用
されている「クラウドファンディング」による支援を新たにスタートしまし
た。クラウドファンディングとは、インターネットを利用して不特定多数の
方から資金出資を募ります。クラウドファンディングでは、支援者自身が関
心のある分野や事業単位で寄付対象を選択し、簡単に寄付を行うことができ
る新たな寄付の形です。

クラウドファンディングを通じた寄付は、寄付金控除や寄付金実績(個人か
ら大学への寄付実績)の対象とはなりませんが、寄付金額に応じて、各プロ
ジェクトにて用意された御礼のサービス(景品など)が提供されます。

「クラウドファンディング」によるご支援について
http://kifu.waseda.jp/crowdfunding/


<募集中のプロジェクト>
ただ今、本学ラグビー蹴球部によるクラウドファンディングを実施中です。
本学募金ウェブサイトから手続可能ですので、是非一度ご覧ください!

BE THE CHAIN PARTNER」(ラグビー蹴球部クラウドファンディング)
http://www.finansense.jp/project/waseda2/

本学ラグビー蹴球部が創部100年(2018年)に向け、クラウドファンディ
ングを通してファンの皆様と繋がり、絆を強めて一緒に大学日本一を達成す
ることを目指します。なお、集まった資金は、ラグビー蹴球部の強化費とし
て有効に活用させていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】志を持った社会人の交流と創造の拠点「WASEDA NEO」
                ティザーサイトがオープンしました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学は、未来を変革する志を持った社会人を対象とした新規事業「WASE
DA NEO」を、2017年夏より早稲田大学日本橋キャンパス(コレド日本
5階部分)にて開始します。それに先立ち、ティザーサイトがオープンし
ましたので、是非一度ご覧ください!

「WASEDA NEO」ティザーサイト
http://wasedaneo.jp/


「WASEDA NEO」とは・・・
Blendipity
(ブレンディピティ。“Blend + Serendipity”の造語)の場づ
くりのコンセプトのもと、新しい時代を創る志を持った社会人たちの交流と
イノベーションの機会を提供します。それにより、未来志向かつ、グローバ
ルにもローカルにも視野を広げたイノベーションを創出する人材の育成が可
能となります。
高等教育機関として本学が取り組む、従来の大学にはなかった未来を創るた
めの挑戦的な貢献活動です。

「コンセプトは Blendipity 社会人の交流と創造の拠点
『WASEDA NEO』開始」
https://www.waseda.jp/top/news/48165


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】メジャーリーガー青木宣親選手(2004年人間科学部卒)が
                日米通算2000安打を達成!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカ・メジャーリーグ、ヒューストン・アストロズの青木宣親選手が、
6
11日のエンゼルス戦で、日本人選手で史上7人目となる日米通算2000
安打を達成しました。青木選手は、日本のプロ野球で8年間、大リーグ6
目での達成となり、日本人選手ではイチロー選手、松井秀喜さんらに続く7
人目の快挙です。

青木選手は、2000年、宮崎県立日向高校から指定校推薦で早稲田大学人間科
学部に入学し、早稲田大学野球部に入部。大学3年時の東京六大学野球秋季
リーグ戦で首位打者を獲得するなど、大学3年春季から4年秋季までの早大
野球部史上初4連覇に貢献しました。

人間科学部卒業後、2004年にヤクルトスワローズに入団。2005年に新人王
獲得。また2005年と2010年にプロ野球史上初の2度の200安打を記録。
首位打者3度、ベストナイン7度、ゴールデングラブ賞6度など活躍しまし
た。WBCでは日本代表として出場し、侍ジャパンの2度の世界一に貢献。
2012
年からメジャーリーグ5球団(ブルワーズ、ロイヤルズ、ジャイアンツ、
マリナーズ、アストロズ)で活躍し、2014年にはロイヤルズのア・リーグ
制覇にも貢献しました。

「【野球部OB】メジャーリーガー青木宣親選手(2004年人間科学部卒)が
         日米通算2000安打を達成!-日本人選手で史上7人目」
https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2017/06/12/10994/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】大島祐哉選手(2016年スポーツ科学部卒)が
      世界卓球選手権にて48年ぶりに男子ダブルス銀メダル獲得!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6
4日、ドイツ・デュッセルドルフで行われた世界卓球選手権で、男子ダ
ブルスに出場した大島祐哉(2016年スポーツ科学部卒)・森薗政崇(明治大
学所属)組が銀メダルを獲得しました。銀メダル獲得は1969年ドイツ・
ミュンヘン大会以来、48年ぶりの快挙です。

「大島祐哉選手(2016年スポーツ科学部卒)が
              男子ダブルス銀メダル獲得48年ぶりの快挙」
https://www.waseda.jp/inst/tokyo/news/2017/06/06/629/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】早稲田大学演劇博物館 2017年度春期企画展
        テレビの見る夢-大テレビドラマ博覧会<入館無料>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ドラマはテレビの見る夢だ。ドラマの作り手たちは、さまざまな家族や恋愛
や仕事のあり方、社会問題や未来へのヴィジョンを、フィクションという夢
のかたちにして、私たちの日常に送り届けてくれる。私たちはその夢に泣い
たり笑ったりしながら、ときには自分たちの生活や人生を重ね合わせてきま
した。

本展では、テレビ創成期から現代に至る名作ドラマの数々を、ストーリーに
回収されないこまやかな表現に着目しながら、映像、スチル、台本、衣裳、
製作ノートなどの多彩な資料とともに振り返る。心に残るドラマの記憶をみ
なさまと共有できれば幸いです。
今なお新しい夢をもたらしてくれるドラマの魅力を再発見し、テレビの将来
に明るい希望を託すものにしたいと思います。

日  時:開催中 ~86日(日)10:00-17:00(火・金19:00まで)

休 館 日:75日(水)、19日(水)

会  場:早稲田大学演劇博物館 企画展示室

同時開催:早稲田大学芸術功労者顕彰記念 山田太一展

春期企画展「テレビの見る夢-大テレビドラマ博覧会」
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/4995/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】早稲田大学演劇博物館 特別展
       あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ展<入場無料>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016
年、早稲田大学演劇博物館にて開催された「あゝ新宿 ー スペクタクル
としての都市」展は大きな反響を呼びました。今回は昨年の好評を受け、
「あゝ新宿」展第2弾として「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ」
展を開催いたします。株式会社新宿高野様のご協力により、新宿の中心地・
新宿高野ビル6階特設会場での開催となります。

新宿展第2弾となる今回は、6070年代を中心に、演劇・映画のチラシ・ポ
スター、井出情児が撮影した状況劇場や新宿の風景を捉えた写真、伝説的タ
ウン誌・新宿プレイマップなど、当時の新宿の熱気を伝える貴重な資料を多
数展示します。会場には山下洋輔、菊地成孔、宮沢章夫らの選曲によるBG
Mが流れ、選者によるコメント付きプレイリストも配布されるなど、文化渦
巻く新宿のエネルギーを再現いたします。

日  時:開催中 ~72日(日)12:00-19:00

会  場:新宿高野本店ビル6階 特設会場
     東京都新宿区新宿3-26-11JR新宿駅東口より徒歩2分)

特別展「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ展」
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/5154/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】2017年度後期の演劇博物館休館のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018
年に演劇博物館創立90周年を迎えるにあたり、館内展示室の見直しや
資料収蔵庫の整理・調査作業等の記念事業に向けた準備を行うため、2017
度の下記の期間、休館とさせていただきます。

休館期間:201787日(月)~2018322日(木)

2017年度後期の演劇博物館休館のお知らせ」
http://www.waseda.jp/enpaku/info/4815/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【9】早稲田大学地域交流フォーラムのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学では地域の方々に本学をより深く知っていただくことを目的として「早
稲田大学地域交流フォーラム」を開催しています。

本フォーラムでは本学における最近の教育内容紹介や、早稲田大学創立期以
来の伝統をもつ「巡回講話」の流れを汲む本学教員による講演会のほか、在
学生の父母の皆様を対象とした相談コーナーを設けて、お子様の教学や就職
に関するご相談、ご質問にお答えします。また、本学への進学を希望される
中学・高校生やそのご父母の方々、先生方を対象とする「進学相談会」も実
施いたします。開催地域以外の方々のご参加も歓迎いたします。
開催日程や講演内容など、詳細は以下のウェブサイトをご確認ください。

地域交流フォーラム開催予定(7月)
三重県  津市   20177 8日(土)津都ホテル
鹿児島県 鹿児島市 20177 8日(土)城山観光ホテル
山口県  防府市  2017715日(土)松月
佐賀県  唐津市  2017716日(日)早稲田佐賀中学校・高等学校
福岡県  北九州市 2017723日(日)早稲田大学北九州キャンパス
茨城県  水戸市  2017729日(土)水戸京成ホテル
大分県  大分市  2017730日(日)トキハ会館
宮崎県  宮崎市  2017730日(日)宮崎観光ホテル

「早稲田大学地域交流フォーラム開催のお知らせ」
https://www.waseda.jp/top/about/work/organizations/academic-affairs-division/forum


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10】等身大の早大生を紹介「早大生だより」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WASEDAサポーターズ倶楽部では、寄付金の一部をもとに「WSCメン
バーズ基金」を創設し、学生支援に活用させていただいております。

今号の「早大生だより」は、本学ボランティアセンター主催の「ボランティ
アプレゼンコンテスト」で金賞を獲得し、WSCメンバーズ基金からの「平
山郁夫記念ボランティアセンター 公認団体への活動支援金」の対象となっ
た団体に所属している社会科学部3年の関根康太さんに執筆いただきました。



「地域通貨でつながるマチと私」

                      社会科学部3年 関根康太

私はWAVOC公認プロジェクトであるアトム通貨の運営・管理を行うア
トム通貨実行委員会 早稲田・高田馬場支部に所属しています。アトム通貨
の最大の特徴は、他の多くの地域通貨のようにお金で購入するのではなく、
ボランティアや環境活動など『イイコト』を行った方に進呈される通貨であ
るという点です。

もともとまちづくりに興味があった私が、早稲田大学入学時に出会っ
たのが、アトム通貨でした。アトム通貨を運営することで、まちづくり
についてもっと深く学べるのではないか、と考えたのが活動に参加するきっ
かけでした。私はこのアトム通貨実行委員会の活動を通して、マチとヒトが
つながる素晴らしさを学びました。

活動内容は多岐に渡っており、広報のためのリーフレット作成やイベント
の企画、さらに通貨運営のための金銭の授受・管理を行っております。地域
通貨を扱う私たちの活動は、商店主や地元団体からの理解がなくては成り立
ちません。そのためには、地域ボランティアや環境活動の実施、またはお祭
りなどのイベント協力を地道に行っていくことが必要となります。日々の活
動や地元との関わりを大切にする姿勢は、まちづくりには不可欠です。
たとえどんなに素晴らしい施設ができたとしても、それを支えるヒトがいな
ければマチも繁栄しません。私は、アトム通貨実行委員会の活動を通して、
まちづくりの基本を見つめ直すことができました。

最後になりましたが、ボランティアプレゼンコンテストの副賞としてWSC
メンバーズ基金より活動報奨金をいただきましたことに、厚く御礼申し上げ
ます。活動報奨金は、私たちの活動の維持・発展のために有効活用させてい
ただきます。これからも地域貢献活動を通して早稲田・高田馬場地区にアト
ム通貨を広め、まちづくりの良い循環を作ることで、地域活性に繋がる
ようなに努めていきたいと思っております。


------------------------------------------------------------------
  このメールは、早稲田大学へご支援を賜り、メールアドレスをご登録
いただいている方 にお送りしています。
------------------------------------------------------------------

  【早稲田大学募金ウェブサイト】
   http://kifu.waseda.jp

  【早稲田大学校友ウェブサイト】
http://www.waseda.jp/alumni/index.html

  【早稲田大学公式ツイッタ
   https://twitter.com/waseda_univ

  【早稲田大学公式フェイスブック】
   https://www.facebook.com/WasedaU

  【早稲田ウィークリー(早大生応援誌)】
https://www.waseda.jp/inst/weekly/

  【競技スポーツセンター(早稲田スポーツ)】
   https://www.waseda.jp/inst/athletic/


  ■■■■■■■■■■ 早 稲 田 大 学 ■■■■■■■■■■
          総長室社会連携課
      external@list.waseda.jp
     http://kifu.waseda.jp


[PR]

# by tnagareyama | 2017-06-23 21:38 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 06月 23日

プラチナ俱楽部 6月例会

6月例会
 日 時 :6月22日(木) 午前11時10分 柏の葉キャンパス駅改札口 集合

 場 所 :柏の葉キャンパス駅改札口から東側ロータリー沿い徒歩1分(駅前)      
      「リストランテ・ディ・オークビレッジ」
      レストランは 天井が高く、ゆったりした空間で、12席
      a0017183_16125814.jpg



      










レストランの裏に広がる店舗敷地内の農園、安心・安全の新鮮野菜。
      バーベキュー会場や 結婚式場も併設
      a0017183_16134513.jpg


 採れたて野菜の特性を最大限に活かしたこだわりの料理は
 「世界の料理人1000人」に選ばれた山形アル・ケチァーノの
 奥田政行シェフの 新鮮・旬の野菜を存分に味わいました。

      a0017183_16145483.jpg

 




















参加者 :4名 左前より 近藤 郁雄 さん・高林 直樹 さん     
         右前より 水上 春男 さん・鈴木 一嘉
         <当日になって 1名 不参加でした>


食事は ピッコロコース ¥2,800 
     前菜・スープ・ハーフパスタ・メインディッシュ・ミニデザート
     a0017183_16155156.jpg
















a0017183_161839.jpg

 サラダを取り放題
 スープも 冷えて 美味しい。














     
     ハーフパスタは ニンニク入れのもの と トマト味のものと
     細いパスタが歯ごたえが良く、コリコリとして美味しい。
     a0017183_16185698.jpg













    



     メインディッシュは ポークと野菜で これも美味しい。
      a0017183_16202740.jpg
 


















    ミニデザートも 冷たく 口当たりがよい。

     コーヒーか紅茶付き(ホット か アイス)
     a0017183_16213569.jpg 

食事を通して、適量で 美味しく堪能しました。
先ずはビールとウーロン茶 そして 白ワイン・赤ワイン

世話人は水上春男さんと2人で、メンバー推薦の店にも行っています。

偶数月下旬(8月除き)の木曜日11時過ぎに最寄りの駅集合、
軽く飲みながら歓談し(今回は『東洋経済』の「改革力で優れている大学」
103校ランキング<早稲田大学は 第8位> について)、
美味しい料理を味わい、和やかな時間を過ごしました。

今年は2月に「沖縄料理龍潭」
4月に「フレンチのル・クープル」、
酷暑の8月は休みで、次回は10月19日に開催予定。
                  鈴木一嘉(65年 商 野々下)
[PR]

# by tnagareyama | 2017-06-23 16:27 | プラチナ倶楽部 | Comments(0)
2017年 06月 10日

校友会主催「第9回 早稲田大学校友会ゴルフ大会」のお知らせ

早稲田大学校友会 事業委員会より下記案内が来ています。

全国から校友が集結しご好評いただきました校友会主催「第9

早稲田大学校友会ゴルフ大会」を下記のとおり開催いたします。

爽やかな秋の一日、ゴルフを通じて校友のみなさま相互の親睦をますます

深めていただければ幸いです。個人戦、団体戦を実施いたしますので、

どうぞお誘いあわせの上、奮ってご参加いただきますよう重ねてお願い

いたします。

                 記

 ●日  時:2017112日(木)

       7:45集合(7:15受付開始) 9:00スタート(フルショットガン)

       集合時間と受付開始時間が前回大会よりも15分早まりましたの

       でご注意下さい

 ●会  場:久邇カントリークラブ(埼玉県飯能市)

 ●申込方法:参加申込書を事務局までE-mailまたはFAXでご送付ください。

       *定員に達し次第、締切りとさせていただきます。

 ●申込締切:731日(月)

 ●参 加 費:1団体16,000円(14,000円)

      (パーティー費・運営諸経費を含みます。)

 ●プレー代:16,600

      (昼食代・グリーンフィ・キャディフィ・カート使用・

       ロッカー費、保険料含む)

 ●定  員:50団体 200名まで

                              以 上

実施要領・参加申込書は以下のURLよりダウンロードしてください

実施要領

http://www.wasedaalumni.jp/docs/2017golf.pdf

参加申込書

http://www.wasedaalumni.jp/docs/2017golf_registration.docx

校友会ゴルフ大会(早稲田大学校友会ホームページ)

http://www.wasedaalumni.jp/fun/golf.html

お問い合わせ先:早稲田大学校友会事業委員会(担当:吉村・千葉)

E-mailalumni-golf@list.waseda.jp


[PR]

# by tnagareyama | 2017-06-10 20:24 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 05月 31日

俳句の会「交譲葉」29年5月句会報告


  1. 開催日時  29.5.27(土)14:00~16:00

  2. 開催場所  一茶双樹記念館 一茶亭

  3. 参加者   宮内・小西・漆野・青木・小川・森川・安居の7名

          〇投句は8名

  4. 兼 題   兼題「花水木」

  5. 選 句  10点句(1)、6点句(1)、4点句(4)、2点句(1)、 
         1点句(6)を選句した。

    (10点句)

    花水木一花ごとの風遊び・・・・・・・・・・武 美(小川)

    (選評)

    10ポイント獲得は、これまでの最高得点です。素晴らしいの一言といえます。真白の花水木の花弁が互いに、風に任せてひらひら揺れているさまが目に浮かびます。まさに、風と遊んでいる…。各花弁が動いている、この表現が、多くの人の共感を得たのだと思います。しかし、ひらひらと風と戯れながら、花弁は何を伝えたかったのでしょう。想像するだけでも、胸が躍りますね。
                                                              (青木 勝代志 )
        
                   

    (6点句)

    青葉風こだわり一つ流しゆく・・・・・・・・・・小西 小牧

    (選評)

    今回最も共感できた一句です。年を重ねてきますと個性であり生きる支えであったはずの“こだわり”が自由な発想を妨たり、周囲から疎んじられたりすることがあります。鬱陶しい花粉の季節も終わり、気持ちの良い五月の風に身をゆだねていると、頑なにあるいはクヨクヨとこだわっていたことが離れてくれそうです。

    この句の良いところは、“青葉風”が季語にとらわれず自由さがあり、俳句の中で内容が実践できている点と、“一つ”“流しゆく”という余韻のある言葉選びが素晴らしいと思いました。私は新たな“こだわり”がますます増え続けている状況ですが、不要となったものは部屋の中と同様に片付けて頭の中を風通し良くしていたいものです。(鷹 嘴)

    (4点句)

    古稀となる妹(いも)と揃えし夏衣・・・・・・・・小西 小牧

    (選評) めでたく70歳を迎えた妹さんですが決して平坦な道のりではなかったであろうと上五の「と」で推測され、詠み手であるお姉さんの安堵感や嬉しさがひしひしと伝わってきます。おそろいの服を揃える仲の良さや、それを着て過ごす時間を楽しみに思う気持ちも表されています。妹さんへの過去現在未来にわたるたっぷりな愛情と親密さに溢れた素敵な句です。また、明るい軽やかな気持ちと「夏衣」がぴったりと合い、季語の選び方もすばらしいなと思いました。(武 美)

長谷新樹十一面が覗き込み・・・・・・・・・青木 艸寛

 (選評) 
長谷寺は十一面観音が有名だがその観音と新樹とのからみに新鮮さを感じた。みずみずしい緑におおわれた木々の美しさを愛でるのはこの季節ならではである。それは観音様にとっても同じであろう。
                           (小西 小牧)                  


鳥帰る瀑布に二つ影残し・・・・・・・・・・・・武 美(小川)

(選評) この句の「・・瀑布に・・・」から、「ああ涼しそう、もう夏なんだ。」と云う気持ちが一気に湧いてきました。そし「滝」「飛泉」「ナイアガラ瀑布」などいろいろな滝を想像し、めぐらすことが出来き、この鳥は渡り鳥のマガモなのかツグミなのか・・・。 高い所から水煙のような又、白い布を垂らしたようスクリーンを背景に二羽の鳥がなかよ元気に飛翔して行く様子。それをを眺めて行くうちに影として残像して自分の目に焼き付いてしまったかのような鳥。

そんな見事な墨絵を見ているような想像を深く書きたててくれる豪快な俳句である。(菅原 互酬)

肩並べ湯につかりたる暮の春・・・・・・・・・・鷹  嘴(安 居)

(選評)

一読、行く春を惜しんで旅に出たカップルが、秘湯の宿の露天風呂か、又は家族風呂で、ゆっくりと湯につかっている景色を思い浮かべて、羨望の思いも込めて秀句とした。

一方、作者は熱海へ旅をした時、道端の足湯に疲れた足を休め、たまたま隣り合わせた老婦人と肩を並べて足湯を使った光景を詠んだというのである。何たる曲解、想像のなせる解釈であることか。例えば、「肩並べ足湯を使う暮れの春」とでもあれば、想像の余地ももっと狭くなっていたと思う。

読む人に勝手な解釈を許すところが秀句たる所以か。(夢  心)

(2点句) 

・かんばせに薄紅掃きし花水木・・・・・・・・夢  心(森川)

   

(1点句)

・アマリリス無名花侍らせ誇りかに・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

・並木道薫る明治や花みずき・・・・・・・・・漆野 達磨  

・ゴキブリを逐うて二人の仲もどり・・・・・・漆野 達磨

・側溝に流され積る竹落葉・・・・・・・・・・夢 心(森川)

・朝毎に穫る絹莢の太鼓腹・・・・・・・・・・夢 心(森川)

・のぼり来て伊豆山神社風薫る・・・・・・・・鷹 嘴(安居)

(投 句)  

・街皚皚(がいがい)ハナミズキに染められて・悠閑亭徹心(宮内)

見頃との小さき記事や花水木・・・・・・・・小西 小牧  

・夏の雨打たれて盆栽昇天す・・・・・・・・・漆野 達磨

・贈り物小脇抱えて花水木・・・・・・・・・・青木 艸寛

・柏餅甘さ加減に母苦闘・・・・・・・・・・・青木 艸寛

・柏餅馴染みの店の代がわり・・・・・・・・・武   美(小川)

・愛贈り感謝のこころ花みずき・・・・・・・・菅原 互酬

・早苗植え顏ほころびて天仰ぐ・・・・・・・・菅原 互酬

・鯉のぼり日本中がのんびりと・・・・・・・・菅原 互酬

・会館を出でるや白き花水木・・・・・・・・・鷹  嘴(安居)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

  1. 句会後記(小西 小牧)

    2月以来の句会出席だった。久しぶりに句を作り批評しあう楽しさを実感させてもらった。そして、今さらながら面倒な作業を続けて下さっている世話人の方々有難うございます。

    難しいと思っていた花水木に十点句が出た。その繊細な描写に感心した。その半面、同じように注目されながら、二番手にまわり結局選句されなかった句も出てこの大きな差に、選ぶことの難しさも知らされた。自作に関しては、一本調子になる傾向を指摘された。私自身も自覚していたことなので今後、語順を推敲していきたいと思っている。

                              (以上)


[PR]

# by tnagareyama | 2017-05-31 14:27 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 05月 13日

早稲田大学/メールマガジン vol.1

早稲田大学にご支援いただいている皆様へ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     世界へ貢献する大学であり続けるために
         SUPPORT TOWASEDA
       http://kifu.waseda.jp
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


────────────◆◇INDEX◇◆─────────────

【1】2017年度入学式を挙行しました

【2】「総長招待祝賀会」開催しました

【3】「予想外が待っている」Museum Week 2017開催のお知らせ

【4】「早稲田小劇場ネクスト・ジェネレーション募金」のご紹介

【5】「早稲田大学地域交流フォーラム」のお知らせ

【6】等身大の早大生を紹介「早大生だより」

└───────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】2017年度入学式を挙行しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4
1日(土)、2日(日)、3日(月)に、2017年度の各学部・大学院・芸
術学校の入学式を執り行いました。今年度の入学式も、昨年度に引き続き
「早稲田アリーナ」(旧記念会堂)新築工事のため、大隈記念講堂他にて、
各学部、大学院ごとに行われました。

総長は、式辞で「新入生の皆さんには、これまでに蓄積してきた豊富な知
識を前提としながら、早稲田大学の提供する優れた教育環境を、また、個
性豊かで多様な教員・学生との切磋琢磨の機会を、主体的かつ積極的に活
用することで、これからの時代を牽引し、不透明な時代を逞しく生き抜い
ていくために必要とされる基礎的なスキルとマインド、さらには総合的な
人間力を涵養してくださることを切に期待しています。」と新入生を激励
しました。

2017年度入学式 全国各地、世界各地から
              優秀な人材が早稲田の杜に集まりました」
 https://www.waseda.jp/top/news/49936


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「総長招待祝賀会」開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017
418日(火)、毎年恒例の総長招待祝賀会がリーガロイヤルホテ
ル東京にて開催されました。本会には、前年度に叙勲・褒章、各種受章、
企業・団体の代表就任や国会議員・自治体首長ご当選等の栄誉に輝かれた
校友(本学では卒業生を「校友」と呼んでおります)が招待され、今回116
名が出席されました。

会中、参加者を代表して、日本人で初めてパラリンピック殿堂入りした河
合純一さんと、本学校友で初めてメガバンクの取締役頭取になられた株式
会社みずほ銀行の藤原弘治さんから挨拶があり、それぞれ本学への感謝の
思いとともに、早稲田人としての今後の意気込みが語られました。

また、祝賀会に先立ち、大隈講堂にて開催された「第8回早稲田狂言の夕べ」
には総長招待祝賀会の出席者も招待され、祝賀会とともに野村万作・萬斎
親子らによる狂言もお楽しみいただきました。

「早稲田が誇る校友の集い『総長招待祝賀会』開催」
 https://www.waseda.jp/top/news/50543


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「予想外が待っている」Museum Week 2017開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早稲田大学の誇る「演劇博物館」や「會津八一記念博物館」などのミュー
ジアムの魅力を多くの皆様に体感していただくために「Museum Week」を
開催します。楽しくミュージアムを巡れる特別企画がもりだくさんの2
間。オリジナルプレゼントもご用意しています。

日時:522日(月)~62日(金)
   詳細は以下URLをご確認ください。
主催:早稲田大学文化推進部
協力:早稲田大学生活協同組合、早稲田大学周辺商店連合会
後援:新宿区

「-予想外が待っている- Museum Week
 https://www.waseda.jp/culture/events/museumweek/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】「早稲田小劇場ネクスト・ジェネレーション募金」のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015
4月に開設した「早稲田小劇場どらま館」を、早稲田演劇振興の拠
点とし、将来の演劇文化を担う人材の育成に取り組むとともに、演劇を通
したグローバルな人材の育成および学生の演劇教育に資する各種事業を実
施しております。引き続きWASEDAサポーターズ倶楽部を通じた募金「早稲
田小劇場ネクスト・ジェネレーション募金」にご支援いただきますようお
願いします。

賜りましたご寄付は、学生の感性を育む招聘公演の実施やワークショップ
等の演劇教育プログラムの実施、その他演劇文化の発信など、早稲田小劇
場どらま館事業に活用させていただきます。

<募集対象>
個人:15千円(できましたら2口以上のご協力をお願いします。)
法人・団体:1口の金額は特に定めておりません。

<募集期間>
2015
1月~20183

<寄付銘板への顕彰>
「早稲田小劇場ネクスト・ジェネレーション募金」への寄付金額の累計が
個人10万円以上、法人・団体30万円以上の方々につきましては、早稲田小
劇場どらま館内に設置される寄付銘板にご芳名をしるし、末永く顕彰させ
ていただきます。

「早稲田小劇場どらま館について」
http://www.waseda.jp/student/dramakan/index.html

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
「早稲田小劇場ネクスト・ジェネレーション募金」へのご寄付について
http://kifu.waseda.jp/contribution/university/w_supporters/nextj.html
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】早稲田大学地域交流フォーラムのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本学では、全国のあらゆる地域の方々に本学をより深く知っていただくこ
とを目的として、「早稲田大学地域交流フォーラム」を開催しています。

本フォーラムでは、本学における教育内容紹介や、早稲田大学創立期以来
の伝統をもつ「巡回講話」の流れを汲む本学教員による講演会のほか、各
地域出身学生による学生生活紹介を行います。在学生のご父母の皆様を対
象とした相談コーナーを設けて、お子様の学修や就職に関するご相談やご
質問にお答えします。さらに、本学への進学を希望される中学・高校生や
そのご父母の方々、先生方を対象とした「進学相談会」も実施いたします。


地域交流フォーラム開催予定(5月~7月)

福井県 福井市 2017513日(土)福井商工会議所ビル
高知県 高知市 2017520日(土)ザ クラウンパレス新阪急高知
福島県 福島市 2017527日(土)エルティ ウェディング・
                      パーティ エンポリアム
島根県 松江市 20176 4日(日)皆美館
静岡県 三島市 2017610日(土)東レ総合研修センター
広島県 三次市 2017610日(土)グランラセーレ三次
京都府 京都市 2017611日(日)からすま京都ホテル
滋賀県 大津市 2017624日(土)ロイヤルオークホテル
山梨県 北杜市 2017625日(日)清里 清泉寮
三重県 津市 20177 8日(土)津都ホテル
鹿児島県 鹿児島市 20177 8日(土) 城山観光ホテル
山口県 防府市 2017715日(土)松月
佐賀県 唐津市 2017716日(日)早稲田佐賀中学校・高等学校
福岡県 北九州市2017723日(日) 早稲田大学北九州キャンパス
茨城県 水戸市 2017729日(土)水戸京成ホテル
大分県 大分市 2017730日(日)トキハ会館
宮崎県 宮崎市 2017730日(日)宮崎観光ホテル

各地域の開催日時等詳細につきましては、ウェブサイトをご確認ください。

「地域交流フォーラム開催のお知らせ」
 https://www.waseda.jp/top/about/work/organizations/academic-affairs-division/forum


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】等身大の早大生を紹介「早大生だより」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号の「早大生だより」は、「『早稲田ウィークリー』ぴーぷる」から、
大学生を対象とした英語スピーチコンテストのうち「天野杯全日本大学生
英語弁論大会」をはじめ5つの大会で優勝し、輝かしい結果を収めてきた
小島 瑠莉(こじま るり)さんの記事を紹介します。


「英語そのものよりも論理的思考力、表現力、共感を得られる内容が求め
られるスピーチコンテスト」

<インタビュー(一部抜粋)>

――
準備する中で苦労したことを教えてください。
英語でエッセーを書くことはこれまでも授業などでもありましたが、スピ
ーチは論理的思考力、表現力、オーディエンスに対して共感を得られるよ
うな文章構成力が求められるので、それが通常のエッセーとの一番の違い
であり、一番苦労した点です。

本編は以下URL『早稲田ウィークリー』ぴーぷる)をご覧ください。

『早稲田ウィークリー』ぴーぷる
 https://www.waseda.jp/inst/weekly/attention/2017/04/11/23069/

【小島瑠莉さんのプロフィール】
埼玉県出身。早稲田大学本庄高等学院卒業。韓国のドラマや音楽が好きで、
韓国語の勉強もスタート。勉強を始めて1年で韓国語のスピーチコンテス
トにもチャレンジ。英語でのスピーチとは異なり、「必死に覚えて話す」
というレベルで英語でのスピーチコンテストの数倍も緊張したと語る。


------------------------------------------------------------------
 このメールは、早稲田大学へご支援を賜り、メールアドレスをご登録
いただいている方 にお送りしています。
------------------------------------------------------------------

  【早稲田大学募金ウェブサイト】
   http://kifu.waseda.jp

  【早稲田大学校友ウェブサイト】
http://www.waseda.jp/alumni/index.html

  【早稲田大学公式ツイッタ
   https://twitter.com/waseda_univ

  【早稲田大学公式フェイスブック】
   https://www.facebook.com/WasedaU

  【早稲田ウィークリー(早大生応援誌)】
https://www.waseda.jp/inst/weekly/

  【競技スポーツセンター(早稲田スポーツ)】
   https://www.waseda.jp/inst/athletic/


■■■■■■■■■■
 早 稲 田 大 学 ■■■■■■■■■■
         総長室社会連携課
     external@list.waseda.jp
    http://kifu.waseda.jp


[PR]

# by tnagareyama | 2017-05-13 17:17 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 05月 08日

第8回世界盆栽大会 in さいたま(第80回散策会)

               1963 教育 中川紀子

2019年4月28日

第80回 散策会  メイン会場 1:さいたまスーパーアリーナ

午後1時 さいたま新都心駅集合、12名

10年前 第28回散策会での盆栽村以来2度目の大宮である。改札口を出た時から、そこはもうBONSAI大会一色の熱気、人の波、海外愛好家が多い。

駅前デッキには葛飾北斎作神奈川沖浪裏“を模した巨大なインスタレイション。波頭は無数の白い花々、大波に翻弄される船べりにしがみつく人々はカブ、小松菜、直立した舟にはなぜか深谷ネギ、大胆にしてユーモラス。地産野菜の晴れ舞台となっている。

入場券購入も1時間待ちとあって、先ずは各自長蛇の列の短か目レストランへ。世話人榎本さんはセブンイレブンのおにぎりとは。

a0017183_13371001.jpg



          山本・松井・石橋・奥野・飯田(奥様)・飯田

           西田・秋田谷・菅原・中川・榎本  
                       (敬称略):カメラ(漆野)

2時  12名全員入場できたところで解散、散策開始ならぬ戦闘開始?入り口正面人山で何も見えない、辛うじて「飛龍」の名札が目に入った。

盆栽の歴史:  通路両側の写真と解説を見ながら進む。1300年前中国の壁画に登場に始まり、9,10世紀日本へ渡来。17世紀にはすでに三代将軍家光遺愛の松が残る。江戸後期庶民へと広がり、三代目歌川豊国の浮世絵には艶やかな女たちと盆栽が美を競う。

明治時代:  親愛なる大隈重信公のコレクションの写真、すごい!知らなかった!今回

出品盆栽は「黒松の直幹」。これで稲門会とBONSAI見事にリンクしました。

      

a0017183_13384809.jpg

                   (大隈重信コレクション)
    

   時代やや下りポートレイトは岩崎弥之助。出品盆栽は「いわしで」    

  その下ポートレイトは石油王、中野忠太郎。出品盆栽「日暮らし」

(現存する名品中の名品、我が祖父の遺作の一つである。サブ会場の大宮盆栽美術館に

展示、今回6年振りの公開、と新聞で知った。上記中野、岩崎らパトロンをそして商品の3000余の盆栽を一夜にして失った。あの敗戦から5年後祖父は昇天。陛下の主治医村山先生に脈を執られつつ。誠に稀な美男でもあった。)

「特別展 1」皇居の盆栽:  樹齢500年、600年など素晴しい献上名品も最高の管理の下今日を迎えている。しかし、人垣に阻まれ残念、菊のご紋章の琉球焼きの鉢という声が聞こえたのみ。

「特別展 2」  :  人波におされ 大きな蝦夷松の寄植の前に出られた。NHKや日テレのカメラマンたちも隅っこで立ち往生。そう、来客ファースト!

同展〆の一席 黒松 「鶴寿」に吸い寄せられた。懐かしい。


a0017183_13401218.jpg

                (原爆に耐えた鶴寿)

豪快な立ち上がり、風雪に耐えた木肌、荒々しくも、なお、この静謐。名札「山木 靖雄」、もしや広島の山木 勝氏の?ご子息だった。東西の栽界にあって、共に堂々たる体躯、錦松、黒松等の豪快な樹種を好んだお父上と私の父は盟友でもあった。広島市己斐町で被爆、夫人の背には無数のガラス片が残る。とは、父に連れられ山木園に遊んだ若き日の姉たちの土産話にしてはあまりに痛ましいエピソード。心から離れることはなかった。しかし、感傷に浸るまもなく 立て札発見、「原爆に耐えた黒松」、更に、盆栽に寄り添うように、カラフルな絵本、“Tree for Peace ”も展示されている。黒松の種はアメリカに贈られたとのこと。実生が根を張り、青々と茂るblack pine の葉の上に二度と再びblack rain の降り注ぐことなかれと祈らずにはいられない。出品者は千葉大園芸学部卒、広島県議会議員でもあられる。

300席の盆栽水石展はスルーッと見て、ビデオ「世界のBONSAI紀行」8分間 の映像を楽しむ。ヨーロッパ、南北アメリカ、と世界中の盆栽のレベルの高さに感動する。ラテン諸国の耀さ、東南アジアのマングローブ,ブーゲンビリアなど、ニュージーランドやオーストラリアはどう見ても日本盆栽。意外というか、当然か、盆栽発祥の地中国のそれは明らかに日本盆栽とは異なる表情。。。。全くの主観かもしれないが。

           以下、2日目は 中川氏の個人見学

                  ↓

付記: 第2日目 in さいたま

昨日来られなかったサブ会場の盆栽美術館で「日暮らし」をこの眼に焼き付けておくこと、それと前回散策の折、蔓青園加藤三郎氏から紹介された「神の木」その後を知りたかったから。

あっ、「神の木」が無いっ!此処まで来ないと気付かないとは!呆れて物が言えない。でも散策記を書こう。そこいら中に貼られたポスター、パンフ、握り締めてた入場券、すべてにプリントされている今大会のシンボルBONSAIでした! 彼の時の荒ぶる神は加藤氏のワザの下、華麗なる進化を遂げ、銘「飛龍」、樹齢もやや若返り、1000年。


a0017183_13421483.jpg


                   (昇天の龍)

更にもうひとつ、祖父の愛弟子の孫、阿部大樹さんという若き盆栽作家に会うため。

大宮ではなく福島在住のため、福島テレビが追っていた。師匠の教え、「売ろうと思って

作るな」は三代目に至る現在も家訓として守られている。と初対面の私たちに語る大樹さんの涼やかな瞳にあかるい未来を見た。世界のBONSAI人気に比べ、好況とは思われない日本の業界にあって、ベルギーなどEU諸国においても阿部さんは活躍されている。

最後に、世話人の榎本さんに深くお礼申し上げます。度重なる下見に加え、膝痛の私を南柏出発から終始やさしくエスコートして下さいました。流石はハーバードの修士、この長ったらしい個人情報満載の散策記をエー、長けりゃ長いほどいいんです。と。励まして下さいました。私、鎮痛剤Sを服用して二年ほどになりました。薬剤師に副作用を尋ねたところ、稀に錯乱状態、とのこと。種々不具合、薬害ゆえ・・・・・

                                     (完)

(写真集)

a0017183_13440926.jpg

(平安時代 遣唐使により日本へ伝わる)
a0017183_13450070.jpg

(江戸時代後期 庶民に広まる)
a0017183_13553774.jpg
(小学校の出展)
a0017183_13471210.jpg
                   (大宮盆栽村)


[PR]

# by tnagareyama | 2017-05-08 14:08 | 散策会 | Comments(0)
2017年 04月 26日

俳句の会「交譲葉」29年4月句会報告

1.開催日時  29.4.22(土)10:00~12:00
2.
開催場所  生涯学習センター C―201会議室
3.
参加者   宮内・漆野・青木・小川・森川・菅原・安居の7名      4.兼 題   兼題「若草」
5.
選 句   8点句(1)、7点句(1)、6点句(1)、4点句(1)、
        3点 句(2)、1点句(4)を選句した。

(8点句)
      若草に座して語りし人何処・・・・・・・・夢  心(森川)
a0017183_09463668.jpg
(選評)
 兼題“若草”の句であり今回投句のあった二十一句の中で最高の八点をあげた秀句となった。夢心氏にとっては二か月続けてのことである。句の意味は調べるまでもなく容易であり、情景を思い浮かべ心情を感じることができる。私は“人”とは男性を想起したが、作者は女性を考えていたようだ。あえて性別を限定せず広がりをもたせたことが読む人に受け入れられたのだと思う。来月以降の参考にさせていただきたい。(鷹 嘴)

(7点句)
  1.      若草に寝転んでいる今が好き・・・・・・・菅原 互酬

    a0017183_09483903.jpg

    (選評)

例えば、江戸川の百年堤防の緩やかな若草の斜面に、うららかな春の日差しを浴びて寝転んでいる。空には霞がかかっているかもしれない。そよ風が心地よくほほを撫で、小鳥の囀りがどこからか聞こえてくる。心にかかる憂きこともなく、陶然とした至福のひと時を慈しんでいる。3月の選評で引用した、「すべて世は事も無し」という詩句がまたしても浮かんで来た。(夢 心)

(6点句)

地球の疵覆い隠せよ芝桜・・・・・・・・漆野 達磨

a0017183_09494215.jpg

(選評)

日本の春の季節は百花繚乱、どの花見てもきれいであるが、芝桜の正しく「覆い隠す」姿は、ピンク色で敷きつめた絨毯そのものである。

そんな芝桜に地球のあちこちで争いや自然破壊が起きて、多くの疵跡が出来てしまっている。それらを俳句という17文字で憂慮し幸せを願う、作句者の心の優しさが窺われて、且つ、非常にスケールの大きい俳句であると思う次第である。 
                                   (菅原互酬)

(4点句)

にわたずみ流るる水と春の風・・・・・・菅原 互酬

a0017183_09504449.jpg

(選評) 

にわたずみとは雨水が庭に溜まって流れている様を言う。美しく整えられた日本庭園のそこここにもにわたずみがあり、春風が吹いているのであろうか。いかにも春の風情が彷彿され、詩情を感じる句である。選者はにわたずみが春らしく流れている事に視点を当て

  にわたずみゆるりと流れ春の風は如何かと思うのですが、、、悠閑亭徹心)

(3点句)

・蘖(ひこばえ)や路地の裏にも春が来ぬ・・・・悠閑亭徹心(宮内)  

・舟縁を流れ漂う花筏・・・・・・・・・・・・夢  心(森川)

(1点句)

・ランドセル小さき願い詰め込みて・・・・・・漆野達磨

・東風が吹く心沈めて書を開く・・・・・・・・青木艸寛

・明日見えぬ若草静かショベルカー・・・・・・武  美(小川)

・両岸の花を賞でいる櫓漕ぎ舟・・・・・・・・夢  心(森川)

(投 句)   

若草や吾が青の時去来せり・・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内) 

・若草萌ゆ吾はアキバで萌えにけり・・・・・・悠閑亭徹心(宮内) 

・若草やほつれし鬢に指絡み・・・・・・・・・漆野達磨             

・若草に風の音響き長閑なり・・・・・・・・・青木艸寛 

・春雨に表情変えぬは村地蔵・・・・・・・・・青木艸寛

・満開の桜に等し母子顔・・・・・・・・・・・武  美(小川)

a0017183_09525738.jpg

・両親を門に見送る入学子・・・・・・・・・・武  美(小川)           

・仕事終明日からまいで春休・・・・・・・・・菅原互酬

・若草のセーター羽織る乙女かな・・・・・・・鷹  嘴(安居) 

・薄紅やももとせの春ことほぎぬ・・・・・・・鷹  嘴(安居)

・童子に囲まれたるや春の園・・・・・・・・・鷹  嘴(安居)

6.句会後記(青木 勝代志)

a0017183_09555615.jpg

 俳句の世界に入り、はや5年が経過しました。作句の難しさは、短歌、川柳の比でない気がします。17字であるが故の制約、ルール等、頑固にも手法が語り継がれるゆえんです。今月の句会は、いずれの作品をも、会員それなりの創意、工夫、チャレンジの熱意が理解できます。人それぞれのチャレンジには、敬意を表したいと思います。五年が経過し、今後、どういう果実が実を結ぶかは別として、さらに自分らしさが滲み出る作句に励むことにしたいものです。                            (以上)
[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-26 10:00 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 04月 23日

白井稲門会交流会(流山散策)

平成29年4月23日(日)に白井稲門会との交流会(流山散策)を開催しました。

参加者は、白井稲門会からは佐藤会長はじめ8名が、流山稲門会からは以下の会員9名が参加しました。
(敬称略)鈴木(一) 小沼 宮内 牛島 笠井 高橋(孝)須賀 石井 稲垣

10時に平和台駅に集合し、流山ボランティアガイドの高橋則行会員による案内で、
流山江戸回廊を散策しました。
赤城神社→光明院→一茶双樹記念館→見世蔵→閻魔堂→新撰組陣屋跡→
印旛官員共立学舎跡→浅間神社(富士塚)を2時間かけて散策し、
高橋則行会員の絶妙な説明もあり、参加者は流山の歴史の深さを改めて感じることが出来ました。

12時から平和台の中華飯店「衆」にて懇親会を開催し白井稲門会との更なる交流を深めました。
a0017183_17410465.jpg

赤城神社で記念撮影

a0017183_17415218.jpg

赤城神社大しめ縄
a0017183_17462398.jpg
ボランティアガイドの高橋則行会員
a0017183_17464784.jpg
一茶双樹記念館
a0017183_17465288.jpg
見世蔵
a0017183_17470186.jpg
近藤勇陣屋跡
a0017183_17472319.jpg
平和台「衆」にて懇親会
a0017183_17471197.jpg
高橋幹事長の音頭で乾杯
a0017183_17471580.jpg
2グループに別れて乾杯
a0017183_17471996.jpg
白井稲門会佐藤会長の挨拶でお開きとなりました。

稲垣 滋記 (72年理工卒)



[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-23 18:14 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 04月 22日

野田稲門会総会・講演と音楽の集い ご案内

野田稲門会から講演会の案内が届いています。
出席希望される方は、高橋幹事長までご連絡下さい。
a0017183_11121661.jpg

[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-22 11:13 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 04月 20日

4月例会(プラチナ倶楽部)

◇ プラチナ倶楽部 4月例会 開催 ◇

期日:  4月20日(火) 午後11時15分 
     東武柏駅 東武トップツアーズ前集合

会食場所:ル・クープル  Le Couple
a0017183_15212975.jpg














参加メンバー:右前より 石塚哲夫さん  水上春男さん  高林直樹さん   
      左前より 青山清治さん  鈴木一嘉
a0017183_152792.jpg





飲み物: スパークリングワイン・赤ワインほか
a0017183_15335730.jpg












料理: アフェールコース(税込¥2,592)

 
 サーモンオードブル
a0017183_15345499.jpg
a0017183_1535391.jpg




























 メインディッシュ(牛肉)
a0017183_15363214.jpg
a0017183_15371248.jpg





























 コーヒー or 紅茶(レモン or ミルク)
a0017183_1537515.jpg















会食の話題提供は 2017年高校別入試合格者数の順位表について 確認をしました。
最近の高校の変遷についても 近隣県の状況を 語り合いました。

本日は 好天の中、「評判のル・クープル」に行きました。
時間が早いこともあり、残席が珍しくありました。
ご家族等で行くときには ランチコースの『通常¥3,000(税込み¥3,240)コース』を
お勧めします。(要 予約)


オーナーシェフの紹介は次の通り。
佐々木清恭氏= レジャンス・ド・パリで副料理長を務め、その後フランスに渡り、3件の3星レストラン(ローベルガード)(ポールボキューズ) (ピエールガニエール)で 更に腕を磨く。
帰国後、ベル・フランスに籍を置き、その後ポールボキューズトーキョーの総料長に就任。
その間テレビ番組の料理の鉄人、チューボーですよなどに出演。
1999年に地元の柏でレストラン ル・クープルを開店。
三国氏率いるキッズシェフの会員。

              鈴木 一嘉 (野々下  1965年商学部卒)
[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-20 15:53 | プラチナ倶楽部 | Comments(0)
2017年 04月 19日

船橋稲門会講演会のご案内(5月20日)

船橋稲門会から講演会の案内が届いています。
出席希望される方は、高橋幹事長までご連絡下さい。
a0017183_20110957.jpg


[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-19 20:15 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 04月 15日

駅シネマ同好会で『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』を観ました

 ~嶋沢伶衣子(1981年文学部卒)

a0017183_09273706.jpg


*4月2日に、駅シネマ同好会の第40会映画鑑賞会で『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』を観ました。

今回は、当同好会会員の鈴木・内木・嶋沢に加えて、松井・村岡・河合・遠山・小林・髙橋・牛島(敬称略)の7名が”ゲスト参加”して下さいました。 帰りに「庄や」に寄って 感想や考察などを語り合い、大変盛り上がりました。ゲストの皆さま、ありがとうございました。m(_ _ )m

『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』スタッフ・俳優

監督 パブロ・ラライン

脚本 ノア・オッペンハイム

キャスト

   ナタリー・ポートマン~ジャクリーン・ケネディ(ジャッキー)

   キャスパー・フィリップソン~ジョン・F・ケネディ

   ピーター・サースガード~ロバート・F・ケネディ(ボビー)

   ジョン・キャロル・リンチ~ジョンソン副大統領→大統領に就任

   ベス・グラント~ジョンソン副大統領夫人→大統領夫人

   グレタ・ガーウィグ~ナンシー・タッカーマン、ホワイトハウスの秘書

   ビリー・クラダップ~雑誌「ライフ」の記者

   マックス・カセラ~ジャック・ヴァレンティ、暗殺を目撃した映画人

   リチャード・グラント~ウィリアム(ビル)、JFKとジャッキーの友人

   ジョン・ハート~ジャッキーが苦悩を打ち明けた 神父

a0017183_09302041.jpg



『ジャッキー 』ストーリー(触りだけ)

19631122日、ダラス。この日を境にジャッキーの人生は激変した。夫の死を悼む間もないまま、彼女はエアフォースワンの機内で 副大統領の大統領就任式に立ち会い、諸々の急務に対応し、ホワイトハウスを出る準備を進めた。”JFK”の名が後世まで語り継がれるか否かは、葬儀までの4日間のジャッキーにかかっていた…!

a0017183_09305391.jpg

『ジャッキー』の良かった点

今作でも「アカデミー主演女優賞」にノミネートされたナタリー・ポートマン、彼女の迫真の演技に圧倒されました!ジャッキーは”ファーストレディ”ーとして公的な振舞いを求められましたが、想像を絶する体験をして心身のバランスを失っていきました。極限状態に追い詰められた彼女を ナタリー・ポートマンが熱演しました。内面描写だけでなく、ジャッキーのささやく様な口調や仕草や血染めのシャネルスーツ等も、よく再現されていたと思います。

"There will be great presidents again, butthere will never be another Camelot. Don't let it be forgotten that for onebrief shining moment, there was a Camelot. There won't be another Camelot."ジャッキーはアーサー王のキャメロットを引用して、”束の間の輝かしい時”をケネディ政権の「代名詞」にしました。ケネディが愛した「キャメロット」の曲が流れる中、ジャッキーがホワイトハウスを彷徨うシーンは、美しくも悲しかったです。夫妻が「キャメロット」に合わせて踊るエンドロールも、印象的でした。

『ジャッキー』の今一つ、今二つだった点

けれども、この作品を客観的に振り返ると、今一つ(今二つ)だったように思えます。

ジャッキーは 、雑誌「ライフ」の記者との対談中に、自分がしゃべりすぎた部分や公けにしたくない箇所などを削除/編集しました。この映画が”ジャッキーの編集”に基づいて作られたとするならば、作品を掘り下げたり発展させたり盛り上げるのが難しかったのではないでしょうか?

また、ケネディ暗殺をリアルタイムで知らない世代 /キャメロット(輝かしい時)のアメリカを知らない世代は、なかなか感情移入できないのではないでしょうか?

知り合いの40代の英国人と20代のアメリカ人に『ジャッキー』の感想を聞いたところ、ケネディ家の重みを知る 当時のアメリカ人しか 映画についていけないだろう、との事でした。

「庄や」で盛り上がりました♪

*映画を観た後、みんなで おおたかの森SC隣りの「庄や」に行きました。

映画『ジャッキー』に関連したエピソードやインシデント(ベルリンの壁/キューバ危機/ケネディ暗殺/冷戦等々)を語り合い、大いに盛り上がりました。

駅シネマ同好会の皆さま&ゲストの皆さま、これからも映画を観て語り合いたいので、よろしくお願い致します。ゲスト参加や新規入会も大歓迎ですので、お気軽にお問合せ下さい。m(_ _)m

Tel: 080-1123-8222 E-mail: cosmo_reiko_0915@yahoo.co.jp

駅シネマ同好会:嶋沢 伶衣子(しまざわ れいこ)

関連記事「リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点(100年の偶然?)」➡駅シネマ同好会『少年H』を観ました」の記事の下に、両大統領の共通点を書きました。

URLはコチラ➡ http://tnagareyam.exblog.jp/18390992/


[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-15 09:31 | 駅シネマ | Comments(0)
2017年 04月 11日

アンデルセン公園散策(第79回)


第79回 散策記(アンデルセン公園)


(64年商卒 山本 正紀)


3月31日()天気予報は18時以降雨との予想。


天気を気にしながら、アンデルセン公園バス停で降り北ゲートに向かう。


ゲート横の駐車場は車が満杯。園内は混雑しているのではないかと心配しながら改札口に向かう。改札に入る前に参加者全員の集合写真を撮る。


参加者全員が年齢を証明するものを提示し入場料なしで公園に入場する。入場した時点で次の事項について連絡。


公園内は広域であり団体行動をとるのは無理があると思われる。集合時間に北ゲートに集合して貰いたい。集合時間に間に合わない等の場合は各自の判断で帰路につくこと。

a0017183_09111577.jpg


写真(敬称略) 


前列 村岡夫人、工藤、菅原、


後列 高森、村岡、勝山夫人、石橋、勝山、榎本、鈴木、秋田谷


入口を入ると大阪万博公園にある「太陽の塔」に似た、岡本太郎の「平和を呼


ぶ」像があり、桜並木が続く。桜は花芽が少し色づく程度で花見をするには時期尚早であった。


「ワンパク王国」を横目に見ながら「自然体験ゾーン」に入る。


「自然体験ゾーン」は、広葉樹が主体となっており散策路が林の中をめぐるように配置されていた。ところどころに新しく設置されたと思われるベンチが配置されていた。自然体験ゾーンから田んぼや湿地がある「里山の水辺」ゾーンに下る。「自然体験ゾーン」と「里山の水辺」とも春未だしの感があり。「自然体験ゾーン」の広葉樹の木々は、新芽が萌え始めたばかりで樹々の根本は落葉が一面を覆っていた。里山の田圃は稲株が枯れたまま、「ため池」は水草が生えていない状況であったが「自然体験ゾーン」は新緑の時期や紅葉の時期は一見の価値があるのではないかといた思われる。


この2つのゾーンでは他の散策者をほとんど見かけず、我が散策会のみが散策していた。


a0017183_14560643.jpg


「里山の水辺」から「花の城ゾーン」「メルヘンの丘ゾーン」に向かう途中路はボート池の端と接し、池には数隻のボートが出ていた。またボート池の上にアーチ状の「太陽の橋」と呼ばれる橋が架かっており印象に残る景色であった。


「花の城ゾーン」「メルヘンの丘ゾーン」は色鮮やかな花を寄せ植えした鉢が数多く整然と配列されていた。


途中でぽつりと雨が落ちて来る。


「メルヘンの丘ゾーン」にある「コミュニティセンター」に立ち寄る頃には小雨状態になる。



a0017183_15044022.jpg

「コミュニティセンター」を出てから「メルヘンゾーン」と「ワンパク王国」をつなぐ「太陽の橋」を渡るメンバー、「童話館」に立ち寄るメンバー等があり、数人ごとに自由行動となった。 


私たちのグループは「レストハウス・メルヘン」で喫茶の後「ワンパク王国」を経由して集合場所に向かう。入場時満杯であった駐車場も数台が駐車しているだけになっていた。


3時50分頃集合場所に早く帰られた2名を除き全員が揃ったので予定より20分ほど早く帰路についた。


今回の散策会は桜の開花が遅れておりつぼみも固いまま。途中から雨になるなど残念な散策会であった。


以上




[PR]

# by tnagareyama | 2017-04-11 09:23 | 散策会 | Comments(0)
2017年 03月 29日

第15回流山稲門会総会開催される

今年の第15回流山稲門会総会及び懇親会は318日(土)午前11時より「柏日本閣」で行われ、

来賓17名、学生3名を含む総勢106名が出席されました。

a0017183_20554115.jpg

 今年の総会はウエルカム・ミュージックからスタート。

「サントワ・マミー」「慕情」「テネシー・ワルツ」の3曲がサックスで演奏され、

a0017183_20571102.jpg

ついで大正琴の演奏に移り、「都の西北」が8小節そして「エーゲ海の真珠」「さよならはダンスの後に」「日曜日はだめよ」と続き、

a0017183_20585167.jpg

大正琴の懐かしい音色に総会参加者は聞き惚れました。

演奏は好音会。予想外の演出に会場は最初から大盛り上がりでした。


People Meet People」を合言葉に掲げ、

「会員の共感を高め、地域社会にコミットする」ことをスローガンとする

流山稲門会らしい総会となりました。


  第1部 総会

a0017183_21004976.jpg

 宮内副会長の開会の言葉に続き

a0017183_21011978.jpg

水上会長の挨拶、物故会員の黙祷から始まりました。

a0017183_21014927.jpg

司会は例年通り嶋沢怜衣子幹事が務め、

その軽妙な司会ぶりは流山稲門会の宝ですねと来賓から評価されました。

a0017183_21022731.jpg

 牛島副会長が議長に選任され議事に入り、

a0017183_21025903.jpg

高橋幹事長が「平成28年事業報告」、

a0017183_21032728.jpg

大汐会計幹事より「会計報告」、

a0017183_21035807.jpg

山本監査役より「監査報告」があり、

次いで同幹事長より「平成29年度活動計画及び予算」が提案され、

万場異議なく承認されました。

a0017183_21050090.jpg

 議事終了後、来賓の「早稲田大学守田 芳秋常任理事」から

大学の現況を交えたご挨拶があり、

a0017183_21053293.jpg

次に千葉県支部からは「田中 博昭副支部長」の

千葉県支部だよりなどのご挨拶がありました。

a0017183_21063007.jpg

続いて流山市地域社会貢献功労者の表彰があり、

a0017183_21070507.jpg

今年は「新佐古 剛人会員(10 教 南流山)

a0017183_21074316.jpg

「明日も平和であるためにを推進する会」

a0017183_21082297.jpg

「水野 冶太郎会員(64 法研 向小金)」が表彰されました。


 第2部 講演会


 講演は流山市在住で、世界的に活躍している万華鏡作家「中里 保子」さん。

a0017183_21093314.jpg

創造とテクノロジーの融合“華麗で不思議な万華鏡ワールド”と題し、万華鏡の歴史、万華鏡の魅力、何故中里さんが万華鏡に魅せられたか、万華鏡のこれから、京都で開催される世界万華鏡大会について美しい画像を多数使用しての講演がありました。

a0017183_21120330.jpg
a0017183_21102113.jpg
a0017183_21105105.jpg
会場にはコンベンションでグランプリを獲得した作品が5点展示され、
中里さん自らの説明に、参加者一同は万華鏡の不思議な世界に引き込まれました。



第3部 懇親会

a0017183_21113489.jpg

「早稲田大学松尾 亜弓地域コーディネーター」の来賓ご挨拶、

a0017183_21132662.jpg

パワーポイントを利用した近隣稲門会からの来賓紹介と続き、

a0017183_21141535.jpg

「松戸稲門会丸山 佳延会長」による乾杯の音頭で懇親会がスタートしました。

今年もビールは飲み放題、流山の清酒、焼酎などが振る舞われ、

前菜、スープ、メイン(肉&魚)、パン、デザートという

フレンチのフル・コースを満喫しました。 

a0017183_21145406.jpg

懇談の途中で高橋幹事長から7つの地区分科会の紹介、

a0017183_21152495.jpg

小太刀副幹事長から同好会が紹介されました。

a0017183_21160174.jpg
次いで、今回の総会の初参加者8(会員5名、学生3)が壇上に上がり、

a0017183_21164432.jpg
a0017183_21172214.jpg
笠井副会長と嶋沢幹事からユーモアを交えた紹介がなされました。

a0017183_21184007.jpg

 初企画の若手アピールタイムでは、

今流山稲門会で最も有名な会員である「尾崎 えり子会(06 法 長崎)」が

展開する就労支援事業「トリスト」の説明、

a0017183_21191640.jpg

司法書士として活躍する「大澤拓郎会員(01 教 市野谷)」から仕事の説明がありました。

a0017183_21200748.jpg
又、若手現役世代の学縁、地縁を深めようと発足した「若手有志の会」の活動状況が
「池田 健二会員(96 政経 加)」から紹介されました。

a0017183_21210713.jpg

 最後の企画は「WASEJOくらぶ」による「世界遺産」からの三択クイズ。

a0017183_21222695.jpg

10問をテーブル毎に競い合い、

a0017183_21230698.jpg

1位が全問正解の若手会員・学生チーム、

a0017183_21234484.jpg
a0017183_21240800.jpg

2位が4チームもあり、抽選で賞品を決めました。

a0017183_21245678.jpg
a0017183_21254016.jpg
 恒例の校歌斉唱は大学の応援部の動画を活用し、

a0017183_21260875.jpg

小沼副会長が最後に感謝の気持ちを述べるとともに

来年の総会は325()であることをお伝えし、お開きとなりました。


 流山稲門会の総会、懇親会は手前味噌ながら内容が非常に充実しており

かつ参加会員の皆様がアットホームな雰囲気を醸しだしております。

未だ出席されていない会員の方も多数おられると思いますが、

来年は是非参加してみてください。役員一同お待ちしております。

                          (71年 政経 笹本悦郎 記)


[PR]

# by tnagareyama | 2017-03-29 21:42 | 総会・交流会 | Comments(0)
2017年 03月 28日

俳句の会 「交譲葉」29年3月句会報告

a0017183_16285818.jpg
a0017183_16305943.jpg
a0017183_16333670.jpg


[PR]

# by tnagareyama | 2017-03-28 16:35 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 03月 28日

俳句の会 「交譲葉」29年3月句会報告

a0017183_16285818.jpg
a0017183_16305943.jpg
a0017183_16333670.jpg


[PR]

# by tnagareyama | 2017-03-28 16:35 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 03月 27日

俳句の会 「交譲葉」29.1月句会報告

a0017183_09532657.jpg
a0017183_09535965.jpg
a0017183_09552326.jpg

[PR]

# by tnagareyama | 2017-03-27 09:58 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 03月 23日

早稲田大学/メールマガジンvol.10 (2017/3/23号)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     世界へ貢献する大学であり続けるために
         SUPPORT TOWASEDA
       http://kifu.waseda.jp
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
────────────◆◇INDEX◇◆─────────────

【1】早稲田大学の研究力が世界で高く評価されました
    ~研究分野別の世界大学ランキングで躍進~

【2】早稲田大学ジャーナリズム研究所による
             本学第1号のクラウド・ファンディング

【3】「関西 稲門経済人の集い2017」が盛大に開催されました

【4】早稲田大学国際学生寮(WISH)が開設4年目を迎えました

【5】「早稲田大学古本募金(ワセボン)」好評受付中!
~春のご卒業・お引越しキャンペーン実施中~

【6】「パプアニューギニアとの出会い
             ~早稲田大学収蔵コレクション~」開催

【7】2016年度卒業式等、2017年度入学式のご案内

【8】「3.11から6年」~等身大の早大生を紹介「早大生だより」~

└──────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】早稲田大学の研究力が世界で高く評価されました
    ~研究分野別の世界大学ランキングで躍進~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界的に影響力の大きい大学ランキングを作成・発表している英国のQS
Quacquarelli Symonds)社が、研究分野別のランキング
QS World University Rankings by Subject 2017」を発表し、本学は
46分野のうち前年の3倍となる9分野が100位以内に入りました。

本学は、2014年度に採択されたスーパーグローバル大学創成支援事業
Waseda Ocean構想」において、2023年度までに18分野を世界ランキ
ング100位以内にランクインさせることを目標としています。
そのため、特に評価が高い6つの研究分野(国際日本学、実証政治経済
学、健康スポーツ科学、ICT・ロボット工学、ナノ・エネルギー、数物
系科学)をモデル拠点として選定し、先行的に集中投資を行い、先端的
な研究を進めてきました。
今回のランキングにおいても、これらモデル拠点に関係する分野を中心
にランクを上げており、例えば、健康スポーツ科学拠点と関係の深い、
新設の「Sports-related Subjects」が今回のランキングにおいて世界
19位、国内1位となるなど、各モデル拠点における先行的かつ積極
的な取組みが着実に成果に結びついてきているものと考えています。

また、対象を200位以内に広げると24分野(昨年は21分野)がランク
イン、一定の点数を獲得しなければランクが付かないなか、27分野(昨
年は23分野)にランクが付いています。
さらに、46分野は大きく5つのエリアにまとめられており、人文科学、
社会科学・経営学についてはそれぞれ世界で45位、59位、またいずれ
も国内3位と非常に高い評価を得ています。

今回の結果は、本学の研究力が世界的に高く評価されていることに加え、
本学の有する総合性も高く評価されていることを示しており、前述の目
標達成に向け、大きく弾みをつけるものとなりました。

Waseda Vision 150
では、13の核心戦略の1つとして「独創的研究の推
進と国際発信力の強化」を掲げています。世界を牽引し世界に貢献する
大学であり続けるため、今後より一層の改革を推進してまいります。

◆早稲田大学ウェブサイト
「分野別の世界大学ランキングで躍進 9分野が100位以内にランクイン」
https://www.waseda.jp/top/news/49261

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】早稲田大学ジャーナリズム研究所による
              本学第1号のクラウド・ファンディング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
早稲田大学ジャーナリズム研究所は、ジャーナリズムに関する調査研究、
教育活動、社会活動を通じて、ジャーナリズムの改善と発展に貢献する
ことを目的としており、当研究所が運営する調査報道メディアである
「ワセダクロニクル」の運営資金を今後全て寄付金によってまかなうこ
とで独立した活動を続けていく予定です。

持続可能な調査報道モデルの確立をめざして、通常の指定寄付に加え、
本学第1号となるクラウド・ファンディング(*)による寄付も開始し
ており、注目を集めております。

また、本プロジェクトには現役学生も参加しています。プロの指導のも
とで学生も取材を担い、実践を通じた経験を積んでいく機会も創出して
おり、寄付による資金は教育的機能を担う活動にも活用されております。

◆早稲田大学ジャーナリズム研究所ウェブサイト
http://www.hanadataz.jp/index.html

◆早稲田大学ジャーナリズム研究所のクラウド・ファンディングのご紹介
https://motion-gallery.net/projects/waseda-journalism

*クラウドファンディング(Crowdfunding)とは…
群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、クリエイ
ターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの
「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資
金の出資や協力を募ること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】「関西 稲門経済人の集い2017」が盛大に開催されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017
33日(金)に、関西を中心とした西日本地方の経済界でご活
躍されている本学出身の皆さまをお招きし、「関西 稲門経済人の集い2017
を開催いたしました。
大学の今をお伝えし、経済人同士の親睦を深めることを目的としたこの
会は、今回で5回目の開催となり、約100名もの経済人の皆さまにお集
まりいただきました。

1部は、鎌田総長の開会のあいさつではじまり、早稲田大学政治経済
学術院 戸堂康之教授による「日本の長期的・持続的経済成長のために
何をすべきか-世界の企業ネットワークの分析から-」と題した講演が
行なわれました。
続いて、島田副総長より、多機能型スポーツアリーナとして建設が進む
「早稲田アリーナ」について紹介がありました。

2部の交流会では、応援部による『紺碧の空』でスタートした後、近
鉄グループホールディングス株式会社代表取締役会長・近畿日本鉄道株
式会社代表取締役会長である小林哲也様からのごあいさつに加え、阪急
阪神ホールディングス株式会社代表取締役社長・阪急電鉄株式会社代表
取締役会長である角和夫様から乾杯のご発声をいただきました。

会の中盤には、特別ゲストの元サッカー日本代表の釜本邦茂様や、九州
の経済人を代表し、株式会社西日本新聞社取締役会長の川崎隆生様から
もごあいさつをいただきました。ごあいさつをいただいた皆様からは、
学生時代のエピソードや叱咤激励を交えつつ、今後の早稲田大学に対す
る期待の言葉をいただきました。

最後は全員で『早稲田大学校歌』を斉唱し、盛会のうちに幕を閉じまし
た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】早稲田大学国際学生寮(WISH)が開設4年目を迎えました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014
3月に「早稲田大学中野国際コミュニティプラザ」にオープンし
た早稲田大学国際学生寮「WISHWasedaInternational Student House)」
が、おかげさまで開設4年目を迎え、来る4月から新しい生活を始める
新入生もぞくぞくと入寮しております。

WISH
では、多様な価値観を持つ約900名の日本人学生と留学生が、共に
学び、生活することにより、幅広い人間関係が形成されることを期待し
ています。そのため、社会のニーズに応え得る人材となるため、将来に
必須となる能力を磨く「Social IntelligenceSI)プログラム」を実
施し、すべての寮生に参加を義務付けています。

※本学では、WASEDAサポーターズ倶楽部を通じて、寮生の国際化に対す
る一層の意識向上と経済的負担の低減のためのご支援をお願いしており
ます。

[Resident's Voice]
 WISHで生活する寮生の生の声をお聞きください。
https://www.waseda.jp/inst/rlc/wish/voice/

◆早稲田大学レジデンスセンターウェブサイト
Waseda International Student House(国際学生寮 WISH)」
https://www.waseda.jp/inst/rlc/wish/

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
          WASEDAサポーターズ倶楽部
(中野国際コミュニティプラザ~国際学生寮(WISH)寮費低減支援~)
           へのご寄付について
http://kifu.waseda.jp/contribution/university/w_supporters/nakano.html
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】「早稲田大学古本募金(ワセボン)」好評受付中!
~春のご卒業・お引越しキャンペーン実施中~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「早稲田大学古本募金(ワセボン)」は読み終えた書籍類(書籍・DVD
CD
等)の売却代金を早稲田大学の教育・研究に役立てる寄付制度です。
不要になった書籍類が大学への寄付と形をかえます。寄付金は学生支援
および教育研究活動に活用させていただきます。

ご自宅では段ボール箱に詰めて申込み(電話またはウェブサイト)をす
るだけ。(5点以上で送料無料です。)宅配業者がご指定の時間帯に伺い
ます。詳細は以下のURLをご覧ください。

3
1日(水)から430日(日)まで、買取金額が10%アップする
「春のご卒業・お引越しキャンペーン」を実施しております。
この機会にぜひご活用ください。

◆早稲田大学古本募金(ワセボン)ウェブサイト
http://www.furuhon-bokin.jp/waseda/

<お申込み先 株式会社バリューブックス>
電話でのお申込み:0120-826-292
ウェブサイトからのお申込み:https://www.furuhon-bokin.jp/waseda/apply/
※「早稲田大学古本募金(ワセボン)」は学校法人早稲田大学と株式会
 社バリューブックスが共同して実施しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】「パプアニューギニアとの出会い
              ~早稲田大学収蔵コレクション~」開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010
年に埼玉県鶴ヶ島市より本学へと寄贈されたオセアニア民族造形美
術品を紹介する展覧会を開催いたします。

パプアニューギニアの精霊像や仮面など、大変貴重な資料と共に本学考
古学研究室による現地調査の様子もご覧いただけます。
現代に息づくプリミティヴアートの世界をお楽しみください。

日時:322日(水)~ 425日(火)10:0018:00
   ※49日(日)、16日(日)、23日(日)は休室
会場:早稲田キャンパス大隈記念タワー(26号館)10125記念室

◆早稲田文化ウェブサイト
https://www.waseda.jp/culture/news/2017/02/28/2853/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】2016年度卒業式等、2017年度入学式のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この春の「卒業式・修了式および学位授与式」・「入学式」は、以下の
通り行う予定です。学部・研究科によって日時、式場が異なりますので、
ご確認ください。

◆早稲田大学ウェブサイト「2016年度卒業式・修了式等のご案内」
https://www.waseda.jp/top/news/45459

◆早稲田大学ウェブサイト「2017年度入学式のご案内」
https://www.waseda.jp/top/news/48362

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】「3.11から6年」~等身大の早大生を紹介「早大生だより」~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WASEDA
サポーターズ倶楽部では、寄付金の一部をもとに「WSCメンバー
ズ基金」を創設し、学生支援に活用させていただいております。

今号の「早大生だより」は、WSCサポーターズ基金による「東日本大震
災復興支援スポーツボランティア事業への支援」により、24日(土)
5日(日)の2日間、宮城県石巻西高校へバスケットボール部の指導
に赴いた早稲田大学バスケットボール女子部に所属している安藤友里恵
さん(スポーツ科学部1年)に執筆いただきました。
※宮城県石巻西高校との同交流は2014年度から続いています。


                 スポーツ科学部1年 安藤友里恵

2011
311日(金)午後246分。
東北に起こった悪夢。家も車も人も思い出も一瞬にして津波に飲み込ま
れ、全てを流していった東日本大震災。当時、まだ中学1年生だった私
は、テレビに映る見たことのない光景に衝撃を受けました。あれから6
年。ずっと心の中で「何か東北のためにしたい」と思っており、今回の
お話をいただいた時は迷わず「行きたいです!」と即答しました。

最初に訪れたのは日和山公園で、石巻市内を一望できる場所でした。日
和山は「命の山」と言われており、震災当日に多くの人がこの山に逃れ
て助かったそうです。かなり復興は進んでおり、瓦礫などはありません
でしたが、まったく建て直しができていないところもあり、全てが元通
りとなるにはまだまだ時間がかかると思いました。

次に訪れたのは大川小学校です。全校児童108人の約7割に当たる74
が死亡もしくは行方不明になったそうです。校舎は全壊、近くの橋は大
きく曲がって倒れており、元の姿は跡形もなくなっていました。津波に
よってここまで全て失ってしまうのかと絶望しました。あの日から、何
一つ時間が動いていないように感じ、多くの子供たちの夢や希望を奪っ
た震災に憎しみを覚えるほどでした。

宮城県の街並みは少しずつ復興してきていますが、きっと被害にあった
方々の心は復興しきれていないのではないかと思います。それでも前向
きに笑顔でいる人達に今回たくさん出会えることができました。震災の
被害と宮城県の人達の元気な姿を決して忘れてはいけないと感じました。

今回で得た貴重な経験を、自分にも周りにも繋げていきたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、早稲田大学にご支援を賜り、メールアドレスをご登録い
ただいている方にお送りしています。
――――――――――――――――――――――――――――――――

  【早稲田大学募金ウェブサイト】
   http://kifu.waseda.jp

  【早稲田大学校友ウェブサイト】
http://www.waseda.jp/alumni/index.html

  【早稲田大学公式ツイッタ―】
   https://twitter.com/waseda_univ

  【早稲田大学公式フェイスブック】
   https://www.facebook.com/WasedaU

  【早稲田ウィークリー(早大生応援誌)】
https://www.waseda.jp/inst/weekly/

  【競技スポーツセンター(早稲田スポーツ)】
   https://www.waseda.jp/inst/athletic/

■■■■■■■■■■ 早 稲 田 大 学 ■■■■■■■■■■
         総長室社会連携課
     external@list.waseda.jp
    http://kifu.waseda.jp


[PR]

# by tnagareyama | 2017-03-23 21:03 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 03月 02日

俳句の会「交譲葉」29年2月句会報告

  1. 開催日時  29.2.25(土)10:00~12:00

  2. 開催場所  生涯学習センター C―201会議室

  3. 参加者   宮内・小西・漆野・青木・小川・森川・菅原の7名      

  4. 兼 題   兼題「梅」

  5. 選 句   12点句(1)、9点句(1)、4点句(1)、3点句(1)、
          2点句(2)
    1点句(8)を選句した。

    (12点句)

    寒月や鉄路保守の火煌々と・・・・・・・・悠閑亭徹心(宮内)

 
(選評)  

雪国の鉄道では、線路の分岐点が凍り付いてポイントの切り替えが出来なくことがある。これを防ぐために、分岐部分にカンテラを置いて灯油を燃やして暖めている。その火がきらきらと輝いているのである。見上げると寒空に月が冴え返っている。厳しい冬の夜の幻想的な景色が浮かんでくる。 

           (夢  心)

(9点句)

 大白梅いよいよ空と境なく・・・・・・・・武   美(小川)

  

             (選評)

 我々は「大」という漢字をいかにしたら使いこなせるか。この句は、大に始まりますが、大の意味するものは、梅園の白色が集まって、天まで届くさまを極めて簡潔に表現しています。満開の梅林をご覧になった人であれば、この句を詠むと、たちまちに脳裏に焼き付いた光景が瞼によみがえってくるは

ずです。(青木 艸寛)

(4点句)

  うぐいすや首ふり尻振り泣いて見せ・・・青木 艸寛

            (選評) 






 鶯を詠むのに、声ではなく声を出す時の体の動きに
焦点を当てていることに驚きました。その動きが具体的でリズミカルに詠まれているので、その場に立ち会っているように思え、楽しく春らしい軽妙な心持ちになります。また、『見せ』が、鳴くの待っている人間に鶯が同情して鳴いてくれたようで、この視点も面白いと思いました。詠み手が『鳴く』では無く『泣く』を用いたのは、早春の鶯の「キョキョキョキョ」が人間の泣き声のように聞こえるからだそうです。
 一文字に込めた思い。俳句の楽しさです。(武  美)

(3点句)

・春めくや喃語遠くに電車旅・・・・・・・・武   美

(2点句)

鶯の丘陵消えてホーム建ち ・・・・・・・小西 小牧

・右からの初鶯に笑む媼・・・・・・・・・・武   美

(1点句)

  凍て空を一人仰ぎし静心 ・・・・・・・・ 小西 小牧

・亀鳴くや愚かな民は何処なり・・・・・・・漆野 達磨

・あたたかし一人待つ身の銀座かな・・・・・漆野 達磨

・鶯の今日も来鳴かず暮れにけり・・・・・・夢   心

・初めての痛風発作春立つ日・・・・・・・・夢   心

・鶯や頻頻(しくしく)鳴けど僧見えず・・・菅原 互酬

   ・舞う雪や思わず触れる手慰さみ・・・・・・菅原 互酬

土の中隠るるやふに蕗の薹・・・・・・・・鷹   嘴 

(投 句)   

鶯をスマホで鳴かせ春浅し・・・・・・・・悠閑亭徹心 

・春立ちぬ気持ちに喝を入れ直し・・・・・・悠閑亭徹心  

雪像を壊すを見せる新ツアー・・・・・・・小西 小牧   

・鶯や目で追う母の園児バス・・・・・・・・漆野 達磨                  

・春寒し童の足も速くなり・・・・・・・・・青木 艸寛

・椿散り水面が輪となる静けさや・・・・・・青木 艸寛              

・登校の児童こぞってマスク付け・・・・・・夢   心

・節分や除災招福身に受ける・・・・・・・・菅原 互酬

    ・鶯の聞こゆる方へ居を構ふ・・・・・・・・鷹   嘴

前脛に灸を据えたる二月哉・・・・・・・・鷹   嘴

       

  1. 句会後記(悠閑亭徹心)

     本日は“みずのとひつじ・八白大安” 折からの快晴、気温も18,句会会場「流山エルズ」2階会議室から見る窓外には早春の気充つ。漆野世話人の選句集計の間、結果発表を待つ吾人一同扨自句の評価は、自選句の結果はと思いを巡らす。世話人は”本日は稀な結果となり、12点句と9点句の両句が秀句のみで選句されました。(同人は3句選出し、その中の1句を秀句とする。秀句は3点句に計算、他2句は1点句となる)“と告げ、次いで他得点句を発表。その結果に刮目後、個々の句作ごとに自作の弁と全員での講評タイム。アドバイス、蘊蓄が語られるこの時間は楽しい。

     句調をより高め、伝えたい事をより理解して貰うためには,”下五を上五と入れ替え,切字とする方が良いのでは“、”この語は漢字よりも平仮名が相応しいのでは”,“季重なりだが、この語は季節感を表現ではないからよいのでは”云々。自分の知らなかった言葉とその意味、使用例等を知り知識が拡大し拡張する気がする。

     次回3月句会の兼題は”春雨”、復楽しい句会が持てる事を楽しみに。

        
                             (以上)           

                             
[PR]

# by tnagareyama | 2017-03-02 14:26 | 俳句の会「交譲葉」 | Comments(0)
2017年 02月 16日

2017年2月 例会

◆プラチナ俱楽部 2月例会開催◆

日時: 2月16日(木) 午前11時~午後1時


場所: 沖縄地料理「龍 潭」<高島屋新館 9F>

a0017183_18424976.jpg























<集合写真>
 右前方より 高林 直樹さん・鈴木 常雄さん・石塚 哲夫さん・飯田 英則さん・西川 桂子さん
 左前方より 水上 春男さん・青山 清治さん・近藤 郁雄さん・鈴木 一嘉

a0017183_18443274.jpg























<料 理> 沖縄の色々な料理を少しずつ楽しめる御膳でした。
◆歓 会 御 膳 料理内容◆
・小鉢三種盛り (ミミガーピーナッツ和え、クーブイリチー、白和え)
・青パパイヤのシリシリーサラダ
・ラフテー、ゴーヤー青煮
・ジーマーミ豆腐
・ひとくちゴーヤーチャンプルー
・もずく酢
・ご飯(ジューシー)
・沖縄そば(小)
・漬物二種盛り
・選べるデザート(サトウキビアイスorマンゴーアイスor紅芋アイス)

◆海ブドウ(別の代表的な物を 単品注文しました。)

a0017183_18451550.jpg
a0017183_18474078.jpg
























◆飲み物:
 オリオンビール生中ジョッキ・
 オリオンクリアフリー 
  をチョイス
(泡盛を注文する人が居ませんでした。)




<話題提供> 第一生命「サラリーマン川柳 100選」
 食事中の話題の一つ


昨年行ったお店:
 (2月) 柏の葉・漁師の里  (4月) 流山・かねき   (6月) 長崎・ふじ波 
 (10月) 柏・穏香  (12月) 野田・コメスタ ⇒酷暑8月以外の偶数月の木曜日の昼開催

              (鈴木 一嘉  野々下  1965年商)
[PR]

# by tnagareyama | 2017-02-16 19:04 | プラチナ倶楽部 | Comments(0)
2017年 02月 07日

早稲田大学総長室社会連携課(募金担当)メールマガジン配信 (2017年2月6日)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     世界へ貢献する大学であり続けるために
         SUPPORT TOWASEDA
       http://kifu.waseda.jp
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 ──────────◆◇INDEX◇◆────────────

【1】「WASEDA稲門経済人の集い2017」が盛大に開催

【2】渡辺一平選手が、男子200メートル平泳ぎの世界新記録
                 樹立を総長に報告しました

【3】大学教育の未来とは [鎌田総長、BS11出演]

【4】2017年度入試志願者数が確定しました

【5】本学2017年度入試日程および構内立入禁止期間について

【6】2016年度の卒業式・修了式および学位授与式のご案内

【7】寄付金の確定申告について

【8】早稲田大学・美濃加茂市文化交流事業
   「モノを蒐めるまなざし
    -早稲田大学會津八一記念博物館蔵のコレクションとともに」

【9】等身大の早大生を紹介「早大生だより」

└────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「WASEDA稲門経済人の集い2017」が盛大に開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017
130日(月)に国内外の経済界で活躍される本学出身の皆
さまをお招きし、「WASEDA稲門経済人の集い2017」を開催いたしまし
た。
大学の今をお伝えし、経済人同士の親睦を深めることを目的としたこ
の会は、年々参加者が増加し、7回目を迎えた今回は約600名の経済
人の方々にお集まりいただきました。
大隈講堂で開催された第1部は、鎌田総長より開会の挨拶と本学の現
状説明ではじまり、早稲田大学大学院経営管理研究科長 淺羽茂教授
による「企業変革 ~基本的ジレンマと再成長戦略~ 」と題した講演
が行われました。
続いて、島田副総長より多機能型スポーツアリーナとして建設が進む
早稲田アリーナについて紹介が行われました。
リーガロイヤルホテル東京で行われた第2部の交流会では、沖電気工
業株式会社代表取締役会長である川崎秀一さまから開会のごあいさつ
を、ヤマト科学株式会社代表取締役社長である森川智さまから閉会の
ご挨拶をいただき、それぞれ今後の早稲田大学への期待やご支援を含
めた応援の呼びかけ等のお言葉をいただきました。業界の垣根を越え
た交流も盛んに行われており、参加者同士の親睦・交流を深めていた
だきました。
最後は全員で『早稲田大学校歌』を斉唱し、盛会のうちに幕を閉じま
した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】渡辺一平選手が、男子200メートル平泳ぎの世界新記録
                 樹立を総長に報告しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017
22日(木)、本学水泳部の渡辺一平選手(スポーツ科学部
2
年)が大隈会館を訪問し、鎌田薫総長らに、男子200メートル平泳
ぎの世界新記録樹立を報告しました。水泳部の恩蔵直人部部長、奥野
景介総監督、梶川悟監督も同席し、また土屋純スポーツ科学学術院長、
岩井方男競技スポーツセンター所長も渡辺選手の快挙を喜びました。

早稲田大学競技スポーツセンターウェブサイト
https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2017/02/03/10605/
https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2017/01/30/10591/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】大学教育の未来とは [鎌田総長 BS11出演]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017
16日(金)、鎌田総長が、BS11「報道ライブINsideOUT
島実郎の未来先見塾~時代認識の副読本~」に出演し、本学校友でキ
ャスターを務める寺島実郎氏と対談しました。番組の前半では、同世
代の二人が学生時代の思い出を語りながら、現代の大学生気質につい
て意見を交わし、本学における地方出身者の割合の推移から、日本の
家計消費構造の変化まで話題は多岐に及びました。後半は、大学教育
の未来をテーマに、本学の多様性や様々な取り組み、国際戦略まで紹
介しました。

早稲田大学ウェブサイト
https://www.waseda.jp/top/news/47810

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】2017年度入試志願者数が確定しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017
年度一般入試とセンター利用入試を合わせた志願者数は、114,983
人で確定いたしました。前年度との比較では6,944人増(106.4%)と
なり、大きく志願者数を増やしました。

早稲田大学ウェブサイト
2017年度(平成29年度)入学試験関連情報」
http://admission.waseda.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】本学2017年度入試日程および構内立入禁止期間について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2
月に入り、いよいよ入試シーズンが到来します。
本学の入試日程は以下のURLよりご確認ください。

早稲田大学入学センターウェブサイト
「学部入試情報」
http://www.waseda.jp/inst/admission/undergraduate/system/general/

入学試験を実施するにあたり、その準備および静穏な受験環境の維
持のため、下記の期間中は、当該試験日の受験生、試験監督員および
教職員以外の方は構内への立ち入りができませんのでご了承ください。

<入学試験業務期間中の構内立入禁止期間>
早稲田キャンパス : 2 7()23()
戸山キャンパス  : 212()13()17()19()
西早稲田キャンパス: 216()17()19()21()22()

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】2016年度の卒業式・修了式および学位授与式のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016
年度の卒業式・修了式および学位授与式の日程および会場が決定
いたしました。大隈講堂で実施される学部・研究科の卒業式・修了式
は式典会場の席数に限りがあるため、保護者の皆様は3号館の同時中
継会場へご案内いたします。あらかじめご了承ください。
詳しくは以下のURLにてご確認ください。

早稲田大学ウェブサイト
2016年度卒業式・修了式および学位授与式のご案内」
https://www.waseda.jp/top/news/45459

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】寄付金の確定申告について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学への寄付金は税制上の優遇措置が適用され、確定申告をすること
によりその一部が所得税・住民税より還付・控除されます。
平成28年分の確定申告の申告期限及び納期期限は、平成29216
日(木)から平成29315日(水)です。確定申告の詳細につい
ては以下のウェブサイト(国税庁)をご確認ください。
確定申告の際には「領収書」と「寄付金控除に関する証明書()」が
必要になります。紛失などによる書類再発行のご請求はお早めに早稲
田大学総長室社会連携課(募金担当)までご連絡ください。

早稲田大学募金ウェブサイト
「寄付金控除について」
http://kifu.waseda.jp/privilege/exemption/
国税庁ウェブサイト
「平成28年度確定申告特集」
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/h28junbi/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】早稲田大学・美濃加茂市文化交流事業
   「モノを蒐めるまなざし
    -早稲田大学會津八一記念博物館蔵のコレクションとともに」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本学文化推進部と岐阜県美濃加茂市による共催企画展。會津八一記念
博物館、美濃加茂市民ミュージアムが所蔵する貴重な資料が多数出品
されます。

日時:201728日(水)~37日(火) 10:0018:00
   ※210日(金)、26日(日)、35日(日)は休室
会場:早稲田大学26号館大隈記念タワー 10125記念室

文化推進部ウェブサイト
https://www.waseda.jp/culture/news/2016/12/07/2754/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【9】 等身大の早大生の今を伝える「早大生だより」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『早稲田ウィークリー』 ぴーぷる 「学生注目!」より抜粋

プロ野球日本一のチームから2位指名、早稲田の主将が北の大地へ!
       スポーツ科学部4年 石井 一成(いしい・かずなり)

「ルーキーらしくガムシャラに!走攻守トップの選手に」
<インタビュー(一部抜粋)>
主将として早稲田大学野球部を引っ張ってきた石井一成選手。昨年10
21日に行われたプロ野球ドラフト会議にて北海道日本ハムファイタ
ーズより2位指名を受け、今春よりプロ野球選手として新たなスタート
を切りました。
石井選手に早稲田大学での思い出やドラフト2位指名を受けた感想や今
後の展望について聞きました。
本編は以下のURL(『早稲田ウィークリー』ぴーぷる)をご覧ください。

『早稲田ウィークリー』ぴーぷる
https://www.waseda.jp/inst/weekly/attention/2017/01/17/19655/

 ―――――――――――――――――――――――――――――
  このメールは、早稲田大学へご支援を賜り、メールアドレスを
  ご登録いただいている方にお送りしています。
 ―――――――――――――――――――――――――――――

  【早稲田大学募金ウェブサイト】
   http://kifu.waseda.jp

  【早稲田大学校友ウェブサイト】
http://www.waseda.jp/alumni/index.html

  【早稲田大学公式ツイッタ
   https://twitter.com/waseda_univ

  【早稲田大学公式フェイスブック】
   https://www.facebook.com/WasedaU

  【早稲田ウィークリー(早大生応援誌)】
https://www.waseda.jp/inst/weekly/

  【競技スポーツセンター(早稲田スポーツ)】
   https://www.waseda.jp/inst/athletic/

■■■■■■■■■■
 早 稲 田 大 学 ■■■■■■■■■■
         総長室社会連携課
     external@list.waseda.jp
    http://kifu.waseda.jp


[PR]

# by tnagareyama | 2017-02-07 21:26 | 会からのお知らせ | Comments(0)
2017年 01月 11日

「流山稲門会 第15回年次総会」のご案内

a0017183_21125767.jpg

[PR]

# by tnagareyama | 2017-01-11 21:16 | 総会・交流会 | Comments(0)
2017年 01月 07日

1区(江戸川台・運河地区)新年会開催

a0017183_21322035.jpg
2017年1月7日(土)庄や江戸川台店にて1区新年会が盛大に開催されました。
会員22名が参加し交流を深めました。自治会活動の紹介や同好会の紹介・勧誘も積極的に行われ楽しいひと時を過ごしました。
稲垣 滋(72年理工)

[PR]

# by tnagareyama | 2017-01-07 21:35 | 地区分科会 | Comments(0)